通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
やがて哀しき外国語 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

やがて哀しき外国語 (講談社文庫) 文庫 – 1997/2/14

5つ星のうち 4.4 47件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,468 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 572
¥ 569 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • やがて哀しき外国語 (講談社文庫)
  • +
  • 遠い太鼓 (講談社文庫)
  • +
  • 辺境・近境 (新潮文庫)
総額: ¥2,030
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

F・スコット・フィッツジェラルドの母校プリンストン大学に招かれ、アメリカでの暮らしが始まった。独自の大学村スノビズム、スティーブン・キング的アメリカ郊外事情、本場でジャズについて思うこと、フェミニズムをめぐる考察、海外で悩み苦しむ床屋問題――。『国境の南、太陽の西』と『ねじまき鳥クロニクル』を執筆した二年あまりをつづった、十六通のプリンストン便り。

内容(「BOOK」データベースより)

初めてプリンストンを訪れたのは一九八四年の夏だった。F・スコット・フィッツジェラルドの母校を見ておきたかったからだが、その七年後、今度は大学に滞在することになった。二編の長編小説を書きあげることになったアメリカでの生活を、二年にわたり日本の読者に送り続けた十六通のプリンストン便り。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 286ページ
  • 出版社: 講談社 (1997/2/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062634376
  • ISBN-13: 978-4062634373
  • 発売日: 1997/2/14
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,498位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
おもしろいと思えるのは、共感する部分とそういう考え方もあるのかとと感心する部分がけっこう含まれていたからかもしれません。アメリカという国とそこで生きる自分を冷静に、でも楽しみながら見つめて綴っています。差別や偏見を感じることもあると書かれていましたが、それも含めてのアメリカ、いえ、それ以上におもしろいアメリカということでしょうか。日本はいいところがたくさんある国だけど、外国に行くと違う考え方もあるのだと知って、それぞれの良さを感じますよね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
実は「読めばすらすらアメリカがわかる」というような役に立つ本では無い。と作者は書いてますが、アメリカ訪問の経験が何度かあす私からすると「同感」する部分が沢山ありました。
これから、アメリカ留学を考えている学生の皆様にはお勧めのアメリカガイドブックです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MK 投稿日 2016/5/10
形式: Kindle版 Amazonで購入
読み直したら、著者の住んでみたアメリカのうらやましいなあ、と思うところと、アメリカから見た日本の、ここんとこがちょっと窮屈なんだよなあ、と思うポイントに対する憧れや共感があまり変わってなかった。
変化してないわけじゃないと思われるけれども、本質が変わっていないということなのか、私が成長してないだけなのか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 6138 投稿日 2017/6/12
形式: 単行本 Amazonで購入
村上春樹の魅力の世界
プリンストン通信久々の長篇エッセイ アメリカより愛をこめて
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/1/22
形式: 文庫 Amazonで購入
1991年の初めから、約2年半にわたってアメリカ、ニュージャージー州プリンストンに住んだ時期のエッセイ集。この地を選択したのはF・スコット・フィッツジェラルド(『夜はやさし』(●^o^●))のためであることは村上氏の小説好きならピンとくるところである。
おそらくは現在の日本の小説家の中で感受性が最も豊かであろう氏のアメリカ生活の様子が素直に書かれているのにものすごく惹きつけられる。ジャズやアメリカ小説を心に備蓄しての実アメリカ社会に向かい合う(しかも自分の大好きな作家の故郷に(●^o^●))というのは実に楽しそうである。
今ではすっかりメキシコものや東南アジア産になってしまったブルックス・ブラザースのくだりが印象的だった。最後の輝きだった時期であろう。
ここでアップルのパワーブックと出会った氏(大学の生協で買ったようである)はずっとマックで作品を書いている事を告白している。あの素晴らしい作品群がマックから生み出されているのだということの確認にまたまた納得の一冊だ(●^o^●)。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
村上春樹さんのエッセイは文句なし。遠い太鼓、メキシコ、トルコ、ギリシャ修道院全て楽しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
村上春樹は、
このエッセイの中で、
アメリカという国における差別を、
何度となく、書いています。

『アメリカ=自由』ではないのですね。

格差というものに出会ったとき、
どう向き合えばいいのだろう。

環境の変化に応じて、
どうアイデンティティの確立をしていけばいいのだろうか。

この「やがて哀しき外国語」を読んでいると、
村上春樹というサバイバーが、どうやって外国で、
自分を手に入れるかというようなことが、
大袈裟ではなく、さらりと書かれています。

だれもが、自分の生活に活かせそうな
バニラエッセンスがふりかけられています。

少し甘くなって、香りがよくなるような。
私は、このエッセイが好きです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgar トップ500レビュアー 投稿日 2014/7/26
形式: 文庫
村上春樹氏のエッセイのファンである。どこかで村上さんは、小説家が本業である自分にとってエッセイとはビールメーカーが造る缶コーヒーのようなものだが、造る以上は手を抜かずしっかりしたものを造りたい、というようなことを書いておられたと記憶しているけれど(もしかしたら微妙に比喩が違っているかもしれない。間違っていたらごめんなさい)、そういう意味では、僕はどちらかといえばメインのビールよりも「缶コーヒー」のほうが好きだったりする、困ったファンである。

さて、本書『やがて哀しき外国語』。1990年代前半とエッセイとしては少し前のものだが、どれもいちいち、なるほどと納得させられる内容で、面白かった。「面白かった」って、ただそれだけ? とお叱りを受けそうだが、気の利いたことはあまり言えず……申し訳ないです。

そのかわり、と言ってはなんだが、安西水丸氏の絵について。村上さんの文章には水丸さんの絵が最高! と思っているので、各エッセイに付いているイラストを眺めるのも楽しかった。「楽しかった」って、それだけ? とやはり呆れられてしまいそうだが。

その水丸さんも今年(2014年)亡くなってしまった。僕が今さら、未読の本書を買って読んでみようと思ったのは、実を言えば、水丸さんが他界されたからにほかならない。これはエッセイの本質とはずれることか
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告