中古品
¥ 2,256
中古品: 良い | 詳細
発売元 yd-books
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2005年3月発行の第1版第1刷です。帯はありません。カバーに軽いスレ傷、カバー端に軽いヨレがありますが、大きな汚れ、シミ、破れはありません。内部のページ部分には汚れ、シミ、破れ、折れなどなく非常にきれいです。書き込みや線引き、マーカーでのチェックなどもありません。タバコ臭もありません。カバーを医療用アルコールで除菌し、丁寧に梱包して発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

やおい小説論―女性のためのエロス表現 単行本 – 2005/3

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,000
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「やおい小説」分析において、等閑視されがちだったテクストそのものに光をあてる。詳細な分析を通し、「やおい小説」に底流する女性の性的欲望の様態と、制度化された性への抵抗を浮き彫りにする。

内容(「BOOK」データベースより)

女性にとって、究極的な快楽のみを追究した性愛小説とはなんだろう?女性による女性のための男性同士の愛のポルノグラフィ「やおい小説」における“攻め”と“受け”のジェンダー構造を鮮やかに解き明かす。女性エロチック表現のミステリーに取り組んだ文学批評。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 349ページ
  • 出版社: 専修大学出版局 (2005/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4881251546
  • ISBN-13: 978-4881251546
  • 発売日: 2005/03
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 941,821位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
まず始めに、著者のやおい小説に対する愛着が伝わってくる本でした。
やおい小説をあらすじ、<受><攻>の要素(身体的特徴等)、恋愛形態、エロス表現に至るまで、主たる部分を分析した本というのはこれが初めてなのではないでしょうか。小説からの引用も多く、うっかりすると気になる本を見つけて萌えてしまうかもしれません。ただ、今日では膨大な量のやおい漫画が出版されている訳で、研究対象になった本には多少なりとも著者の好みによる偏りがあるような気がします。しかし、その辺を差し置いても、何となく読んでいる小説を思い出して「なるほどー」と思ってしまう部分が多々見付かるであろうことも事実です。
この本に書かれていることが全てであるということは勿論無いですが、<やおい小説>の根底に流れるものについての分析は、的を得たものになっています。<やおい小説>における一番大きなテンプレの分析本ということになっているのでしょう。
趣味としてやおい小説を読んでいる人にとっては、この研究・分析結果を読んだ後では、これからはそれらがちょっと詰まらなく感じるかもしれません。が、現代の一部の女性の間の不思議カルチャー<やおい>において、何となく感じていたそのシステム性についての解説書としての面白さは備えています。
最後に一つ気になったのは、<ボーイズラブ>という言葉については触れられていな
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 具体的な作品を引用して論証する箇所が、まるで引用を楽しんでいるようにくどくて詳細なのに、それ以外の箇所は論証もなしに書かれていたりする。上野千鶴子が直感的に書いた文章は論証もされず引用され、やおいの読者がヘテロセクシャルの女性であると何の文学社会学的実証もなく書いてあり、男はレズビアン・ポルノを好むと、それがどの程度広く受け入れられているか論証せずに言っている(さして多くはないとだろう)。結論として、やおいはヘテロセクシャルなテクストだとしているが、前半部の結論が「ジェンダー・ロールから自由な」であるのに対し、エロ場面の分析で覆されたという構成になっている。だが、それならなぜレズビアン小説ではないのかを先に説明すべきだろう。あとで検討されてはいるが、ここはやはり女の同性愛恐怖を勘案すべきだったろう。概して上出来とは言いがたい。しかし、エロ小説に関して博士論文が書かれたこと自体、画期的なことだとは言えるだろう。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 やおい小説が、男性の同性愛ボーイズラブを扱っているのは知っていたが、なぜ女性がそこに興味を持つのか理由が知りたかった。
 男性から見れば、韓ドラですらおよそ理解できないわけで、この分野は想像の範囲を超える。

 先にいえば、この本を読んでも理由はわからない。少し、切り口が文学部的に過ぎるように思う。
 物語の構図や表現も大事とは思うが、読者は、むしろ、それが、何の欲望、抑圧から来ているか、社会現象として、どう位置付けるかに興味があるのではなかろうか。

 なお、男性読者にお勧めしないのは、通常の男性は男性同性愛への潜在的な嫌悪感があると思うが、そこに露骨に抵触する内容であるからである。
 端的にいえば、本書でのセックスとは男性同士のそれである。

...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック