通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ゆうやと一緒に歩く道 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ゆうやと一緒に歩く道 単行本(ソフトカバー) – 2014/7/21

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/7/21
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 71

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ゆうやと一緒に歩く道
  • +
  • 障害児3兄弟と 父さんと母さんの 幸せな20年 (角川文庫)
総額: ¥2,246
ポイントの合計: 102pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

いつものように、自転車で遊びに行って転んだ、それだけだった。
「脳死」・・・?「脳死」は人の死?でも、今、裕哉は生きている。
微笑むし、すねるし、私たちを励まし、時には、笑わせてくれる。
病院から家に帰ってともに過した10ヶ月、ただ、傍にいるだけで
幸せだった。裕哉のぬくもりが、うれしかった。

眠りつづける我が子を必死で守り、抱きしめ、呼びかけた母の祈り


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 220ページ
  • 出版社: 木星舎; 初版 (2014/7/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4901483722
  • ISBN-13: 978-4901483728
  • 発売日: 2014/7/21
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 456,803位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

子供を愛してやまない方
子育てに疲れてる方
医療関係者の方
病気と闘ってる方
そのご家族の方

そんな方々に読んでもらいたい一冊です。

命の重さ
母親の愛
友達の大切さ
人と人との支え合い

言葉では言い表せない色んな想いと色んな愛が沢山詰まってました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
友達から教えてもらい、この本を買いました。
状況は少し違うけど、五年前に亡くなった自分の兄の時を思いだしました。
自分の兄は入院して五日で他界したので、何もしてあげれない自分にただただ憤りを感じるばかりでした。

裕哉ママの我が子を愛する強さに、感動します。
家族を亡くすのは、本当に辛いです。
裕哉ママの気持ちも、少しは解るつもりです。

沢山の人に、この本を読んでもらいたい。
そして、命の大切さ、家族の大切さ、支えてくれる人達のありがたさを分かってもらいたい。
そんな一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 齊藤 有香 投稿日 2014/8/3
Amazonで購入
もしも、我が子が同じような状態になった時、自分ならどうするだろうか...私は息が出来なくなるかもしれない。でも、華さんは、裕くんの生命力と、周りの方の支えで乗り越えられて来たんですね!希望と絶望の繰り返しで、本当に辛い期間だったと思います。でも裕くんは沢山の大事な事を教えてくれたんですね!
最後まで、お母さんとずーっと一緒に居る事が出来て、沢山の愛をもらって、裕くんも幸せだったと思います!
私もどんな事があっても、子供を守って行きたいと思います!
齊藤有香
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
知人に話を聞いて
私も同じ久留米市の住人で子供を持つ母として
是非読んでみたいと思い
購入しました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 estel 投稿日 2014/9/16
「久留米市在住の方の本です」と本屋で積んであったのを見て、同じ久留米市在住の母親として興味があり、読んでみました。
読み終わって正直、微妙な感じです。
9歳にして脳死になってしまったのは本当に気の毒です。
息子のためにすべてを捧げて頑張ってこられた姿は立派だと思います。
自分に同じことが出来るか?と言われれば、ここまでは出来ないなとも思います。
しかし、いろいろ???という箇所が多かったのが正直な感想です。

まず、自転車で転倒して側頭部を強打した、と書かれていましたが、ヘルメットを被ってなかったのかな?と思いました。
私にも小学生の子供がいますが、必ずヘルメットを被るように警察や学校から指導を受けています。
もし被っていたなら、転倒しても脳死にはならなかったのではと思います。

自分に対して良くしてくださった人、期待以上にやってくださった人に対しては感謝にあふれていますが、そうでなかった人に対しては非常に厳しいですね。
「私は市役所の人が嫌いです」という文には傷つきました。私は「市役所の人」の妻なので。
オムツ代の支給に関して福祉課の人とやりあったことが書かれていましたが、何度か支給してくれと主張したからと言って、窓口の人が「じゃあ支給してあげましょう
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す