中古品
¥1
+ ¥305 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 2006年4月15日発行。カバーに破れ有。スレ有。傷あり。表紙に汚れ・シミ有。日焼け有。発送時にアルコール除菌を施しています。中古品のため若干の日焼けやページの折れ、シールなどが貼付されている場合もございます。商品はゆうメールでの発送になります。発送前にこちらからご連絡させていただく場合がございますので、ご了承下さい。5000円以上のご購入で佐川宅配便で発送致します。
この商品は1-Click注文できません。

Kindle版は今すぐお読みいただけます。Kindle無料アプリがあれば、さまざまなデバイスで読書が可能。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


やみなべの陰謀 (ハヤカワ文庫JA) 文庫 – 2006/4/1

5つ星のうち4.7 8個の評価

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫 ¥1
文庫, 2006/4/1
¥1
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

時は現代、大学生の栗原守は初対面の立秋茜といきなり宿命の恋に落ち、いっぽう過去では、下級武士の吉岡信次郎と幼なじみ・るりとの恋が悲劇的な結末を迎え、さらに未来では、大阪府知事によるお笑いファシズム体制下、レジスタンス組織が決死の知事暗殺計画を遂行しようとしていた―そしてあらゆる因果の中心には、アロハシャツの大男と謎の千両箱の存在があった…5つの物語が時空を超えて絡み合う時間SFの傑作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

田中/哲弥
1963年兵庫県生まれ。関西学院大学卒。1984年、「朝ごはんが食べたい」で星新一ショートショートコンテスト優秀賞を受賞後、吉本興業の台本作家などを経て、1993年『大久保町の決闘』で長篇デビュー。『大久保町は燃えているか』『さらば愛しき大久保町』と続く3部作で人気を博す。1999年発表の本書『やみなべの陰謀』以降は、アンソロジー“異形コレクション”などへの短篇寄稿を中心に活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
評価の数 8
星5つ
78%
星4つ
11%
星3つ
11%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2020年5月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2006年5月15日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年5月4日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年8月3日に日本でレビュー済み
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年5月9日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年4月24日に日本でレビュー済み
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告