お届け先を選択
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

もういらない 単行本 – 2002/4/8

5つ星のうち4.7 10個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥100

商品の説明

商品説明

   1970年代から常にミュージックシーンに大きな影響を与え続けている吉田拓郎。そんな彼が語り尽くした「激白集」である。

   吉田拓郎はさまざまな物事を、いらない、という。青春、男社会、結婚、会社、オヤジ、ルール…。しかし、すべてを否定するのではない。「古いもの」「旧態依然としているもの」を、いらないというのだ。

   そんな気持ちになったきっかけは何だったのか。50歳の誕生日を迎えるにあたり、これからの自分に思いをめぐらせたこと、そして5年続いた人気番組「LOVE LOVEあいしてる」でのKinKi Kidsとの出会い。彼らを含めた「未来」の人々と共に番組を作っていくうえで、「新しいスイッチが入った」と吉田は言う。

   昔からのファンの中には、彼の音に失望してコンサート会場を後にした人もいるだろう。若い世代は、彼のことを「ミュージシャン」というより「タレント」としてカテゴライズするだろう。本書の最初の部分を、もしかしたら昔とは変わってしまった立ち位置への言い訳と感じる人もいるかもしれない。

   しかし読んでいくうちに、「人間・吉田拓郎」が少しずつ見えてくる。今までのこと、現在のこと、特に家族に対しての思い、これからの自分。そんなことを考えていたら、いらないことがたくさんあった。そして、いらないものを捨てた。そのうえで彼は「でも音楽だけは、いる」という結論に達したのだ。(のだみきこ)

内容(「BOOK」データベースより)

人生の転機は50歳の誕生日だった―。「あの頃の自分」なんて、もういらない。「いまの自分」で正直に生きていけ!拓郎がはじめて語る究極の人生論。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 祥伝社 (2002/4/8)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2002/4/8
  • 単行本 ‏ : ‎ 256ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4396420358
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4396420352
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.7 10個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
10 件のグローバル評価
星5つ
78%
星4つ
13%
星3つ
9%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2002年4月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2015年10月28日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2007年2月8日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2002年5月31日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2002年4月12日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2002年4月12日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する