中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

もし顔を見るのも嫌な人間が上司になったら―ビジネスマン危機管理術 (文春新書) 新書 – 2010/7

5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 3,133 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

あなたならどうする?銀行員時代、人事、広報、総務で辣腕を振るった作家が実体験をもとに伝授。ピンチを切り抜ける46の方法。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

江上/剛
1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。1977年第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。梅田、芝支店を経て、本部の企画、人事部門に勤務。1997年の第一勧業銀行の総会屋利益供与事件の際には、広報部次長として、混乱の収拾に尽力。この事件に材を取った高杉良の『金融腐蝕列島』のモデルとなった。2002年築地支店長時代に、『非情銀行』で作家デビュー。テレビ等のコメンテイターとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 221ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2010/07)
  • ISBN-10: 416660760X
  • ISBN-13: 978-4166607600
  • 発売日: 2010/07
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 738,168位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
●本書のタイトルは、『もし顔を見るのも嫌いな人間が上司になったら   
ビジネスマン危機管理術』となっていますが、内容そのものは、著者が「はじめに」で、
書かれている通り、『サラリーマン人生を生き抜く「ガイドブック」』です。

●したがって、【顔を見たくない上司対策】として、読まれようとしている方にとっては、
残念ながら、【的】を外れています。・・・私もそうですが。

●赤い太字の、【ビジネスマン危機管理術】として読むなら、著者の豊富な体験を通して
書かれている、いろいろな項目は、特に、サラリーマン的職業に就いている人にとっては、
「法令順守・危機管理に対するガイドブック」として、必見の書になると考えます。

【参考】ビジネスマン危機管理3ケ条(行動順)・・・p.207〜
(1)違和感力
(2)判断力
(3)行動力
・危機管理の原則:「嘘をつかない、隠さない、騙さない」
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
即効性のあるアドバイスに期待をすると、何となく精神面を補強するようなアドバイスが多くて、肩透かしを食らいます。
まあ、漫画のようにバッサバッサと快刀乱麻できるような場面は現実には殆ど無いし、島耕作のようなスーパーサラリーマンが
側にいたら、誰も苦労しない。一般的にデキる上司と言われる人たちは、直接道を示すよりも、幾つかのヒントを与えて、
背中を押してくれるものでしょうし(全ての場面でそうだとは言いませんが。)、アドバイスというのはそういうものだと
思いますけどね。

あくまでも銀行マンとしての視点からのアドバイスで、畑違いの業種では企業風土も常識もまるっきり違うので、必ずしもサラリーマン
一般としてのアドバイスだとは思わない方が良いと思います。第一今時、部下と一丸になって部長に反旗を翻したりできるような会社が、
どの程度あるものか…。仕事は理不尽なものですけど、それを免罪符とばかりに平気で理不尽を押しつけてくるような会社や上司に著者の
ように行動できたら、理想的でしょうけど…ね。会社は時代や情勢で年がら年中脱皮を繰り返す生き物です。たとえ現役時代に辣腕サラリー
マンと言われていた方の言葉でも、数年現場を離れている人の言葉なら、一歩引いて言葉を頂戴した方が無難かも知れません。
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書は企業内で各階層において起こり得る様々な問題点や悩み、心配事、不満、リスク、その他を挙げて、著者が辛口で、espritを利かせ、かつ親身になって答えてくれる体裁を取っている。ビジネスマンの危機管理に、という狙いだろうが、回答コメントは殆どが江上氏自身が銀行での実体験である。よって基本事項は一般企業にも合うが、先ずは銀行職員約25万人は読んで損はない。いずれも銀行で日常的な問題であり、「正にその通り」と読んでいて非常に興味深い。第一章から第九章まで、部下の憂鬱、上司のつらさ、あぶない取引先、トラブル110番、会社の不祥事、リストラ・人事異動・倒産、病気、家庭崩壊、危機管理3カ条と、各種リスク対応に至れり尽くせりである。本書は銀行時代の見聞・経験をベースにしているのが良かった。これが汎用的に教科書的に書かれたら面白くない。銀行では特に行内恋愛、そのトラブル、金銭問題、情報漏洩(電車網棚置き忘れ含む)、顧客癒着、被接待、新聞社会面(酒と喧嘩・痴漢)掲載等々には非常に厳しい懲戒措置を取るので、その不祥事対策にも予備軍はよく読んでおいた方が良い。また上司・部下等人間関係や、転勤、左遷、出向、転籍、早期退職挙手等についても幅広く触れている。一般的に銀行員は50歳過ぎでグループ会社や外部企業に転籍するが、特にオーナー会社への就職斡旋話には注意すべきで、本書もそれに触れている。近々出向の人は先...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 1997年、第一勧業銀行(当時)広報部次長として総会屋利益供与事件の収拾に奔走、「金融腐蝕列島」の改革四人組のモデルになり、2010年夏には日本振興銀行社長に就任して注目を集めた作家の「サラリーマン・サバイバル術」。

 そもそも「肩たたきを強要された」とか「上司の不正に加担しろと言われた」とか「子どもが補導された」などという事件は大半のサラリーマンには無縁だろうし、いざその時に新書を読んだところで全てのケースに対応は不可能なわけだが、「もし自分にそういうことがふりかかったら…」と考えるきっかけにはなる。

 特に最近はコンプライアンスやセクハラ・パワハラには敏感になっており、江上さんの時代のように「部下の女性ほとんどと関係した上司」「宴会で自分のはいていた靴下を入れたビールを飲ませる上司(!)」なぞありえない(大手銀行ってけっこう歪んでる)だろうが…

 特にリストラに関して、自分の評価は他人より高いというが銀行の支店長であっても再就職は厳しい。職があればしがみつき、職を失ったらどんな仕事でもやる覚悟で生きよ、という言葉は身につまされる。

 
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告