通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
もやしもん(5) (イブニングKC) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

もやしもん(5) (イブニングKC) コミックス – 2007/6/22

5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
もやしもん コミック 全13巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • もやしもん(5) (イブニングKC)
  • +
  • もやしもん(4) (イブニングKC)
  • +
  • もやしもん(6) (イブニングKC)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

菌が見える特殊能力を持つ、もやし(種麹)屋の次男坊、沢木惣右衛門直保。彼は東京の某農大に入学する。農大を舞台に、沢木と研究室その他の仲間達、そして菌が活躍したりしなかったりのキャンパスライフ。大学生活のモラトリアム感と、菌が満載の「もやしもん」。あなたもぜひ、かもされてみてください。

著者について

石川 雅之
生年月日:1974年7月29日。大阪府堺市出身。1997年に『日本政府直轄機動戦隊コームインV』でデビュー、初連載。1999年、『神の棲む山』(『人斬り竜馬』所収)でちばてつや賞準入選受賞。「モーニング」連載の『週刊石川雅之』などを経て、2004年より「イブニング」連載中の『もやしもん』で人気を得る。単行本は、初期作の『カタリベ』、『人斬り竜馬』(共にリイド社)、『週刊石川雅之』、『もやしもん』(講談社)


登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/6/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063521923
  • ISBN-13: 978-4063521924
  • 発売日: 2007/6/22
  • 梱包サイズ: 18 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
一巻から読んできて、この五巻が一番笑いました。
肉眼で菌が見える(だけでなく会話もする!)主人公沢木と、樹研究室の面々による某農大の収穫祭と、その後のフランス行きが話の中心。

収穫祭のディテールや、その他の小さなエピソードに対する作者の芸の細かさには脱帽!
一度読んだらまた戻ってコマの隅々まで眺めることをお勧めします。また新たな発見があるかも・・・?(個人的にはひっそり佇むイネ君とイネちゃんが気にいってます。動くんだって)
欄外で明かされる川浜の家族構成にも大笑い。
頼りなかった沢木も、四巻のエピソードを通してちょっと成長して、今回初めて自発的な行動に出ます。
ストーリー中の薀蓄の部分もだいぶ読みやすくなってきました。
先の展開が楽しみです。

ちなみに農大出身者ですが、本当の収穫祭に教授バトルはありません(当たり前だ=あればいいのに)。でも作中に描かれた「何でも食べる、何でも売る」感はあるかも。近所のおばちゃんが殺気立って買いに来るあたりも・・。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
佐々木倫子著「動物のお医者さん」・二ノ宮知子著「のだめカンタービレ」に連なる専門的な学部を舞台にした作品だ
ただ、今作は上記2作と違い人間関係に結構拘っているように思う。

「動物のお医者さん」は学部の専門性をネタにしたストーリーと動物のかわいさが楽しかった。
学園祭や就活等、大学のイベントネタもしっかり描かれていた。

「のだめカンタービレ」は主人公「のだめ」の強烈なキャラがおもしろかった。
ストーリーは途中からどんどん学園ものというよりは、音楽家というものに焦点が移っていったように思う。

本作はどちらかという「動物のお医者さん」に近いテイストだが、より人間関係に焦点が当てられており青春ものの要素が高い。

本作の内容は「収穫祭の様子」と「長谷川さんのフランスへの旅立ち」です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 えんこ 投稿日 2007/7/16
形式: コミック
まず表紙見て、誰この子って思いました((^皿^;
まァ、読めば分かりますけどね☆

この巻は仲間の絆っていうんでしょうか?ソレを強く感じます!
沢木や美里や川浜達の長谷川に対する思いがとても心地よいです。
あぁ。。。もう皆仲間なんだなァと実感する話になってます。

私は限定版のほうを購入したのですが、大満足♪゛
A.オリゼーのストラップはとても丁寧な作りで愛らしかった''''
値段は高かったケド、買って損はナイかな?

収穫祭の話がメインのようになっているので、思ったことを一言。。。
おばちゃん怖ぇよッ!!!!!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
遥パパがひぃ〜っていうくらい樹教授と日吉酒店の御隠居の暗黒面が描かれるw

精米歩合の基準が廃止され、昔は純米酒じゃなかったものも今では立派な純米酒。。。うそぉ、知らんかった。

熱湯だって冷蔵庫だってうがいぐすりだってすみか…うっひゃあ。

飛行機の中の沢木ワールドは見ものです。。。

鎌倉・室町期はもやしやから種麹を買い麹を作るこうじやがいた…
1444年の「文安の麹騒動」…こんなの歴史の時間に習っていたら楽しかっただろうになぁ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今巻の目玉は収穫祭編です。親の強制で婚前旅行(フランスへ)に行かされた長谷川さんを奪回するために樹研究室の面々が金を貯めるために奮闘する話が良かったです。
及川さんのバニー姿も見られます。
美里、川浜の両氏は長谷川さんを嫌っていたかのように見せてしっかり軍資金を貯めていたことに感動しました。
フランスへ行った美里、川浜、沢木の3人の珍道中に期待です。
長谷川さんとの喧嘩をズルズル引きずる両先輩がちょっとかっこ悪く見えました。素直じゃないな〜。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
風雲急を告げる展開となった第5巻。ストーリーはないようで、でもちゃんとつながっているような、不思議なテンポで進んできましたが、この巻では、政略結婚を迫られた長谷川さんを研究室に連れ戻すために、発酵蔵が動き出します。

長谷川さんは研究に行き詰まり、樹研究室の中でもぎくしゃくとした人間関の中でした。「そろそろ潮時かなぁ」とでも思ったのでしょうか。親の言われるままに気乗りのしない婚前旅行でフランスに旅立ちます。

「農大」の秋祭りを背景にしつつ、発酵蔵の面々が次第に長谷川遙奪還に向けて、気持ちが揃って行きます。なんやかんやあって、フランスに旅立つ沢木+2人。というふうに書くと、ありきたりなストーリーですが、人情の紆余曲折とか菌たちの活躍、奇態で感動的な農大学生の生態などディテールが光ります。さて次巻、沢木たちは長谷川さんを研究室に連れ戻せるでしょうか?!続きが楽しみですねえ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告