通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
やなりいなり がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

やなりいなり 単行本 – 2011/7/29

5つ星のうち 2.9 29件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • やなりいなり
  • +
  • ひなこまち
  • +
  • たぶんねこ
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

いつも大賑わいの長崎屋に、史上最高の千客万来!? 大人気「しゃばけ」シリーズ第十弾は、新キャラクターがてんこもり! 全話に「レシピ」も付いてます!

内容(「BOOK」データベースより)

身体は弱いが知恵に溢れる若だんなが大忙し。頼れるようでどこかズレてる妖たちも仰天するほど千客万来。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 新潮社 (2011/7/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104507148
  • ISBN-13: 978-4104507146
  • 発売日: 2011/7/29
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 432,609位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ファンですが、今回は、苦しいです。食べ物を主題にするなら、食べ物にこだわって欲しいし、それに纏わる筋にして欲しかった。また、謎がほとんど無いし、あっても、謎解きに納得感が感じられなかった。いつもは、一つ二つは、ほろっとさせられる場面があるのに、今回は残念ながらでした。前作、前前作が、力作だった分、少し、かたひじの張らない感じを出されたのか、その分少々、足りないなあ・・・の感じです。とはいえ、また、異次元ワールドや、超スラップスティックでの次作を期待しちゃってます。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
どうしてしまったのでしょう?

それが正直な感想です。

思うに、
しゃばけは、人の世にいる妖たちのお話だったんだと思う。

日限の親分や栄吉が縁側に訪ねて来る日常。

そこから隠れるように存在する妖たちのいる「長崎屋の離れ」というもうひとつの日常。

しかし、シリーズを重ねるに従い、
人の日常に漏れ出していく妖たち。
そして、いつの間にか人と妖の関係が逆転してしまったのでは無いか?
そのせいで、しゃばけで感じていた倫理観が崩れてしまっているのではないか?

今作はそう思う部分が多かった。
こいしくてでは、通り町が完全に妖たちの街となってしまっている。
からかみなりでは、あんな異常事態に人々は平然としている。
しゃばけの頃なら、それこそ寛朝さまが呼ばれていてもおかしくないだろう。
そして、あましょう。
大量の菓子を盗む盗人が、どすを軽々しく抜いて、最後には何の目的化もわからぬままに女性をさそうとする。
こんなキャラクター造形が今まであっただろうか?
完全に人以外の倫理観ではないか?

そして、家鳴にうんざりしている人は多いと思う。
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「しゃばけ」シリーズの第十弾です。また,シリーズが刊行されて十年目という節目の作品でもあります。
もちろん,長崎屋の若旦那「一太郎」と妖(あやかし)たちがくり広げる世界という舞台設定は,変わりありません。

今回は,各話の冒頭が食べ物のレシピから始まるという,これまでにない趣向が凝らされています。もちろん,単なるレシピではなく,江戸テイストと著者独自の「味付け」がなされています。これらのくだりは,なかなかに楽しめますよ。思うにこのあたりは,同じ著者による作品『アイスクリン強し』のアイデアが盛り込まれているのでしょうか。
また,生き霊に関わる作品が二つあることも,従来と異なる「味付け」と言えましょう。

ただ,既刊以上に,妖たちが生き生きと活躍する場面が少なくなっている気がするのです。妖たちの存在感が薄れてきているとも言えましょうか。つまり,本来妖たちがその属性として持つ,人とは異なる陰性のイメージがほとんど表現されていないと思うのです。「鳴家」に至っては,ほとんどペット扱いです。
もっとも,著者は,当初から妖たちのイメージを陰性のものとしては扱っていないとは思いますが,それにしても,妖たちの特性を生かした活躍が少なすぎると感じます。

また,今回は,「設定の強引さ」といいますか,ストーリー展開
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
装丁やオマケにこだわる前に中身に力入れてよ、と正直思いました。短編集ならこんなもんだろうなと納得は出来ます。でも特装の初回版買っちゃいましたからね…。約¥500? 高いですからね…。これなら普通版買えば良かったと後悔してます。何か盛り上がりに欠けるんですよね。元気がないというか。神とか魔とか出てきますが、レギュラー妖は全然活躍してない。展開にも無理があるし…。なんか残念ですね。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
しゃべけシリーズ第10弾。
短編ですが、それぞれに食べ物のレシピが付く。それにまつわる話ではなく、作中にその食べ物が出てくるというだけですが…。今回は連作ではないです。

【こいしくて】
小豆粥
通町で恋の病が流行る。病気の神が次々と若旦那の元に現れ、恋の病をなんとかして欲しいと言う。
橋の結界を作っている京橋の橋姫がいなくなり…
第9作「ゆんでめて」の【こいやこい】に出てくる、若旦那の恋心の相手・かなめの話がちょっと出てきます。「ゆんでめて」は選択しなかったもう一つのパラレルワールドなので、実際には会ってませんが、なぜか心が締め付けられた気がする。
屏風覗きもなぜか、若旦那に借りがある気がすると(笑)

【やなりいなり】
やなり稲荷
守狐が食欲のない若旦那の為に、鳴家の顔をのりで書いた稲荷寿司「やなり稲荷」を持ってくる。それを幽霊の手がつかみに現れて…

【からかみなり】
栄吉の煠出しいも
空雷が鳴っていた日から長崎屋の旦那・藤兵衛が行方不明になって3日。若旦那は妖達と推理をする。見つかった藤兵衛が連れていたのは…
個人的に屏風覗きの推理話が面白かったです。

【長崎屋のたまご】
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す