通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
みみずくは黄昏に飛びたつ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 目立って悪い所は無くページ内は紙質も良く綺麗な状態です。 24時間以内に迅速に発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

みみずくは黄昏に飛びたつ 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/27

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 800 ¥ 1,300

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • みみずくは黄昏に飛びたつ
  • +
  • 村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

ただのインタビューではあらない。『騎士団長殺し』の誕生秘話、創作の極意、少年期の記憶、フェミニズム的疑問、名声と日常、 そして死後のこと……。誰もが知りたくて訊けなかったことを、誰よりも鮮烈な言葉で引き出した貴重な記録。11時間、25万字 におよぶ、「作家✕作家」の金字塔的インタビュー。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 352ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103534346
  • ISBN-13: 978-4103534341
  • 発売日: 2017/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 村上の今までの多くの作品、特に直近の「騎士団長殺し」を読み終わった読者だけが楽しめるネタばらし必至本。「イデア」という概念について、川上未映子はプラトンの著作をさらっと勉強してこの対談に臨んだらしい・・・・で、開けてビックリ、当の村上本人は、プラトンなんてほとんど読んだことがなかったらしく、そういうことまで、本人がばらしてしまって。川上はあきれるやら、がっかりするやら・・・

 それにしても村上は昔の作品のことは、登場人物の名前どころか、大まかな内容までも忘れている部分がそこそこあったりするけど、そういうことがポロポロと出てきて、まあ、この対談を読んでいる側からすれば相当面白かった。
 本書は、「職業としての小説家」リリース直後に行われた1回の対談と、「騎士団長殺し」完成直後になされた2017年1月から2月にかけて行われた3回にわたる対談から構成されている。
 
 それにしても、川上未映子のデビュー当時から、その作品、言動等々を読んだり、見聞きしてきた者からすれば、このひと、実に大きく成長したな!って正直感じた次第。相当鋭い質問&発言を村上に対してしているし、その受け答えも実にはっきりとしている。
 もっとも村上は最後にどういう心づもりか知らないけれど、「僕よりうまく書けるやつは少ない!」って言いきってるけどね‥‥自信のあらわれか、年をとってきたせいか…まあ、善意に解釈しておくべきなんだろうな、ここは。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
村上春樹という人の、仕事に対するスタンスがありありと浮かび上がった良いインタビューになっていた。
物語という人智を超えた大きなうねりを、自身を通して発信する。
そのためにはじっと向き合うこと、信じること、捉えたら話さないこと。
みみずくは黄昏に飛びたつ。きっと。
だから僕も、飛びたつまでじっと待ち続けるんだ。
仕事に対するスタンスを再確認することができる一冊だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ファン代表として川上未映子が村上春樹に徹底的に迫ります。もちろん、「ファン代表」といっても、川上は「食べ物は何が好きですか?」とか、「奥さんとのなれそめは?」などのゴシップ的(ある意味での)質問は一切なく、創作について、小説を書くことについてのみを追及します。

村上春樹の「のけぞり」が目に浮かぶほどに川上の切込みは強烈で、とくに村上作品における女性の取り扱い方(僕も「騎士団長殺し」ではさすがにげんなりした)に関するつっこみは鋭く、読み応えがありました。村上春樹も彼女の迫力と誠実さ(村上春樹から少しでも学んでやろう!という強い思い)に押されたか、かなり正直に話しているように思えます。ときとして迂闊にさえ見えるくらいに。もちろん、「つい口が滑った」ようなことも含めて、村上自身がOKして出版しているわけだから、われわれは、そーゆー「ライブ感」みたいなものを劇的に演出している編集の力に感嘆すべきなんでしょうけど。

しかし、この本、誰が読むのでしょうね? 村上春樹ファンや研修者には価値があるんだろうけど、本格的な創作行為をしたことのない人にとっては、ほとんど「なにこれ?」って感じじゃないでしょうか? 逆にいえば、創作に関する仕事にかかわっている人にとっては、村上春樹が好きであれ、嫌いであれ、読むに値する本だと思います。少なくとも読むと元気になる。「
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
古典的な作家は いつも生と死の不鮮明な危うい領域に 居心地悪そうに生息している、というイメージですが、村上春樹さまの場合は 作品のトーンは 日常の顔をしていても 魑魅魍魎の潜む異界のような 測りがたさがあって闇の深さも 計り知れない感じですが ご本人さまは 穏やかな春の日差しの中の 静かな湖面を思わせる 不思議な方だなあと思います。
1日、原稿用紙10枚分、書けばいいのですよ、と、村上春樹さまは さらりとおっしゃいますが、しかし、普通の人間には それを日常的に 淡々と続けて行くことは 本当に至難なことなので、40年間の作家としての 日々の鍛錬の賜物だと感嘆いたします。
すべてが言葉から始まり 何より そうして構築した言葉による創作した世界の存在を信頼していらっしゃり、作家という生き方を 楽しみながら 全面的に肯定していらっしゃるのは すごいことだと思います。
村上春樹さまの小説を読むと 日常的 心理的平衡状態を 揺るがせられるような思いがしますが、それが、ある者には心地よい揺らぎとなり、またある者には 忘れていた心の闇を目覚めさせられるような不安を感じさせるのかもしれません。そして巫女さまのような村上春樹さまのお話に 引き込まれて一緒に地下にダイビングしていこうとする者には めくるめく大冒険になり、初めから眉に唾をつけて騙されまいとする者には 結界のよ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告