通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
もやしもん(4) (イブニングKC) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆★☆【基本翌営業日(土日祝店休)発送】ゆうメールにて発送致します☆★☆非常に良い状態です☆★☆『すべての商品はAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインに基き検品されております。ガイドラインを逸脱した商品のあった場合、送料を除く商品代金を全額返品返金対応します!』※中古品でございますので、状態を気にされる場合はご購入前にお問い合わせください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

もやしもん(4) (イブニングKC) コミックス – 2006/12/22

5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
もやしもん コミック 全13巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • もやしもん(4) (イブニングKC)
  • +
  • もやしもん(3) (イブニングKC)
  • +
  • もやしもん(5) (イブニングKC)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

菌が見える特殊能力を持つ、もやし(種麹)屋の次男坊、沢木惣右衛門直保。彼は東京の某農大に入学する。農大を舞台に、沢木と研究室その他の仲間達、そして菌が活躍したりしなかったりのキャンパスライフ。大学生活のモラトリアム感と、菌が満載の「もやしもん」。あなたもぜひ、かもされてみてください。

著者について

石川 雅之
生年月日:1974年7月29日。大阪府堺市出身。1997年に『日本政府直轄機動戦隊コームインV』でデビュー、初連載。1999年、『神の棲む山』(『人斬り竜馬』所収)でちばてつや賞準入選受賞。「モーニング」連載の『週刊石川雅之』などを経て、2004年より「イブニング」連載中の『もやしもん』で人気を得る。単行本は、初期作の『カタリベ』、『人斬り竜馬』(共にリイド社)、『週刊石川雅之』、『もやしもん』(講談社)


登録情報

  • コミック: 190ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063521710
  • ISBN-13: 978-4063521719
  • 発売日: 2006/12/22
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.8 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
第38-48話を収録。今回で、微生物学的に新しい情報は、第38話のアフラトキシンの産生菌のアスペルギルス・フラブスとA.オリゼ―(二ホンコウジカビ、醸造酒の製造に使われる)の関係についての論争、39話の植物の根に共生するグロムス・エツニカタムGlomus etunicatum (根粒菌としては他にリゾビウム属がマメ科の植物に住むことが知られているが本作には登場しない)、43話の硝石(=硝酸カリウムKNO3)。硝酸カリウムは、土壌中の有機物や、動物の排泄物に含まれる尿素、またそれが分解することによって生じたアンモニアなどの窒素化合物を、自然環境下に存在するバクテリアの亜硝酸菌や硝酸菌が分解する過程で、アミノ酸態やアンモニウム態の窒素化合物が硝酸イオンに酸化され、カリウムイオンと塩を形成することによって得られる。本作では、黒色火薬の製造に必須の火薬材料として、便所の排泄物から作るというところのみが描かれている。ニトロモナス属などの亜硝酸菌は自然の中のアンモニアから亜硝酸塩を作り、ニトロバクタ―属などの硝酸菌が、亜硝酸塩をさらに硝酸塩に変えていく。これが植物に吸収され、地球上の窒素が循環していくことに働いているのだが、この点については触れられていない。微生物の面白さ・重要さを伝える「もやしもん」だけに残念。なお、表紙は準レギュラーの農大3年の宏岡亜矢がミュシャを思わせる構図の絵だが内容には関係ない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 inko 投稿日 2012/9/3
形式: コミック
可もなく不可もなく、がしっくりきます。
星5つけて星3つける人を非難するような人が支持される漫画なんですね
レビューなんて人それぞれ、意見は色々あっていいと思うんですが
このレビューも信者の方々に気に食わないと評価されないのを覚悟で投下です

自分的にはキャラが見分けつかないのが辛いです。
もやしもん大好き!な人なら見分けぐらいつくんだと思いますが
自分には全て同じ顔に見えるので、特に女の子達(新キャラが女しか出ないのでそのせいもあります、男は皆1巻からの人)
沢木もだんだん女顔になってきましたね。まつげかかないだけ。この作者の綺麗な顔ってゆうのが1通りしかないんでしょうね
男のぶさいくは沢山いるんだから(好きなキャラです)、女も1通りの美人だけじゃなく色とりどりでいいと思うんですが・・

あと9巻まで読みましたが、毎回楽しく読ませてもらってますがあの男の子はなんなんですか?女装必要ですか?
女顔と言われて切れるぐらいの子だったのに性同一性障害だったの?
しかもそれをひっぱりすぎ。女装するために大学休学したとか意味不のままストーリー続いてます、スルーですね。
よく分からないキャラになんか発言されても「イヤ、お前がどうよ」って思っちゃうので
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この表紙はどう観ても、どこかで見たような美しさ。『美』しさ。内容はあいかわらず農大ですが、酒造りやら、硝石やら、いろいろな伏線満載。今回は菌たちの活躍は少なめのようですが、蘊蓄は十分。この本で、微生物や生物に興味をもってしまったら、農大や農学部への入学を目指してもいいのかもしれない。
こんなにゆったりと本格的な実習ができる大学はどこ?入学に必要なものは?
'''入試対策として、別の漫画も必要になりそう。
この巻の長谷川は女が立ってるような。そこでオリゼーにまで押し倒せ、とか。
青春ですね。
日本が世界に誇れる学術カルチャー漫画、アニメだと思います。
生物学を目指す世界の学生さんたちに是非読んでほしい作品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
読んでる自分だけじゃなく、書いてる作者も楽しいんじゃ?と思える希少な漫画だと思います。

学術的なことに限らず面白い事に興味を持つこと(発酵学の本とか読むようになりました…)、話が刻一刻と変わり続ける楽しさ(作者が当意即妙に反応してくれてるように感じてしまう…)等、ラディカルな展開を期待してしまいます。
特に4巻は今までの経緯を踏まえた上での目新しい雰囲気を感じるので、またまた次巻に期待してます!
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
予想外でした、色んな意味で。

今巻は萌え漫画・キャラ漫画としての要素が強いですね。

行方不明になっていたやつらも帰ってきました。

せっかくの学生生活なんだ、

不器用に振舞おうがエキセントリックな行動をとろうが、

それって「学生らしい」じゃないか。

なんか、こんな感じです。

動物のお医者さんも、動物メインのエピソードばっかりではなかったですしね。

こういう日常の描写も、大学を舞台にした漫画には必要だと思います。

しかしハムテルといい直保といい、こいつらうらやましいよ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー