中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

もえちり!(1) (シリウスKC) コミック – 2006/2/23

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社 / 著者からの内容紹介

47人の地方っ娘大集合!
県民性にドキッ! 地方色にドキッ! 特産品にドキッ! ナマリにドキッ! 郷土料理にドキッ! 土着の儀式にドキッ! いまだに続く夜這いにドキッ!
都道府県萌えブームの決定版!
20××年、日本全土は未曾有の天変地異ラッシュ! 沈没する日本? 自衛隊は戦国時代へ? 彼女最終兵器に? 崩壊する街に積まれる死体の山、国民は砂を噛む思いで己の無力を呪った。 そこへ立ち上がるは各都道府県代表の47人の霊能力美少女たち! 彼女たちの力を最大に発揮するべく卑弥呼継承の儀が国をあげて行われる。霊能力の限界を超えた新たな救世主伝説! ……な?んちゃって!


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063730166
  • ISBN-13: 978-4063730166
  • 発売日: 2006/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
とりあえず、どの県出身でも「堂高、お前なぁ…」と思ってしまうのは必至です。

私は千葉出身なのですが単にボコられるだけのキャラになってました。笑

悪意と偏見に満ちた作風は相変わらず。ギャグもアクが強いのでダメな人はダメでしょう。

私は好きなわけですが、「まことに遺憾ながら好き」というべきか…

作者が確信犯だからその内突っこむ気が失せてくるというか…

ただ、堂高氏の漫画は近作であるほど面白くなってきているのは間違いないと思います。

都道府県というネタもあってか、「妹選」に比べると大分分かりやすい作りにはなっていますし、

心なしか、女の子もかわいくなっている気がするようなそうでないような。

あー、何かやっぱり好きですね、この作者。遺憾です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
あの全日本妹選手権の堂高氏の新作です。

正直、11人の妹(弟含むw)さえも全く出張らないキャラを出した氏に

47人は無理だろ、と思ったのですが蓋を開けるとかなりの良作です。

前作のコアすぎるネタ(ほぼ30代以上狙い)の連発も良かったのですが

今作はパロディは比較的抑え目(あくまで前作比)で

一般(の若手オタ)受けも狙える空気となっています。

肝心のキャラの使い方ですが、某ネギのように全員に主役回を作るようなのは無理っぽいから

逆に捨てキャラ、ネタキャラを絞って個々人の単発ネタを連発する形にしたのは個人的に成功だと思います。

無理に47人の人間関係を作ろうとしても月間じゃ正直無理ですしw

ネタ自体もかなり笑える上に、意外にキャラも萌えるのが少数ですがいるのが

妹選に比べて大分進歩した点ではないでしょうか?(オレだけ?)

最後に、自分の県のキャラの扱いがひどいからって怒らないようにw

自分の秋田県が近親相姦ネタにされたのはさすがに泣きましたが(爆)
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 各都道府県に対する偏見に満ちたキャラ付けがいい。

 パロディネタがやや読者をふるいにかけてしまうかもしれないが、元ネタがわからなくても充分楽しめると思う。

 あと作者もわかってやっていると思うが、これは「萌え」じゃないだろ〜。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
これ、帯に「都道府県萌えブームの決定版」なんて描かれてるけど、作者が真に伝えたかったのは、昨今の「萌え」ブームに対する強烈なアンチのメッセージだ。
毎回話の冒頭に担当編集者と作者のやりとりが描かれるが、そこで交わされる内容は「萌えブームに乗じ、いかにして読者を釣る作風で大儲けを企むか」というものばかりだから。
つまり世間にはびこる「萌える〇〇」とか「美少女だらけの〇〇入門」などといった「可愛い女の子(最近は美形の男子も多いが)さえ出しとけばどんな内容のコンテンツでもオタクが金をつぎ込むから安直に稼げるだろう」と考えている今の出版業界を、作者ならではのブラックユーモアで徹底的に皮肉っている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
47都道府県をキャラ化したのは大いに結構。

タイトルに「もえ」が付いているが十分だと思ひます。

しかしネタが勢いだけというように感じたし、また折角のキャラがネタによって殺されているようにも思う。

とりあえず今後に期待。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック