通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
みんなで創るミライの学校―21世紀の学びのカタチ がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)【2020/02/07 13:54:58 出品商品】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

みんなで創るミライの学校―21世紀の学びのカタチ (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/11/9

5つ星のうち4.8 6個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/11/9
¥1,760
¥1,760 ¥1,113
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • みんなで創るミライの学校―21世紀の学びのカタチ
  • +
  • こんな学校あったらいいな: 小さな学校の大きな挑戦
総額: ¥3,520
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

小さな学校でこそできる主体的、対話的な学び。
開校から16年。ユネスコスクールに選ばれ、子どもたちが生き生きと学ぶ学校。
市民が創ったオルタナティブスクールとして注目を集める大阪の箕面こどもの森学園。 子どもが学びの主人公になり、「学ぶと生きる」をデザインする学校を、
どのように立ち上げ、どのように創ってきたのかを、
学校の立ち上げから関わったスタッフ4人が書き下ろした。
学校選びに迷う親と、新しい学校づくりを目指す人への究極の参考図書。
―――――――――――
*築地書館のwebページで更に詳しい内容(まえがき・あとがき)をお読みいただけます*
―――――――――――
まえがき

第1章 小さな学校の日々
中学部ができた
保護者の思いが原動力
中学部校舎を建てよう!
コンセプトは「学ぶと生きるをデザインする」
こどもの森の学び方
多様な学習プログラムと学びのしくみ
みんなで考え支え合うクラス集会
子どもたちがつくる修学旅行
コラム1 時間を守る
対話で進める共同プロジェクト
コラム2 子ども主体の会議をスムーズに進める方法
海外での研修旅行
長期プロジェクト
卒業生は今
卒業生の進路
卒業生からのメッセージ

第2章 持続可能な未来のための教育
教育とは何か
善さの教育
学ぶことの意味
こどもの森の教育が目指すもの
こどもの森教育のエッセンス
自分も人も大切にするということ
子どもがハッピーであるためには
シュノーケリングの学びからスキューバダイビングの学びへ
コラム3 実行委員会の仕事
民主的な教育とESD
脱・多数決のススメ
積極的平和のつくり方
コラム4 トラブル解決は棒人間で
ESDとSDGsの実践
コラム5 SDGsとは119

第3章 学び続ける学校
私たちの学校づくり
民主的に生きる市民を育む学校をつくる
NPO法人による学校運営
大人も学んでいる学校
学校を社会に開く
ビジョンミーティングから生まれた四つの森
開かれた学校運営
学びのプラットフォームづくり
生涯学習のための学びの場
生涯学習社会
生涯学習の場もいろいろ
幼児期から始まる生涯学習
対話の文化を広める大人の学び場

第4章 教育が変われば社会が変わる
多様な教育の選択肢を広げよう
目的と過程の取り違え
多様な教育の選択肢が必要な理由
学校を変えるためになすべきこと
教師もハッピーであること
学び続ける共同体のガイドライン

あとがき
資料1 子どもの森教育のエッセンス
資料2 学び続ける共同体の活動指針(ガイドライン)

出版社からのコメント

2004年4月、大阪箕面市で、民家を借りた小さな学校がスタートして、16年目。
全国から視察者を引きつけるのはなぜなのか。
常勤のスタッフ4名が、これからの日本の学校の一つのあるべき姿を書き下ろしました。
変化の早い社会の中で、知識に加え、
学ぶことの楽しさを身に付けさせるための学校のあり方とは何かが、明かされます。
根本的なところから考えられた、学校及び学校に関わる共同体の活動指針を巻末に収載しました。
学校のことで悩む自分のこどもや孫を通わせたくなる学校を、
自分たちで作った人びとの、具体的に行動する勇気をもらえる物語をお楽しみください。

内容(「BOOK」データベースより)

小さな学校でこそできる主体的、対話的な深い学び。開校から16年。ユネスコスクールに選ばれ、子どもたちが生き生きと学ぶ学校。市民が創ったオルタナティブ・スクールとして注目を集める大阪の箕面こどもの森学園。子どもが学びの主人公になり、「学ぶと生きる」をデザインする学校を、どのように立ち上げ、どのように創ってきたのかを、学校の立ち上げから関わったスタッフ4人が書き下ろした。学校選びに迷う親と、新しい学校づくりを目指す人への究極の参考図書。

著者について

辻正矩(つじ・まさのり)
大学で建築学を学び、卒業後、建築設計事務所に勤務。
その後、大阪大学、名古屋工業大学、大阪工業大学などで建築計画と建築設計を教える。
大学生の学習意欲のなさから日本の公教育のあり方に疑問を持つ。
フリースクールの存在を知り、日本や海外のフリースクールを多数視察する。
1999年に「大阪に新しい学校を創る会」を立ち上げる。
2004年、箕面市にNPO法人立「わくわく子ども学校」が開校、校長になる。
2009年、「箕面こどもの森学園」学園長になる。
認定NPO法人コクレオの森代表理事。学校法人きのくに子どもの村学園理事。
共著に『こんな学校あったらいいな 小さな学校の大きな挑戦』築地書館(2013年)。

藤田美保(ふじた・みほ)
小学生のとき、『窓ぎわのトットちゃん』を読み、自由な学校に憧れる。
その後、小学校教諭を経て大学院に進学し、市民による学校づくりを目指す。
2004年に「わくわく子ども学校」(現・箕面こどもの森学園)常勤スタッフとなり、
2009年から箕面こどもの森学園校長。
共著に『こんな学校あったらいいな 小さな学校の大きな挑戦』築地書館(2013年)、
『気候変動の時代を生きる 持続可能な未来へ導く教育フロンティア』山川出版社(2019年)。

守安あゆみ(もりやす・あゆみ)
ニイルの自由教育を学んだ両親のもとで育ち、大学で教員課程を学んだが、
学校教育に疑問をもち教師にならず、一般企業へ就職。
子どもが「わくわく子ども学校」に入学すると同時に自身もスタッフとして参加。
2012年に常勤スタッフになる。
認定NPO法人コクレオの森副代表理事。現在、認定子育てHATマイスター、
メンタルファウンデーション認定コーチとして、子育て支援活動やコミュニケーション講座の活動もしている。
共著:『こんな学校あったらいいな 小さな学校の大きな挑戦』築地書館(2013年)。

佐野純(さの・じゅん)
私立の中高一貫の進学校で偏差値による序列ができるのを経験し、そこに課題意識を持つ。
教育に携わろうと学習塾を運営する企業に就職し一斉指導の講師を勤めるが、違和感を覚えて退職。
その後『学び合い』を実践する学習塾に出合い、教室責任者として活動しながら、
対話の場や子育て支援の講座などを企画・運営。
その頃に多様な教育を推進する活動の中で箕面こどもの森学園に出合う。
非常勤スタッフとなり、中学部開設準備会メンバーに。
2015年、中学部開設時に常勤スタッフになる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

辻/正矩
大学で建築学を学び、卒業後、建築設計事務所に勤務。その後、大阪大学、名古屋工業大学、大阪工業大学などで建築計画と建築設計を教える。大学生の学習意欲のなさから日本の公教育のあり方に疑問を持つ。フリースクールの存在を知り、日本や海外のフリースクールを多数視察する。1999年に「大阪に新しい学校を創る会」を立ち上げる。2004年、箕面市にNPO法人立「わくわく子ども学校」が開校、校長になる。2009年、「箕面こどもの森学園」学園長になる。認定NPO法人コクレオの森代表理事。学校法人きのくに子どもの村学園理事

藤田/美保
小学校教諭を経て大学院に進学し、市民による学校づくりを目指す。2004年に「わくわく子ども学校」(現・箕面こどもの森学園)常勤スタッフとなり、2009年から箕面こどもの森学園校長

守安/あゆみ
大学で教員課程を学んだが、学校教育に疑問をもち教師にならず、一般企業へ就職。子どもが「わくわく子ども学校」に入学すると同時に自身もスタッフとして参加。2012年に常勤スタッフになる。認定NPO法人コクレオの森副代表理事。現在、認定子育てHATマイスター、メンタルファウンデーション認定コーチとして、子育て支援活動やコミュニケーション講座の活動もしている

佐野/純
教育に携わろうと学習塾を運営する企業に就職し一斉指導の講師を勤めるが、違和感を覚えて退職。その後『学び合い』を実践する学習塾に出合い、教室責任者として活動しながら、対話の場や子育て支援の講座などを企画・運営。その頃に多様な教育を推進する活動の中で箕面こどもの森学園に出合う。非常勤スタッフとなり、中学部開設準備会メンバーに。2015年、中学部開設時に常勤スタッフになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 184ページ
  • 出版社: 築地書館 (2019/11/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806715913
  • ISBN-13: 978-4806715917
  • 発売日: 2019/11/9
  • 梱包サイズ: 18.5 x 12.7 x 1.8 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.7 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 40,389位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
評価の数 6
星5つ
78%
星4つ
22%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件のカスタマーレビュー

2019年11月18日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年12月9日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年12月6日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年11月16日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年12月28日