もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネ... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,175
通常配送無料 詳細
発売元: M.STORE
カートに入れる
¥ 3,380
通常配送無料 詳細
発売元: ✅送料無料 ✅丁寧に梱包発送致します ☆ファミコントップ(愛知県) ✓English Support
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら(通常版) [DVD]

5つ星のうち 2.3 23件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 2,824より 中古品の出品:10¥ 819より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

AKB48コーナー
AKB48のDVD・ブルーレイを取り揃えた「AKB48コーナー」オープン。CD、デジタルミュージック、グッズ、本など関連商品も勢揃い 今すぐチェック


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら(通常版) [DVD]
  • +
  • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
  • +
  • マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
総額: ¥7,063
ポイントの合計: 117pt (2%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 前田敦子, 瀬戸康史, 峯岸みなみ, 池松壮亮, 川口春奈
  • 監督: 田中誠
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2011/12/21
  • 時間: 125 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 23件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005KNVX8K
  • EAN: 4988003809492
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 60,211位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

☆270万部突破(書籍255万部/電子15万部 9/1現在)の大ベストセラー”もしドラ”待望の映画化作品、DVDで登場!br ☆主演は第3回AKB48選抜総選挙第1位・前田敦子主演!!br 本編125分 音声:1.オリジナル日本語(ドルビーデジタル5.1chサラウンド)2.オリジナル日本語(ドルビーデジタル2chサラウンド)br ☆原作:岩崎夏海「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(ダイヤモンド社刊) 総合プロデュース:秋元康 脚本:岩崎夏海 田中誠 音楽:服部隆之 監督:田中誠 主題歌:AKB48「Everday、カチューシャ」(キングレコード) 挿入歌:前田敦子「Flower」(キングレコード)br ☆新米女子マネージャーが、弱小野球部を甲子園へ!?br 2009年12月に発売されて以来、現在も売れ続け、累計発行部数は270万部を突破(書籍255万部/電子15万部 9/1現在)。通称”もしドラ”と呼ばれている「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(岩崎夏海著・ダイヤモンド社刊)。高校野球とドラッカー、まったく無関係と思われる二つの要素が絡み合うストーリー展開は、感動の青春小説でありながらビジネス入門書にもなっており、ティーンからビジネスマンに至る幅広い層に読まれ今だに大きな反響を呼んでいます。そのベストセラーを完全映画化した本作は、2011年夏一番の話題作として大ヒットを記録!総合プロデュースを手掛けるのは、エンターテインメントの分野において長年に亘り、数々のムーブメントを創りあげてきた仕掛け人・秋元康。メガホンをとるのは実力派監督・田中誠。出演は、日本のエンタメ界を席捲中のAKB48の中心メンバーである前だ敦子、峯岸みなみ。そして瀬戸康史、大泉洋をはじめとする注目の若手からベテランまで個性豊かな才能溢れる豪華キャスト陣が感動の青春ストーリーを盛り上げます。br [ストーリー]私たちの青春は、一冊の本から始まった。br 万年、予選一回戦負けの都立程久保高校野球部に、病気の親友の代わりにマネージャーとして入部した川島みなみ。みなみは、親友を励ますつもりで、「野球部を甲子園に連れて行く」と監督と部員の前で宣言してしまう。マネージャーの仕事の参考にと、勘違いから手にした経営学の父・ドラッカーの名著『マネジメント』に不思議と感動し、そこに書かれている教えを野球部の中で実践していく。次第にやる気のなかった部員や監督の意識・行動、さらに高校野球において長く常識とされてきた古いセオリーを変革させていく。果たして、程高野球部は甲子園へ行けるのか!?br ☆コメンタリー特典◎新撮!!①副音声コメンタリー 前田敦子×瀬戸康史×峯岸みなみ×田中誠監督◎新撮!!②副音声コメンタリー 「ドラッカー談義」岩崎夏海×田中誠

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

岩崎夏海の大ヒット同名小説を、AKB48の前田敦子主演で映画化した青春ドラマ。弱小野球部のマネージャーとなったみなみは、ある日書店で勘違いから手にとったドラッカーの名著「マネジメント」に感動を覚え、その教えを部活動で実践する。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 吾妻 投稿日 2011/12/27
映画のラストで早送りしてしまいました。

そのくらいつまらなかったです。

原作は読まずに見ましたが、
野球好きには違和感アリアリでした。

まず、話が短い時間で詰め込み過ぎていて、内容がスッカスカで、ストーリー性は皆無。

野球の話としても
サクセスストーリーとしても、アイドル話としても
総て中途半端と言わざるをえません。

これだったら
「おおきく振りかぶって」を観ていたほうが、よっぽど理論的で現実的だと思いました。
結論としては、
AKB48目当てで見るくらいしか、魅力の無い作品ということです。
みなさんの参考になれば嬉しいです
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
全然おもしろくなかったです。
AKBが好きなんで観ようとおもう人絶対後悔します。
映画としてもなにがなんだか、ただただグダグダ感が押し寄せてくる映画です。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 観てしまった以上、書きます。原作は大ベストセラーで、その映画化ですから、普通に撮ればヒットは間違いなかったのだと思います。制作の人は、それにプラスしてAKBのセンターを主演に持って来たのだから楽勝だと思ったでしょうが、大きな間違いだと思います。AKBは、秋葉原に行けば観られる等身大が売りで、パフォーマンスもグループ全体での躍動感が受けているのであって、ファンの方には申し訳ないですが、一人になった時に、ビジュアル的に持つかといえば、ドラマでさえ辛い。それが、ドラマ以上に非現実な偶像性が求められるスクリーンで主役を張ったのは、余りにも無謀だった。制作サイドは、巷のブームに乗っただけで、前田敦子単独での価値を、きちんとマーケティングしなかったと思います。もう一人AKBの子が出ていますが、正直映画というメディアをなめているとしか思えなかったです。もちろん彼女たちに罪はありません。安易なキャスティングをして、当然のヒット作を見事な凡作にしてしまった制作サイドの責任重いです。ついでにいうと、なぜ、もしドラの主題歌が「Everyday カチューシャ」なのかも意味不明でした。
 ただ、前田さん、よく走っています。この映画で唯一の評価すべき点です。それで星2つ。
1 コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
全国東宝系公開であの興収では赤字です。

総製作費のうち「直接制作費」はずいぶん安く抑えられていますが、
それ以外の宣伝費がかなりかかったにも関わらず凡庸な成績は、
TV局を製作幹事会社に取り込むことに失敗したのが最大要因です。

民放局に売り込んだのに良い返事がもらえなかったのは、
同時期にNHKのアニメを決めてしまったからで、
「引く手あまた」と驕ったせいで逃した魚は大きかったという
ビジネス面での舵取りの失敗です。

まさしくドラッガー言うところの「驕るな。企業は社会に存在
させていただいているものだ」という思考が欠落しているわけですが、
どういうわけかこの映画をビジネス的成功だと言い張ることで
事実を大衆に曲解させられると思う向きもあるようで、
それこそドラッガーへの背信であり思想を無視した行為と思います。

原作通りの青臭い「タッチ」もどきの話にするのではなく、
思い切って女子ラクロス部の話にでもしてAKB全員登場みたいな映画にすれば
興行は黒字にはなったでしょう。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら?
それが?って内容の映画。(笑)野球シーンやドラマシーンも何処か中途半端。
もちろん最大の話題は前田敦子や峯岸みなみが登場しているところにあるのだろうが
それを喜ぶのは熱心なファンのみであろう。(主題歌も違和感ありまくり)

監督役の大泉洋が尊敬する高校野球監督を述べる台詞の中に徳島の池田高校を率いた
故蔦監督や茨城の取手二高で指揮を執ったこともある木内監督ら、実在する(した)
方たちの名前が出たときのみ思わず(懐かしいなぁ〜)と思い、この部分のみが
強く印象に残ったという何とも残念な作品。

本当に最近邦画で(これは!)というのがないなぁ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...

関連商品を探す


フィードバック