ポイント: 21pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 10月19日 - 20日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
1 時間 1 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
もっこすの城 熊本築城始末 がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
お届け日 (配送料: ¥330 ): 10月19日 - 20日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 経年による使用感がございます。しかし、ページ部分は概ね良好なコンディションです。◆検品を行ってから出品をしておりますが、中古商品のため、書き込みなど、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、評価でのご連絡ではご対応ができないため、メールにてご連絡をお願い致します。【商品状態に関して】※中古品のため「帯・コード・ハガキなど」保証をしておりません。※「付属品・特典」の記載がない場合には、特典などは付属していないものとお考え下さい。また、ディスク・特典などは開封済みとお考えください。※カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。ご了承の程お願い申し上げます。◆御注文確定後、2営業日以内にて発送します。◆ポスト投函なので、不在でも受け取れます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

もっこすの城 熊本築城始末 単行本 – 2020/9/30

5つ星のうち4.1 23個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,090
¥2,090 ¥676

よく一緒に購入されている商品

  • もっこすの城 熊本築城始末
  • +
  • 天離(あまさか)り果つる国(上)
  • +
  • 天離(あまさか)り果つる国(下)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

もっこすの城 熊本築城始末

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

織田信長の家臣・木村忠範は本能寺の変後の戦いで、自らが造った安土城を枕に壮絶な討ち死にを遂げた。遺された嫡男の藤九郎は家族を養うため、肥後半国の領主となった加藤清正のもとに仕官を願い出る。父が残した城取りの秘伝書と己の才知を駆使し、清正の無理な命令に応え続ける藤九郎―。戦乱の世に翻弄されながらも、次から次に持ち上がる難題に立ち向かう藤九郎は、日本一の城を築くことができるのか。実力派歴史作家が描く、日本一の城を造った男の物語。

著者について

●伊東 潤:1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。外資系企業に長らく勤務後、文筆業に転じる。『国を蹴った男』で吉川英治文学新人賞、『黒南風の海‐‐加藤清正「文禄・慶弔の役」異聞』で第1回本屋が選ぶ時代小説大賞、『義烈千秋 天狗党西へ』で歴史時代作家クラブ賞(作品賞)、『巨鯨の海』で山田風太郎賞と第1回高校生直木賞、『峠越え』で第20回中山義秀文学賞を受賞。『城を噛ませた男』『国を蹴った男』『巨鯨の海』『王になろうとした男』『天下人の茶』で5度、直木賞候補に。著書に『武田家滅亡』『天地雷動』など多数。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA (2020/9/30)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2020/9/30
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 400ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4041092868
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4041092866
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 23個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
23 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年11月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2020年10月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年10月6日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年12月13日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年10月8日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年2月10日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年10月22日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告