中古品:
¥3,754
+ ¥257 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 thebookcommunity
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古品・非常に良いコンディション。優れた顧客サービス。急速輸送と良い梱包。海外より発送。土日祝日を除き7〜15営業日で配送可能。
この商品をお持ちですか?

もののけ姫 [DVD]

5つ星のうち4.3 2,719個の評価

お届け日: 9月30日 - 10月5日 詳細を見る

この商品には新しいモデルがあります:

もののけ姫 [DVD]
¥4,084
(307)
在庫あり。

DVD・ブルーレイ バーゲンストア
バーゲン品、在庫処分品、廉価版など、お買い得商品が盛りだくさん。 ⇒いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • アスペクト比 : 1.77:1
  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • 言語: : 日本語, 英語, 日本語
  • 梱包サイズ : 19 x 13.4 x 1.6 cm; 160 g
  • EAN : 4959241980106
  • 監督 : 宮崎駿
  • メディア形式 : 色, ドルビー, 吹き替え, 字幕付き, ワイドスクリーン
  • 時間 : 2 時間 13 分
  • 発売日 : 2001/11/21
  • Dubbed: : 英語
  • 字幕: : 日本語, 英語
  • 言語 : 日本語 (Dolby Digital 5.1), 英語 (Dolby Digital 5.1), 日本語 (Dolby Digital 2.0)
  • 販売元 : ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • ASIN : B00005Q4I3
  • ディスク枚数 : 3
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 2,719個の評価

商品の説明

内容紹介

ジブリがいっぱいCOLLECTION
『もののけ姫』

<ストーリー>
中世の枠組みが崩れ始めた室町時代の日本。いまだ人を寄せ付けぬ太古の深い森の中には、人語を解する巨大な山犬や猪などの神獣たちが潜み、聖域を侵す人間たちを襲って、荒ぶる神々として恐れられていた。エミシの末裔のアシタカは、人間への怒りと憎しみによってタタリ神と化した猪神に呪いをかけられ、それを解くために訪れた西の国で、数奇な運命に巻き込まれていく。森を切り開いて、人のための豊かな土地を作り上げようとする、タタラ製鉄集団のエボシ御前は、鉄を打ちながら人間中心の社会を築き上げようとしていた。一方、犬神に育てられた少女サンは、“もののけ姫”と恐れられ、森を守るため神々とともにタタラ集団と戦っていた。双方とも「己が正義」と信じるこの争いに、さらに不老長寿の力があるというシシ神の首を狙う侍たちが絡み、三つ巴の戦いとなる。アシタカとサンは、惨劇の中で出会い、心を通い合わせる。しかし、森を巡る戦いは凄惨を極め、大混乱の中、シシ神の首が奪われてしまう…。

<映像特典>
《Disc2》
●絵コンテ
《Disc3》
●8カ国語音声(日本語・英語・フランス語・広東語・イタリア語・スペイン語・ドイツ語・ポルトガル語)
●予告編集

Amazonレビュー

   時は室町時代。タタリ神の呪いを断つために旅立った勇敢な少年アシタカは、たどり着いたシシの森で、森の神々とエボシ御前が率いる製鉄集団が、バトルを繰り広げているのを知る。同じ時期、彼は、人間でありながら森の神々に味方する少女サンに出会う…。
   生きるためには闘っていかなくてはいけないという、アシタカ、サンらの壮絶な生きざまを、ファンタジックなキャラクターを駆使して描いた、アニメ界の巨匠・宮崎駿監督作。構想16年、製作期間3年という力作だけあって、練りに練られたストーリーの中に、監督の哲学がしっかりと息づいている。海外でも公開され、絶賛された宮崎アニメの最高峰だ。(斎藤 香)

続きを見る