¥ 1,404
通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
みんな「夫婦」で病んでいる がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

みんな「夫婦」で病んでいる 単行本(ソフトカバー) – 2015/11/28

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,181

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • みんな「夫婦」で病んでいる
  • +
  • 夫婦という病:夫を愛せない妻たち
  • +
  • 夫に死んでほしい妻たち (朝日新書)
総額: ¥3,758
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

一緒にいるのがつらい「エイリアン夫」 「モンスター妻」。最も近い人間関係の苦しみが楽になる方法を 心の専門家が提起!

夫が 妻が理解できない。一番近いのに 一番わからない--モラハラ DV 仮面夫婦にセックスレスなど 「夫婦」が最大のストレスになっているケースが非常に多いのが現代社会。一緒にいるのがつらい。でも やっぱり別れたくない! そんな矛盾を抱えながら 「夫婦」として幸せになりたいと願う すべての夫 妻たちへ 心の専門家が解決法を提示します。生まれ育ちの差 性別の差 性格の差を越えて 良好な夫婦関係を続けるのは難しくてあたりまえ。さらに結婚式から新婚旅行 子どもの誕生や義理の家族との付き合いが発生するなどのライフステージの変化で 夫や妻の役割は荒波のように変化し うまく行かなくなるきっかけが次々とやってきます。そんな中で 夫婦はお互いをどう理解すればいいのか。どう気持ちを整理すればいいのか? そのための糸口を それぞれのケースで解説。気持ちが楽になる 心が整理されるヒントが見つかる。

内容(「BOOK」データベースより)

いつもいっしょにいるからいつも苦しい。一番近いのに、一番わからない。「夫婦」という密室で、心が病んでいくのを防ぐ方法とは?気持ちを切り替えて心の重苦しさを一掃する、心理学の知恵!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2015/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4074017407
  • ISBN-13: 978-4074017409
  • 発売日: 2015/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 197,198位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
夫婦本は今まで結構たくさん読みました。
でも、どこか他人事のような内容のものが多くて、読んだ後、
私の感じてる「鬱憤」は誰にもわかってもらえないのかな、と
落ち込んでしまったり。どうせ、著者の先生は、幸せな夫婦生活
なんでしょ、って毒づいてしまったり。

でもこの本は違いました。きっと著者の方が、本当に
たくさんの相方の人間性に強いストレスを感じている人の
悩み、長い話を聞いて、相談にのってきたんだろうなと。
書いてあることが心にストンと落ちるんです。

「家」っていう狭い世界で顔をつきあわせてる夫婦関係が
最大のストレス、建もがそうだと思う。相手を変えることは
ほぼ不可能、でもこの本に書いてあることを知ってるか知らないかで
日々の気持ちの持ちようが全然違ってくるはず。

久しぶりの良書でした!
1 コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 non トップ1000レビュアー 投稿日 2016/1/4
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルにあるように『病んでいる』という表現が適切だとは思わないのだけれど、最大のストレスであることは同感。何年も何年も赤の他人と一緒に暮らし、子どもを産み育て、同志と思っているのだけれど、いつもいつも分かり合える時ばかりではない。分かり合えない時の方が多い。時には支えあい、癒しになることもあるのは事実。だからやっていけるのかもしれない。重苦しさを我慢せずに過ごせるような関係になることが楽になる秘訣。わかっていてもどうすればいいのか。ずっとずっと続きます。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告