通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 (ガガ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。u1703a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 (ガガガ文庫) 文庫 – 2012/3/16

5つ星のうち 4.6 38件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 (ガガガ文庫)
  • +
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3 (ガガガ文庫)
  • +
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。5 (ガガガ文庫)
総額: ¥1,902
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ぼっちの夏休み。群れず、騒がず、働かず。

夏休み。誰とも会わず、遊ばず、働かず。一人悠々自適な生活を送る八幡だが、平塚先生から招集がかかり、奉仕部として雪乃や結衣たちとともにキャンプ場でのボランティアを強制される。しかし、なぜかそこにいたのは葉山、三浦などの「リア充」組。強制的に発動された青春っぽいイベントに、八幡たちはどう立ち向かう?水着に花火に肝試し、キャンプの夜の会話、そして風呂……?  「みんな仲良く」なんてできるわけがない!?  夏は、ぼっちにとって忌避すべき危険がいっぱい。相変わらずひねくれ、間違い続ける青春、第四弾!

内容(「BOOK」データベースより)

夏休み。誰とも会わず、遊ばず、働かず。一人悠々自適な生活を送る八幡だが、平塚先生から招集がかかり、奉仕部として雪乃や結衣たちとともにキャンプ場でのボランティアを強制される。しかし、なぜかそこにいたのは葉山、三浦などの「リア充」組。強制的に発動された青春っぽいイベントに、八幡たちはどう立ち向かう?水着に花火に肝試し、キャンプの夜の会話、そして風呂…?「みんな仲良く」なんてできるわけがない!?夏は、ぼっちにとって忌避すべき危険がいっぱい。相変わらずひねくれ、間違い続ける青春、第四弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: 小学館 (2012/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094513329
  • ISBN-13: 978-4094513325
  • 発売日: 2012/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,323位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 
この巻を見るまでは主人公は言動や思考などを含めてかなり残念な印象の人物像でした。
今まではそれが面白かった。

しかし、この巻に関しては周りと孤立していることへの八幡の考えが強く出ていて、面白
いというよりは主人公の強さを実感させられ、あつくなりましたw

最初、1巻未読時、あらすじだけを見ると主人公は一人が好きで孤立していることをまった
く気にせずといった印象がありました。しかし、巻をかさねるごとに八幡は孤立してること
に対して、痛みを感じながら、劣等感を持ち続ける覚悟をして、世界と折合いをつけてい
いるように思います。
 
 この巻はそういった八幡とは間逆の立場の葉山という人物とを対比させて、八幡の生き方
を強く肯定する話だったと思います。

 終盤の展開は建前や常識に苦しめられてきた八幡だからこそ考えつけたものだと思います。
八幡かっこよかったです。手段は残念な感じですけど^^;

今までのメインの登場人物との絡みを膨らませて盛り上げる話とは違い、メッセージ性のある深みの
ある話になっています。

 今後もこういった展開に自分は結構期待してます

 
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
残念系ラブコメの第4弾。もはや「僕は友達が少ない」を差し置いて、残念系ラブコメの正統派といえるのではないだろうか。
それくらい主人公「八幡」の残念ぶりは磨きが掛かっている。残念さを忘れない主人公が最高です。

今回の話は、キャンプ場のボランティアに参加した奉仕部とリア充「葉山」とその仲間が、ボッチ小学生を助けようとする話です。

ボッチ小学生の人間関係をどうにかしようとするリア充組と奉仕部。
そのボッチ小学生を通して、雪乃の過去と、雪乃と葉山の過去の関係が分かります。

ボッチ小学生の人間関係を修復しようと、「皆仲良く」できるようにしようと動く「葉山」と、その行動に対し「何も分かっていない」と思う雪乃と八幡。その対比は最後まで続きます。

問題を解決しようとする葉山は正統派主人公的な動きはまさにリア充で、だからこそ底辺の人間の問題の根本が理解できず、何も解決に至れていない。
ボッチ系主人公八幡の初めから「解決」を望まない「問題を解消」する考えは、最低でまさに残念だが、誰よりも底辺を理解していて、だからこそ底辺な人間と寄り添える。

この対比がまさに今回の話の主軸でした。そして、この主軸こそが最大の魅力です。

そして、リア充「葉山」が
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今回は奉仕部が夏休みに小学生のキャンプのお手伝いをする話です。

いつもの奉仕部のメンバー(材木座を除く)で小学生のキャンプのお手伝いをすることになったのですが、なんと今回はそこに葉山たちが登場します。
みんなから仲間はずれにされてる女の子をみんなの輪に戻そうとするのがメインテーマとなるのですが、そこでも八幡のボッチ的な考えが炸裂します。
でも、八幡の言っていることが真実なのではないかと考えさせられる作品でした。

そのほかにも、葉山と雪乃下の意外な過去が明らかになったり、葉山の本当の気持ちがわかったり、いろいろと気になっていたことがわかります。

いつも通りの八幡パワーをぜひ感じてください。いい感じに鬱になりました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「人間関係に不自由な人々」…要するに「ぼっち」達の集う奉仕部が主役の「はまち」シリーズ第四弾です

八幡・雪乃ら奉仕部が「独神」平塚先生に半ば強制的に小学生の林間学校アシスタントを務めさせられる話がメインです
これまでウザいながらも独特な存在感を示していた材木座君をさくっとデリってリア充グループの葉山や三浦たちと…!
そんな居心地の悪い状況の中、騒がしい小学生の集団から一人ぽつんと孤立している少女と出会い彼女の状況を改善する事が
奉仕部とリア充グループに課題として与えられますが…

結論から言いますと「これはぼっちにしか思いつかんし、思いついても実行できんわ」というレベルの
最低最悪な人間関係解決法が実行されますしかも対象が小学生女子です。もう色々な意味で振り切ってますね
確かに爽やか度マックスな葉山や女王・三浦には「ぼっち」自体が理解できない世界なのでしょうけど
八幡の人間関係に対する認識の最低っぷりが惜しみなくさらけ出された上で問題は解決されます

意外な事ですが葉山はただの爽やかマンというだけじゃない事が明らかになり、前巻まで匂わされてきた雪乃の実家の状況に
深く絡んでいる気配を漂わせてきて最後にリア充姉陽乃が登場、雪乃を再び暗部に引きずり込む様にしてフィニッシュ
平塚先生も何かを知っているようで、どうやら五巻以降で大きな動きがありそうです
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー