通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
めだかボックス 10 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

めだかボックス 10 (ジャンプコミックス) コミックス – 2011/5/2

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • めだかボックス 10 (ジャンプコミックス)
  • +
  • めだかボックス 11 (ジャンプコミックス)
  • +
  • めだかボックス 9 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

会計戦、球磨川による分断作戦と、成長を遂げる江迎の過負荷に苦戦する人吉母子。だが善吉が手にした新たな「眼」が江迎を追い詰め、徐々に形勢は有利に。しかし勝機が見えたその時、球磨川が思わぬ行動に…!?


登録情報

  • コミック: 182ページ
  • 出版社: 集英社 (2011/5/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088702247
  • ISBN-13: 978-4088702247
  • 発売日: 2011/5/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
この言葉遊びは神がかってましたね
ああ、球磨川は格好つけていたのか、と思うと妙に納得してしまいました。
安心院さんの才能があるから友達ができて、才能があるから努力ができて、
才能があるから勝利出来るという言葉もなんだか印象深かったり(中二ですねw)
西尾先生と暁月先生にこれからもがんばっていただきたいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今巻の見所は人吉親子vs江迎球磨川コンビ、日乃影vs蛾々丸 そして球磨川の本心です。
特に今回は江迎と球磨川の話が秀逸でした。
マイナスだろうがプラスだろうが人間としての本質、追い求める物は皆同じなのでしょうね。
しかし、蛾々丸戦は江迎との戦いがあまりにも良かったせいか若干拍子抜けでした。
ですが蛾々丸は本当にいいキャラしてますね、トランプとか使いそうだけど(笑)。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
めだかボックス、10巻の大台突入です。
今巻は人吉親子VS江迎&球磨川の会計戦、さらに蛾々丸とあの男の副会長戦。そしてラストの会長戦に繋がる引きで終わりです。

何と言っても今回の見所は会計戦です。
過負荷の江迎に対する善吉の答え。
同じ過負荷の球磨川とは違う普通な男人吉善吉、彼自身の言葉が印象的です。
また、ここでも彼は天然ジゴロ発動です。

続く副会長戦では理性を無くした蛾々丸と学園最大最強のあの男の戦いです。
挑発しているようには思えない球磨川の言葉と、それを受けて激昂する蛾々丸。
理不尽で理解不可能なまさに過負荷なこのやり取り。
この巻の中でもかなりお気に入りのシーンです。
そして不知火の手というか口で新たな力を得たあの男。
能力の異常さも作中最強クラスですが、対する蛾々丸の過負荷もかなりの異質。
漫画が漫画なら蛾々丸は確かにトランプ使いそうですね。
先の会計戦に比べてあっさりめな印象ですが、球磨川の本音が語られる安心院さんとのやり取りを含めて、会長戦に向けて生徒会戦挙編を畳みにかかっていると共に、次なる展開を示唆しています。

毎話毎話の山場と、奇抜でありつつもどこか全うな台詞回しは相変わらずの安定感。<
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
とにかく、表情がコロコロ変わり出した禊が可愛すぎる。

皆さん西尾さんベダ褒めですが暁月さんでないとあの可愛すぎる禊を生み出せなかったと思います。

もちろん西尾さん素晴らしいですけど………

私はそう思ったりです
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
めだかボックス第10巻出ました!(まあこれは当然ですけど)
11巻は確定です。(8月発売予定)

内容は会計戦決着と副会長戦全部そして「本当の球磨川禊」の登場までになってます。

江迎戦は人吉善吉の「新たな能力」と江迎怒江の「変化」により決着を見ます。「普通」だった善吉の(身体能力は異常級ですが)
「能力」付加も見所ですがやはり江迎怒江の「変化」が一番心に残ります。開戦当初から「なんか変わったな」と思って
登場時の巻を引っ張り出したら善吉による変化の瞬間、登場した時の幼女時代と同じセリフを口にするのが「上手いなあ」となにげに思いました。
セリフが同じなのに本人の心理が全く違うのが面白かったです。

そして副会長戦は「知られざる英雄」の日之影空洞VS蝶ヶ崎蛾々丸になります。蝶ヶ崎の謎に包まれた過負荷「不慮の事故」が
「致死武器」以上に「無敵」な能力です。日之影は黒神めだかと同等以上の身体能力に更に新たな「異常性」を身にまとい登場しますが、
蝶ヶ崎の荒唐無稽な能力に苦戦を強いられます。これも最後まで決着が読めませんでしたが「こうきたか」と納得させられる決着です。

最後に江迎の変化をきっかけに一旦戦線から身を引き「ある所」に行ってた球磨川が再登場し
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
生徒会戦挙の会計戦・副会長戦です。
ヤンデレの江迎ちゃんが活躍する美味しい回でもありますが、やはりストーリーの中心は球磨川くんになります。
無敵の気持ち悪さ・最強の終わってる感で他を圧倒していた球磨川くんですが、
江迎ちゃんや人吉先生・安心院さんや善吉に揺さぶられ、球磨川神話が瓦解していきます。隠していた「人がましさ」も剥き出しにされ、無敵のアンチヒーローであったはずの彼が純然と「勝ちたい」と(無茶苦茶な理屈を混ぜながら)決意する。この展開は燃える! ほとんどこの巻、いや球磨川シリーズは彼が主人公と言って間違いないでしょう。
ダークヒーローというのは過去にも多くいましたが、彼はほんとにいいキャラだなぁ。

それにしても西尾維新の台詞回しの上手さには感心します。韻を踏んでリズミカルであるだけでなく、一見ただの駄洒落的なダブルミーニングかと思いきや、その場の台詞としてすごくしっくりきたりする。小説家に言うことではないですが相当の文章フェチズムです。アニメで実際に喋ったりすると、一見くどい言い回しなのにすらすらと頭に入ってくるのは化物語でも証明されてますしね(電○女の台詞回しと比べるとよくわかります)。
と、脱線しました。次回で球磨川編完結!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー