通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈7〉 (... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈7〉 (ガガガ文庫) 文庫 – 2013/3/19

5つ星のうち 4.6 70件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 350 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈7〉 (ガガガ文庫)
  • +
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〈6〉 (ガガガ文庫)
  • +
  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。9 (ガガガ文庫)
総額: ¥2,087
ポイントの合計: 143pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

京都への修学旅行を前に、どこか浮き足立つクラスの雰囲気。文化祭以来、教室内でさらに微妙な立ち位置になった八幡だったが、最初から地位なんてないようなもんだしな、と我関せず。ところが、奉仕部に持ちかけられた意外な人物からの「恋の相談」。そこにはまた別の人物の思惑も重なって…。旅行は一気に波乱の予感。複雑な気持ちが渦巻き、答えを出せないまま八幡たちは京都へ。まちがっている青春模様は、まちがっているラゴフメ=恋愛模様を生み出すのか。TVアニメ化を直前にさらに盛り上がりを見せるシリーズ第7弾。


登録情報

  • 文庫: 335ページ
  • 出版社: 小学館 (2013/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094514023
  • ISBN-13: 978-4094514025
  • 発売日: 2013/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 70件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 34,226位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
えーとレビューと言うより感想
あとネタバレ&過度な推測も多分に含まれるので作品自体の論評を知りたい方はスルーしていただけると幸いです

今回の八幡の解決方法は他のラノベであれば笑い話で終わりかねない
しかしシリアスに捉えられていましたね
葉山グループを救いはしたものの奉仕部グループは傷つけてしまった
なぜ、自分の環境を犠牲にしてまでそこまでする必要があったのか

作中にあった海老名さんの解決方法
”失くしてしまうくらいなら、自分で壊してしまう”
そこに繋がるのかな、と思いました

実際こんなことだれもしたいはずがない
救ってあげるほど仲がいいわけでもなければ義理もない
だとしたらやはり他に理由があるのだろう

雪乃と結衣、この二人は友達同士である
今の八幡がどちらかを選んでしまえば二人の友達関係も壊れてしまうだろう
友達を失う痛みを八幡は知っていて、悲しくも慣れてしまっている
ならば慣れている自分だけが傷つく方が痛みは少ないと考えているのかもしれない
”雪乃と結衣の友達関係”を守るために、八幡は傷つき続けるのかもしれない

と、勝手に想像してせつなくなった
...続きを読む ›
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
レビューを読んでいると様々な解釈をしていて面白いと思います。

本巻の八幡による解決方法は既刊の流れからすると妥当なものです。
八幡的解決手法としてすっかり確立した体があります。
斜め下の方法で卑下されることを甘んじる解決策。
八幡自身もそんな解決策しか浮かばないことを憂いてはいますが。

既刊で平塚先生が諭したにもかかわらず、また自己卑下的解決策をとり、
今回は明確に雪乃と由比ヶ浜が傷ついたのを見てしまった八幡。
そして雪乃が八幡を好きな事がわかってしまった由比ヶ浜というのが今回の進展。

次巻以降で、八幡が自己卑下解決策を思いつくが、それは傷つけるからできないと葛藤することになるのでしょうか。
その苦悩の先に、自己卑下しない代替策を思いつくことができるのか、また下策を繰り返すのか。といったところでしょうか。
もう一回くらい繰り返して雪乃に超怒られてもいいかもしれませんが、できれば次の展開では傷つけない策を考えて欲しいですね。
そして三角関係の今後の行方。(ラブコメですねぇ)

話を今回の件に戻すと、
この解決策、実は大して八幡本人は傷つくようなものではないはずです。
海老名も何のための八幡告白なのかは
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
あらすじなどはすでに皆様が書かれているので不要でしょう。

ただ私が思ったのは、考えてみると7巻は意外と不幸な結末ではないのかもしれない。
ということです。

6巻末での雪ノ下の言葉。
「・・・でも、今はあなたを知っている」

7巻での比企谷八幡の心中。
「知ってしまったら好きか嫌いか分類せざるを得なくなる。」

葉山とのやり取り。
「変わりたくないというその気持ち。それだけは理解できた。」

そして最後の一文。
「―けれど、一番の大嘘つきは俺だった。」

では、比企谷八幡がついた大嘘とは?

つまるところ、比企谷八幡はすでに答えを出しているわけですが、その解き方が分からないのだと思います。
その解答がどんな類のものかは言及されていないですが。

それは雪ノ下も同じようで、「うまく説明ができなくて〜・・・・・・」のセリフに凝縮されている様に思います。

では果たして、雪ノ下や由比ヶ浜はそんな比企谷八幡を嫌いになってしまったのか?

私にはそうは思えない。むしろ少しずつ前に進んでいる様に見受けられました。

...続きを読む ›
1 コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぽち 投稿日 2017/2/26
形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindle版を購入、イラストまでしっかりページとしているのがほかの電子書籍と違って嬉しいです。1巻からKindle版ですがこのまま全巻揃えたいですね。(笑)

さて、内容はというと、八幡は相変わらずのひねくりぶりではあるのですが、1巻の頃から比べると少しずつ考え方やら、捉え方やらが少しずつ変わってきているのかと感じます。ネタ要素が元々多かったと思いますが、八幡の心の中のひとりごとも少し変わってきたなぁといった印象を受けるので注目してほしいです。
アニメでは、ここから2期がスタートするのですが、アニメを見て気に入ったという方はぜひとも小説を読んでもらいたいです。アニメの方では制作上カットされてるストーリもあり、なかなか違った視点で味わえると思いますよ(`・ω・)b
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー