中古品
¥ 62
+ ¥ 360 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古商品となりますため、通常使用による若干の使用感はありますが、 良好なコンディションです。丁寧な検品を心がけていますが、書籍の場合は書き込みがある場合もあります。◆簡易クリーニング済。◆ゆうメール配送。◆ビニール防水梱包発送。◆ポスト投函。※万が一検品漏れがございましたらご一報ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

もしも男に言葉があったら 単行本 – 2000/3

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ハードカバー
¥ 2,908 ¥ 2,025
単行本, 2000/3
¥ 62
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

“We have to talk.” For many men, these are the four worst words in the English language, especially when they're uttered by a female partner. But it doesn't have to be that way, argue Samuel Shem and Janet Surrey in their pathbreaking and practical new book. “Male relational dread”—that all-too-familiar reaction set off by women's “relational yearnings”—can be tamed, and in its place can emerge true satisfaction for men and women.To demonstrate how this is done, Shem and Surrey take us behind the scenes of their popular workshops. We hear couples speak intimately about anger, guilt, resentment, shame, and sex. We watch them wrestle collectively with the gender divide in their relationships—the deep disconnects, or “impasses,” that reflect the vastly different developmental paths men and women have traveled. We see couples learn to bridge the poles of dread and yearning, to emerge from isolation into mutuality. We witness their moments of sadness, humor, and, ultimately, discovery.Filled with moving stories of real people struggling with real problems, We Have to Talk shatters the “rules” and offers dramatic proof that men and women are not from different planets after all. It is certain to be seen as the relationship book for the new millennium.
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

女性には、会話を通じていつでも心を通わせていたいという“きずなへの欲求”がある。一方、男性には、女性の欲求が際限のない恐ろしいものに思えてしまう。この“きずなに対する恐怖”のために、男性は女性の欲求に応えるかわりに黙ることを選ぶ。こんなちょっとしたすれ違いが、親しいはずの二人の間を切り裂いていく。最後に「もう二人はわかりあえない」と思う前に、男女のコミュニケーションのスタイルの違いを理解すること。それが二人の関係を取り戻すための第一歩となるはずだ。

商品の説明をすべて表示する