通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【別冊付属】【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES) 単行本 – 2005/5

5つ星のうち 3.9 57件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2005/5
"もう一度試してください。"
¥ 957
¥ 957 ¥ 321

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)
  • +
  • やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)
  • +
  • やっておきたい英語長文1000 (河合塾シリーズ)
総額: ¥2,901
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

最も出題頻度の高い600語から900語の標準からやや難から難レベルの英文15題で構成。難関大学の入試を突破できるゆるぎない読解力の完成をめざす。近年よく出題されるテーマの英文を扱い、Topicとして背景知識の解説も付けている。要約付き。


登録情報

  • 単行本: 153ページ
  • 出版社: 河合出版 (2005/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777201562
  • ISBN-13: 978-4777201563
  • 発売日: 2005/05
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 803位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
いい長文問題集だと思います。しかし、日本語訳に少々というよりも、かなり難がありますね。レビューで言われているようにNo.1のグローバル化が特に。
「歴史的必然性というイデオロギー的な響きを持ち、それに付随する神話は世界市場という福音として機能する」なんてちょっとひどすぎるのでは?
自分は経済英語や文化英語をかなりやりましたが、「歴史的に絶対だとする宗教の教義のようなニュアンスを持ち、そしてそのニュアンスに付随する観念は世界市場至上主義として機能する」ぐらいまで噛み砕かないと高校生では理解し辛くイライラするんじゃないでしょうか。
出版する以上、英語講師ではなく、訳に関しては、その分野の英語を知っている専門家に監修してもらうべきかと思ったので星4つ。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
やっておきたいシリーズを300~500~700と使用しています。

友だちに勧めたら友だちがハマって、さらに友だちが別の方に勧めて、なぜか周りに伝播しました(笑)

他の長文問題集を使用したことがないので、比較検討はできませんが、私の感想が参考になれば。

やっておきたいシリーズの
メリット
①問題解説、問題以外の解説が詳しい
②コラムとして読解に役立つ内容が書かれている
③300はセンター、500は二次試験英語初歩、700は難関二次試験対策 に向いており、やりおえるとしっかり力がつく

デメリット
①300から500、そして700の問題集間で難易度の差が大きい
②一冊の中でも掲載されている問題の難易度の差が大きい

※特に、500は2番、700は1番が難しいので、いきなり挫折する人多し。

しかし、掲載されている中で難しい問題でない問題を解いてみて、自分にとって丁度いいと思うレベルであれば、毎日使うのに向いていると思うので、出来不出来に一喜一憂しないでください(笑)

個人的にはやっておきたいシリーズは好きなので使い続けるつもりです。

私的見解でありますが、問
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
シリーズで難関向けに位置づけられているだけあって第1問の同志社大学からかなり苦労する。英語に自信がある人も満足できる内容だ。問題けいしき
間違っても苦手なのに手を出してはいけない。最低でもセンターは8割以上とれる実力をつけてから取り組むべき。難しいものをやれば成績が伸びるのではない。自分ができるレベルの演習を積むのが大事なのだ。
また、解き終わった後も読み込み素材として使える。
残念な点が2点。訳例が不親切で「?」となることがある。もう少し噛み砕いた良心的な訳にしてほしい。訳を理解するのに現代文の能力も多少要求されるかもしれない。
CDがついていない。せっかく良い文章を載せているのに復習しないのはもったいないが、CDがないと音読がしにくい。ハイレベルであるが故に難単語も出てくる。発音がわからなければはっきり言って読めないものもある。読み方もわからず音読するのははかどらないし、耳からネイティブの発音を聞いて耳で理解する能力がつけば強靭な英語力がつくのだ。復習時の音読が一番大事であるからCDはつけてほしい。
尚、構文解説が不親切ということがよく言われるが、正直このくらいでいいと思う。構文を懇切丁寧に解説するのは本書のスタンスにそぐわない。構文や解釈を勉強する参考書ではない。あくまでも読解演習の参考書であることを忘れてはならない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1番の同志社と11番の佐賀がかなり難しく感じました。
12番の温暖化の話は割と簡単です。
8番の物語文はちょっと異色で慣れていないと解き難い感じです。
それ以外の問題はどれもそこまで大差はないと思われます。

このシリーズの解説が丁寧で素晴らしいと言うコメントを見ますが、この問題集に挑戦するくらいの人にとって適度な解説と言う意味であって、他の問題集と比べて詳しい構文解説がある訳ではないことに注意が必要です。

因みに、このレベルの長文がしっかり読めるようになれば、全統記述模試であれば偏差値70位は安定して取れるようになると思います
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック