中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

めぐり会い ハードカバー – 2008/5/16

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

不幸な妻が恋をした、デジカメの中の少年。「運命の出会い」が招いた驚くべき結末! ノンストップ・ラブ・サスペンス!

出版社からのコメント

不幸な妻が恋をした、デジカメの中の少年。「運命の出会い」が招いた驚くべき結末! ノンストップ・ラブ・サスペンス! --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 347ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2008/5/16)
  • ISBN-10: 4198625271
  • ISBN-13: 978-4198625276
  • 発売日: 2008/5/16
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,738,532位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
物語の中で起こる事件のからくり以上に、物語の中軸である「めぐり会い」自体が切なく美しいミステリだった。

主人公は10年ほども年下の少年に魅かれてしまうのだが、これをまるでショタコンのように理解してしまってはいけない。
彼女が魅かれたのは、14歳の少年に宿る魂であり、その感性なのだ。魅かれたというのも正しくはない。感性が共鳴してしまったのだ。

ならば、少年の姿などは関係ないのではないかと言われれば、実はその通りなのだ。
彼女は少年の絵を描き、恋に落ちるけれど、実際にはその姿を描きながら、魂を覗き込んでいたのだ。
桜を描いたときに桜に同化したように、少年を描きながら少年の魂に同化していたのだ。

物語に描かれてもいないそんなことを読みながら理解してしまっていた。

感性が共鳴しあったからこその第17章は、「失われた破片」を取り戻した幸福に満ちている。
相手の職業や家柄を計算したのではなく、魂が、感性が共鳴した二人には、それまでに、この物語の中にたくさん描かれてきた「愛」という偽名をかかげる身勝手な独占欲と依存心など、かけらも見当たらない。

そして、読者たる私はと言えば、著者の感性に魅かれ同化していた。
私の方に共鳴してもらえるものが何もないので、こちらの片思いだけれど。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かよぽん 投稿日 2009/1/12
形式: ハードカバー
騙し絵のような作品です。するする読めて、終盤に突然、
これまで見てきたものと全く異なる全体像が鮮やかに浮かんできて
そうか、そうきたのかー!と思わずニヤリとしてしまいました。
ただ、ヒロインが14歳の少年に心奪われる際の形容が、
単に「アブない人」と読者がひいてしまう感じで、共感したり
圧倒的筆力で納得させられてしまうというほどでないところが、残念です。
ラストの邂逅シーンも、二人の会話の口調が何か不自然でリアルさが無く
その違和感と、まとめにかかる強引な印象だけが残ってしまいました。
しかし、よく出来た作品です。オススメします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
 ミステリーとしてだけでなく、文学としてもすばらしい本です。魅力に溢れた、そして切なくもどかしい、登場人物たちの生き様と人間関係にぐいぐい引き込まれ、作品世界にどっぷりと浸りました。

 そして、トリック!絶対に騙されないぞ!と心して読んだのですが、やはり最後には完全に騙されていたことに気付かされました!完敗です。文句なく、面白かった!

 どろどろの心理劇でありながら、あっと驚く結末に、読後感は意外にも、<<<内緒>>>です!! 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
お見合いで、医者と結婚した主人公。旦那には結婚前から付き合いがある女性がいる。
冷え切った結婚生活、そんな耐え難い日々の中、趣味の絵を描きに訪れた先で手違いの末手に入った一枚の少年の写真。なぜか強烈にその少年に惹かれる主人公。
その写真の少年が暗い過去を背負ったもう一人の主人公であるミュージシャン。
この二人が、めぐり合う物語です。
しかし、このめぐり合う過程に情緒がなく、ご都合主義な感じが否めません。
何故、主人公はこのミュージシャンに惹かれるのか、最後まで読んでも全くわからず・・・
恋愛小説としても中途半端、ミステリー(といえるのかどうか?)としても中途半端な感が否めません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック