中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

もの言う株主―ヘッジファンドが会社にやってきた! 単行本 – 2008/3

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

Jパワー株買い占めで話題の英国ファンドTCIと壮絶な戦いを繰り広げた、ドイツ経営トップの詳細なドキュメント。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ザイフェルト,ヴェルナー・G.
1949年生まれ。マッキンゼーで研鑽を積み、スイス再保険会社社長を務めたのち、1993年より2005年までドイツ取引所のCEOを務める。経営学博士。ジャズ・ミュージシャンとしての顔ももつ。ドイツ欧州ビジネススクール嘱託教授

フォート,ハンス=ヨハヒム
1968年生まれ。オックスフォード大学ナットフィールド・カレッジで博士号を取得。マッキンゼーで経営コンサルタントに就く一方、同時期にスタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学およびニューヨーク大学スターン・ビジネススクールで客員教授を務める。1998年よりバルセロナ・ポンペウファブラ大学の経済学および経済史教授

北村/園子
早稲田大学(第一)文学部ドイツ文学専攻卒業。フリーランスの通訳、翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 317ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062146304
  • ISBN-13: 978-4062146302
  • 発売日: 2008/03
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 14.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,054,680位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
現代社会においてヘッジファンドは資本市場の効率化に一役も二役も貢献している存在である
ただそのやり口においては攻撃的で「もの言う株主」が過ぎ去った後には価値の創造からはかけ離れた残骸だけが残るケースも多い

本の物語になるドイツ証券取引所の元CEOであるザイフェルト(著者)とヘッジファンドTCIの代表であるホーンの戦争はCEO退任と言うカタチで取りあえずの決着を見ることになる

そしてその過程の当事者である直伝なので恨みは相当なものがある
最後に粗原稿はすべて捨て客観的で教養にあふれた文章で最初からやり直したとあるがそれでもまだ文面からはホーンへの憎しみが伝わってくるものだから・・・。

現在もTCIは電源開発への攻撃的な株主提案を展開していたり本でも登場する乗っ取り屋アイカーンがヤフー株を買い増ししていたりとヘッジファンドの猛威は変わらないがヘッジファンドそのものは時代が作り出した産物なのではないかと思う

ドイツ証券取引所とTCIの論争が起こっていた当時、日本でも村上ファンドが大阪証券取引所を増配要求していた。

そして日本の村上は現在、檻の中である。絶対利回りなんて幻想なのだ
目先の増配や自社株買いで株主に金を提示して株主リターンが短期的には上昇す
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す