通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
もやしもん(9) (イブニングKC) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 日焼けあり中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

もやしもん(9) (イブニングKC) コミックス – 2010/7/6

5つ星のうち 3.5 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
もやしもん コミック 全13巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • もやしもん(9) (イブニングKC)
  • +
  • もやしもん(10) (イブニングKC)
  • +
  • もやしもん(11) (イブニングKC)
総額: ¥1,748
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

菌が見える特殊能力を持つ、もやし(種麹)屋の次男坊、沢木惣右衛門直保。彼は東京の某農大に入学する。農大を舞台に、沢木と研究室その他の仲間達、そして菌が活躍したりしなかったりのキャンパスライフ。大学生活のモラトリアム感と、菌が満載の「もやしもん」。あなたもぜひ、かもされてみてください。

著者について

石川 雅之
生年月日:1974年7月29日。大阪府堺市出身。1997年に『日本政府直轄機動戦隊コームインV』でデビュー、初連載。1999年、『神の棲む山』(『人斬り竜馬』所収)でちばてつや賞準入選受賞。「モーニング」連載の『週刊石川雅之』などを経て、2004年より「イブニング」連載中の『もやしもん』で人気を得る。単行本は、初期作の『カタリベ』、『人斬り竜馬』(共にリイド社)、『週刊石川雅之』、『もやしもん』(講談社)


登録情報

  • コミック: 208ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/7/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063523128
  • ISBN-13: 978-4063523126
  • 発売日: 2010/7/6
  • 梱包サイズ: 18 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
沢木の菌を見る能力、菌たちの迷走っぷりが全く無い。

農家の現状を伝えるのは良いことだが、
正直ユカイな話を期待しているところに小難しい話を聞かされても
それについて深く考える気にもならないし、作品にもいい感想は持てない、
というよりも持つ気はしない。

ページ数も中々,コマ割りも単調でないし、文章だって中々の量。

それなのに読み終えてもそれほどの内容があったとは思えない。
読んだ後に読んでないような錯覚に陥る不思議な巻。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 7thmoon_gate 投稿日 2013/4/8
形式: コミック
最近読んだのですが、私自身は字一杯ものには慣れているので細かい字までどんどん読みますが
マンガとして読むにはつらい部分が多いかな・・・

読んでて「へー」と思ってしまううんちくは面白いですが
この巻はちょっと社会派気取りを感じる上に
結局何が言いたいのかあいまいなままってのがなんとも。

あと「酵素」について書かれていますが
あの部分はかなり正確性に欠けるので読まれる方は気をつけてください。
大学のレポート等で書いた日にはフツーに不可、どころか呼び出されかねないレベルです。

・まず酵素に代謝酵素と消化酵素なんて分類はありません。
何故なら消化は代謝の1つだからです。酵素は触媒する化学反応の種類でのみ分類されます。
膜局在性酵素・可溶性酵素という分類もありますが実験科学的な側面が強く世界共通としては扱われません。
・病気の時に代謝酵素が作られるというのも何を指すか全く不明です。
そういう超大雑把なくくり方で良いのなら、ヒトはいつもいかなる時も何かの酵素を生合成しています。
・取り込む=人体に吸収される、と受け取れるような紛らわしい文章になっています。
すぐ後にオリゼーが否定はしていますが紛らわしいのに変わりはないで
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私もninさんに同感です。

この漫画の良さはなによりも目に見えない菌が目に見える形で登場し、活躍する所にあると思います。
ところが、最近はあまり菌が活躍せず、評論のような農業論が延々と続きます。
漫画ならその当事者を登場人物として登場させ、話の中に織り込んで、漫画で表現して欲しいと思います。

登場人物も増えるばかりで、個性的な4人+教授、の個性が発揮されなくなっています。
展開も読めないし、第一、展開自身があまり気にならなくなってしまっています。

農業や菌に関する知識や蘊蓄の断片を手軽な形で手に入れたければこの漫画は最適かも知れません。
でも漫画独自のおもしろさを追求する人には薦められません。
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
農業経済にまで踏み込み始めたのでしょうか?
食糧自給率など、結構本格的な難しい話だったと
思います。
もはや菌がみえる不思議な少年の物語では
なくなってきたのか?
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
もやしもんは好きですし、今回のテーマも、共感や、疑問に思っていたことへの一つの回答を見れたり、興味がなかった方も少しは興味持てる内容となっているかとは思いますが、いかんせん、字が多く、作者の意見も強いです。もちろん膨大な取材により裏が取れているんでしょうが、肝心なところはやばすぎて書けませんっとなります。ここまで漫画でやるならいっそぶち込んでほしかった。

この巻は時間と体力に余裕がないとしっかり読めません、疲れてイライラしてしまいました。

この巻に関してはキャラクターが作者の語り部となっており、ストーリーは停滞しています。沢木ほとんどいないし。

今後ストーリー(キャラクターそれぞれの話)が進行していってくれる事に期待します!!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
かねてよりネームが長い漫画でしたが、今回は特にそれが顕著です。
樹教授以外のキャラクターまでもが、延々長いネームを喋りまくります(苦笑)
最早、田中芳樹の小説を読んでいる気分になれる漫画です。
内容は大事な事なんですよ。
特に消費者が持つ農業への誤解とかは、もっと知るべき知られるべき題材なのですが。
それを全てネームで説明するのならば、漫画は要らないわけで。

同じ様な題材をさらりと流されている「百姓貴族」なんかはネームの長さにメゲずにはっきりと語られずとも、
きちんと問題の根幹が頭に入る。この違いは大きいです。
語りたい主題は素晴らしいので、ちゃんと「漫画」していてほしいなと思います。
台詞がなくとも「語る」事が出来るのが漫画の良いところ。
そこの所を忘れないでほしいです。
「オリゼーだしてりゃ売れるんだろ!」
ってグレたのかも知れませんが、それだけで九巻まで続いているこんな装丁の大きな本を集めませんよ。
十巻からはそれまで通りに戻っていると期待して、星三つです。

…作者さん、疲れちゃったのかな?
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー