通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
めだかボックス 5 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ◆Amazon.co.jp専用在庫です。未読本です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

めだかボックス 5 (ジャンプコミックス) コミックス – 2010/7/2

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • めだかボックス 5 (ジャンプコミックス)
  • +
  • めだかボックス 6 (ジャンプコミックス)
  • +
  • めだかボックス 4 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『僕のヒーローアカデミア』特集
“個性"と呼ばれる超常能力を持つ人々が当たり前の世界を舞台に、主人公・緑谷出久がヒーローを目指す物語。2017/3/25アニメ放送開始。 今すぐチェック

商品の説明

怒濤の攻撃を凌ぎ、対宗像戦を有利に進める善吉。 だが、宗像の本領の一撃がついに善吉を捕らえ?、、、。 新たな13人の魔の手が、、、。


登録情報

  • コミック: 193ページ
  • 出版社: 集英社 (2010/7/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088700767
  • ISBN-13: 978-4088700762
  • 発売日: 2010/7/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Bミスラ VINE メンバー 投稿日 2010/7/7
形式: コミック
本巻では新たな設定として、黒神家の過去が語られます。また、それにまつわる新キャラも登場してきます。
ジャンプらしくバトルパートが多めの最近の展開ですが、少し設定の幅を広げる話が混ざってきた形です。
読むとわかりますが、次が気になる形での幕切れですので、9月発売の次巻が期待されますね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
とても面白かったです!!
善吉と宗像の地下2階も良かったし、黒神家の話も驚きでした。

善吉はほんとカッコイイな〜

めだかボックスは個人的にバトルになってからが好きです。

因み、原作者の方のお話はこれ以外見たことないです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
1〜4巻を購入しているので、続けて5巻も購入しました。
感想は・・・おもしろいの一言です。
一時期中途半端なバトル化で心配になりましたが、
最近また面白みが増しています。
これからも成長することを信じています。
おまけのページもおもしろいです。

みなさん!!
めだかボックスにぜひアンケートを!!(笑)
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今巻の個人的一番の見所は真黒と名瀬ちゃんの対決ですかねー。
沽券とノリで衣服を脱ぎあう二人は、なにかすると脱ぎたがるめだかとの血の濃さを感じずにいられません。ていうかこれネタバレ?
この巻の真黒は一番輝いてますが、以降はジャンプの習いに従いその他大勢となっていきますので見所ですよ!

単行本で読み直して思ったんですが、だいぶ週刊漫画的なノリを重視しているな、と。雑誌で読んだ時は「おお!」とサプライズ的な楽しさがあったのですが、単行本で読むときは通しでの仔細な確認作業になる。これ、週刊連載漫画ではよくあることです。
わりと割り切って各週各回ごとの盛り上がり・サプライズ・無理な拡大に次ぐ拡大(笑)をやっているなと思います。
それがそのこと自体でジャンプパロディになってるんだから、どうあれ原作者は性格が悪いですよね(^^;
それでも今回は古賀ちゃんの「普通」が「モルモットは平均値を持ったモルモットがもっとも望ましい」という藤子SFの普通家の人々の話と似たロジックがあって、なるほどさすが考えてるな小説家!て感じでしたよ。まとめて読むと。

それにしてもこれの中心読者というのは、ジャンプの熱いバトルとやらをどこかハナで笑ってるような、とても冷静というか、とても腐ってるというか(^^;、まぁ良くも悪くも王
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告