通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
もやしもん(11) (イブニングKC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

もやしもん(11) (イブニングKC) コミック – 2012/3/23

5つ星のうち 2.9 44件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 586
¥ 586 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • もやしもん(11) (イブニングKC)
  • +
  • もやしもん(12) (イブニングKC)
  • +
  • もやしもん(13)<完> (モーニング KC)
総額: ¥1,800
ポイントの合計: 38pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

真冬にミスコン「ミス農大落とし」が突如開催されることに。
賭で金儲けを企む美里や謎の刺客を送り込む樹。男達の欲望と思惑を巻き込みながらノミネートされた6人の女(?)達!現ミス農大・武藤が王座を死守するのか、それとも新女王の誕生か!イブニング連載時に読者投票で新ミス農大を決める、という無謀な実験を行ったもやしもん。11巻は全編「ミス農大落とし」!!武藤、蛍、及川、中山、小坂、西野、みんな寒い中頑張ってます!!

真冬にミスコン「ミス農大落とし」が突如開催されることに。賭で金儲けを企む美里や謎の刺客を送り込む樹。男達の欲望と思惑を巻き込みながらノミネートされた6人の女(?)達!現ミス農大・武藤が王座を死守するのか、それとも新女王の誕生か!イブニング連載時に読者投票で新ミス農大を決める、という無謀な実験を行ったもやしもん。11巻は全編「ミス農大落とし」!!

著者について

石川 雅之
生年月日:1974年7月29日。大阪府堺市出身。1997年に『日本政府直轄機動戦隊コームインV』でデビュー、初連載。1999年、『神の棲む山』(『人斬り竜馬』所収)でちばてつや賞準入選受賞。「モーニング」連載の『週刊石川雅之』などを経て、2004年より「イブニング」連載中の『もやしもん』で人気を得る。単行本は、初期作の『カタリベ』、『人斬り竜馬』(共にリイド社)、『週刊石川雅之』、『もやしもん』(講談社)


登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/3/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063524086
  • ISBN-13: 978-4063524086
  • 発売日: 2012/3/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
最近のもやしもんは美里と長谷川の恋愛ドラマがくどいと感じます。
恋愛がテーマの漫画ではないのだからこれ以上くっつける必要あるのかな?
あと、最近は毎巻新キャラを出してきてますが、それも連載の引き伸ばしのようで
どうかなって感じです。沢木の兄のキャラには絶句しました。

しかし、巻が進む度に及川や蛍が嫌いになっていくってどういうことなんだろうか。
この11巻では今まで非常に個性が際立っていた美里が普通の男になってしまった。

作者も自分で書いているが、主人公の沢木の活躍が全然少ないので、そろそろ寄り道は
終わりにして沢木と菌の話をメインにして欲しいです。
沢木の魅力を作者自身が一番わかっていないんじゃないかって思えてきます。

沢木の菌ネタが切れたらもやしもんはもう潔く終わりにすればいいと思います。
純潔のマリアとか他の漫画で頑張ればいいじゃないですか。
コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
当初の「菌を擬人化させたコメディー漫画」というのが斬新で、かつ絵柄も整っておりヘタレ主人公でも人とは違う才能(?)があるというのもプラスで人気を博した作品です。
舞台は農大、今まで日の当たることのなかったマイナーな舞台での濃くもマニアな話が面白く、少々主人公や菌たちが出てこなくてもそれなりに楽しめてました。

が、この巻では作者が自分でバラしているとおり、相当グダグダな内容です。
よくこれが雑誌で連載できたなと思うくらい、ひどい内容。
キャンパスライフの馬鹿馬鹿しくも楽しい日常ともいえず、いったい何が書きたかったのか2度読み返してもわかりませんでした。
単にいろんなタイプの女の子を描きたかっただけ?

こういう商業誌は作者の思い分だけではなく、担当者や出版社の意向も入っています。
とすると、単に「もやしもん」というブランドを引き伸ばして延長させているだけのように感じてなりません。
本当に読者は現在のこの作品、面白いと思っているのかな?
次巻はたぶんもう買いません。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
菌が見える主人公が農大生活をする漫画です。
しかし、いつからか設定を生かさず暴走するようになりました。
今巻ではミス農大トーナメントをしていますが
ストーリーの着地点を読者投票によって決めてしまうという
なんとも……斬新…?…な漫画になっています。

初見の感想
なに一つとして納得できねぇ!

おい作者!ふざけんな!!オレは毎回楽しみに待ってるんだよ!!!
ちゃんと面白く描いてくれよ!!!!

☆ひとつです
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今回の11巻は単行本読者を見事なまでに置いてけぼりにしている。
特装版まで買った人はどう感じたのだろう。

知り合いしか出ないミスコンという非常に狭い世界が気持ち悪く、今では収穫祭の回が懐かしい。
大学の広さを感じさせていた初期の頃の空気は皆無。

武藤がミスだろうとそうでなかろうと読者の大半はどうでも良かったのではないだろうか。
そしてその座が誰に移ろうとどうでも良いと思ったのは自分だけではないのではないか。
そしてどんどん及川と蛍が自己中心的な嫌な行動をする人間になっていく。

菌の説明回があれば主人公たちはこの漫画の主題である農学に触れなくてもいいのか?
これは最早もやしもんでは無い。
(作者とその周りの人の自慰的な)キャラ萌え作品に成り下がってしまっている。
農のダーティな部分を菌に説明させてお茶を濁す手法はもうやめて欲しい。
ちゃんと物語にして語って欲しい。

こんなものが本当に作者は描きたかったんだろうか?
コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 後味の悪さがどこから来るのか、しばらく分からなかったのですが…
「ファンの心意気の行き場がない」って点だと思います。
 作品の流れからみても、外伝みたいなものですね。

 6人のミス農大のシナリオを準備して、本誌購入者の投票で選ぶ。
 6人の候補者ポスター(QRコード付)を各書店1枚だけ選べて、ファンがスタンプラリーできる。
 もっと本誌に、書店に目を向けてほしいという企画モノだったわけですが、
そのためには「彼女(彼含む・苦笑)がいまどこで何をしている」×6を話に詰め込まねばならず、結局作品自体の焦点がピンボケになってます。

 個人的に痛かったのは、彼女らを応援する学生達… つまりリアルの読者(今回特に、投票まで募ったわけで)の一種の分身である人たちが、P配分の都合か描き分けられていない。
 畜産だけは独自色だったけど(^^;) 他、蛍なら(他の誰でもなく)蛍を、及川なら及川を推すんだ!という心意気や雰囲気の違いが、モブシーンの中に見えてこない。
 だから群集が、エロい女の子にがつがつしているだけの殺風景なものに見えてしまい… ファンってそんな人ばっかりじゃないんだけどなぁ、とさみしくも居心地悪い読後感になりました。

 今回寄せられた投票にオリゼ
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー