みんなのいえ スタンダード・エディション [DVD... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、非常に良い状態で、再生に問題がなく大切に扱われている商品です。※破れ・シミはなく良好です。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,814
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ジェネレイト
カートに入れる
¥ 1,814
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: メディアショップ KONOMI 
カートに入れる
¥ 3,900
通常配送無料 詳細
発売元: yumeko書店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

みんなのいえ スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.8 64件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 1,814 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,210 (40%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 1,750より 中古品の出品:10¥ 494より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でみんなのいえを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • みんなのいえ スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥7,284
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 唐沢寿明, 田中邦衛, 八木亜希子, 伊原剛志, 白井晃
  • 監督: 三谷幸喜
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2005/12/23
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 64件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BN9ADY
  • JAN: 4988104033390
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 41,751位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   人気脚本家、三谷幸喜の監督&脚本によるホームコメディ。脚本家の飯島夫妻(田中直樹&八木亜希子)が、新居を建てることになった。ところが和室にこだわる棟梁(田中邦衛)と、モダンな家にしたいインテリアデザイナー(唐沢寿明)は、ことごとく対立。夫妻はオロオロしてしまう…。
   三谷の実体験をもとにしたストーリーを、大きく脚色して映画化。ゆえに新居が建つまでの苦労話が、等身大の物語となって、見る者の心に飛び込んでくる。笑いを意識しすぎて暴走しているシーンもあるが、頑固職人や優柔不断な夫など、単純明快なキャラはわかりやすく、誰もが楽しめる作品といえるだろう。役者では、もち味を活かした唐沢と田中が秀逸。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

「古畑任三郎」や「王様のレストラン」などを手掛ける脚本家・三谷幸喜の監督第2作品目。ある夫婦の新居を巡り、設計を依頼されたインテリアデザイナーと、妻の父である大工の男とが対立し、巻き起こる騒動を描いた作品。唐沢寿明、田中邦衛、田中直樹、八木亜希子ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
住宅建築を学び始めた学生さんにとって、デザイン担当者、大工さん、施主さんそれぞれの思惑が交錯する模様を、コミカルな中にも結構シリアスに描いている良い作品だと思います。住宅建築は、施主というより家族の問題そのものだということが分ります
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
家を建てるにあたっての、登場人物それぞれの思惑の入り乱れと心の交流をコメディタッチで描いた物語である。

登場人物は、主人公夫婦と嫁の父親、嫁の友人のインテリアデザイナー、夫の母親、職人仲間などがいて、それぞれがそれぞれの立場からわがまま放題に「こんな家にしたい」ということを主張する。
そこが話の出発点である。

特にフォーカスされているのは、頑固一徹不器用で昔気質な職人の父親と、外国かぶれで現代的なセンスを持ったデザイナーの友人の関係である。
価値観の衝突から始まって、この二人がぶつかり合いながらもいかに理解し合っていくかが、物語の背骨になっている。

衝突だらけから始まる関係は、タイルの件で少し緩和のきざしがみえる。
そして暴風雨の中でのタンス修理で、新旧のセンスの差はありながらも「物事の本質を見極めていいものを作りたい」という点で価値観が一致し、そこで理解尊敬しあえるような関係に変化するのである。
この二段階で心理的障壁を超えていく脚本は、スピルバーグ的で上手い。

二人はそれぞれの意固地さを反省し、お互いを受け容れる。
ラストの「オレも和室が広すぎたと思った」というオチの言葉は、そういうことだろう。

三谷幸喜監督の映画は、今
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
この映画は、良いものを私は最近見ました。 私の兄弟と私は一緒にそれを見ました。 計画ねじれです。 フィルムのカメラスイッチがあまりにモンタージュです。 私は、主演女優が好きにしてください。 映画の終わりにはまだ私の完全な結末からの長い距離です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: VHS
さすが三谷さんです!おもしろいっ!細かいところまで笑いが散りばめられてます。なんといっても、岩田長一郎(大工の棟梁)を演じる田中邦衛さんがよかった。誰が何と言おうと自分の意志を貫く頑固さ、和室への執着心、足の爪を切る姿…とても笑わされました。個人的には、青沼菊馬役の山寺宏一さんのお芝居もツボでした…。他にも個性あふれる豪華キャストがたくさん出演していて、あっと驚くようなゲストも出ています。

家をテーマとした男同士の熱い闘い、そして友情。必見です!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
軽い喜劇と予想して観たのだが、実際は喜劇仕立てではあるが、現代日本の問題点をしっかり捕らえてそれを、いえを建てることに凝縮しているのがわかる。笑って観た後で、妙にしんみりしたまじめな気持が生じてくるはずだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
あまり期待はしていなかったのですが、全体的にのほほんとしていてとても見やすい映画でした。キャストもよく、ありきたりな内容の中にも深い味わいが感じられさすが三谷さんといった感じでしょうか。ただ少し、無理に笑わそうとしている部分が私にはあいませんでした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
若夫婦がマイホームを建てようと若いインテリデザイナーに設計を、実際の建築を頑固古風な親父に頼むということで両者の主張がかみ合わずイザコザとドタバタが生じて…というコメディタッチに描かれと完全に「ラジオの時間」と同じ、笑いの方向性にベクトルを持って行く予定だったと思います。が、しかし、実際は暖かいホームドラマにおさまっていると感じます。田中邦衛さんの父親の娘夫婦をみる目線の優しさが大きく影響しているからだと思います。特に、大切な大工道具を屋根裏に置いて家の安全を願う父親の気持ちにはグッときます。個人的に三谷さんにはドタバタと狭い舞台(たとえばラジオの時間ではスタジオ、有頂天ホテルならホテル内)を縦横に駆け回る滑稽さが持ち味だと思っているので今作ではその長所を発揮できずじまいだったかなと思います。とはいっても、それでストーリーがつまらなくなっているのではなく、家を建てながら、家族同士のキズナをも結びつけたまさにホームドラマそのものに仕上がっています。また、この映画の元ネタは三谷さん自身の体験のようですので、三谷さんご夫婦の仲の良さも感じ取れるのではないでしょうか。有頂天ホテルなどとはちょっと毛色は違いますがお薦めできる一作です。あと音楽も良いのでサントラも聴いてみてください。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー