通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
みなみけ(10) (ヤンマガKCスペシャル) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

みなみけ(10) (ヤンマガKCスペシャル) コミック – 2012/10/5

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • みなみけ(10) (ヤンマガKCスペシャル)
  • +
  • みなみけ(11) (ヤンマガKCスペシャル)
  • +
  • みなみけ(12) (ヤンマガKCスペシャル)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

南さんちの3姉妹、その平凡な日常をまったりと。
ハルカ、カナ、チアキ、南家(みなみけ)の3姉妹が贈るワンダフルまったりショートストーリー。他愛もない日常の事件が、時に大きく、いつもは小さく発展していくサマをお楽しみください。

お待たせしました。約11ヵ月ぶりの新刊です。相変わらずゆるゆるな3姉妹の日常をお楽しみください。DVD付き初回限定版も同時発売。


登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/10/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063822257
  • ISBN-13: 978-4063822250
  • 発売日: 2012/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 タブロン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/10/13
形式: コミック Amazonで購入
また絵のタッチが微妙に変わってきており、更に可愛くなっているように感じました。
特にマコちゃんが可愛くなりすぎてる気がしました。

絵が綺麗なことはもちろんのこと、ストーリーもよく考え込まれており、全てが面白かったです。
内容はあえて何もいいません。今号も100点満点です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西京BOY 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2012/10/5
形式: コミック
桜場コハル「みなみけ」10巻。

今回も順当に面白い。順当に面白い、だけで全部を済ましたいくらい安定した出来になっているのだが
そんな中でも特に目立つのはキャラの可愛さ、あいらしさが以前よりもパワーアップしてきた
ネタ偏重の傾向も以前には垣間見れたが
今巻ではキャラの可愛さだったり魅力を前面に出してる印象が多く
その意味では作中のテイストも微妙に変わり始めているのかもしれない。

だからといって、過剰に可愛さを強調するほどネタを放棄している訳ではなく、ゆるゆる日常コメディとしての面白さは健在
今回も今回でかゆい所に手が届くような独特のネタのオンパレードであることは間違いない。
そんないつも通りのテイストの上に
きっちりキャラを可愛いと思える隙間もご用意、という事で
割と良い塩梅の新刊にはなったんじゃないか、と。単なるお姉さんキャラだったハルカも
今ではちょっとわがままも言ったり、天然な一面も垣間見せたりと表情豊かなキャラになってきたなあ、と。
その分カナが若干おとなしくなってる印象も受けるけど、これはこれで可愛くもあるので。
逆に初期も現在も変わらぬ性格の千秋はやはりこの漫画の揺るがないシンボルだとも思える。
そんなキャラク
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
カナが記憶喪失になって、チアキの妹になる話がよかったです。

10巻は、お互いにみんな、これまでよりもっと何となく優しく描けてる気がします。
例えばチアキが帰ってきて、記憶喪失になったカナが何も言えないでいると、
まだそうと知らないチアキは、「お帰りなさいを言ってくれなとさびしいじゃないか」と言います。
なるほど、いつも馬鹿野郎よばわりしてても、お帰りを言ってもらったら嬉しかったんだね。

ホサカvsマキの場面も、これまでは必ずマキの「キモチ悪い!」で落ちてたわけですが、
今回は少しだけ人と人らしい会話になってました。
もちろん基調は「キモチ悪い!」に違いないんですけど。

ということで、うん、いつも通りの平凡なお話ですが、なんかいいですね ^^
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 ――確かにこの感想だと、子供っぽ過ぎるかも。

 「みなみけ」10巻、今巻でもいつものノリは健在です。若干描き方に変化っぽいものが窺えたのが、読んでいて印象に残りました。コマの大きさにとらわれないコマぶち抜きの人物の全身絵などが、それですね。こういうのも面白いと、個人的には思います。 
 保坂のアレっぷりが安定として見え、マコちゃんの無知っぷりが安定として見え、カナのフリーダムっぷりが安定として見える――。これが、「キャラが立っている」ということでしょうか。みんな、実にいきいきとしております。でもたまにはおじさんにも、おみやげを持ってくること以外でも出番をあげてやってくださーい。
 チアキが鋭いようでボケていて、ハルカがしっかりしているようで子供っぽい。こうした描写のしっかりとしているところが、この作品の見所の1つのように思えます。前巻からほぼ1年ぶりに出た11巻、12巻は出来るだけ早めに頼みたいです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ずっと買い続けていたので惰性で買いましたが、あまり新作のインパクトは感じませんでした。
もうちょっと色々なペアリングの話が見れたら面白いのになあと思います。
なので☆4つです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
気まぐれながらも苦手なピーマンを食べてみた千秋を見て、涙を浮かべつつえらいねえと褒める夏奈がとてもいいなぁと思いました。普段は馬鹿野郎な言動ばかりだけど、なんだかんだでお姉ちゃんなんだなぁ、と。

姉と妹の関係を別の角度で描いた第196話「ただいま」もおもしろいです。千秋が最後に流した涙は果たして本当に「さよならクラウディア」だけなのか、それとも「おかえりカナ」も含まれているのか。きっとその両方なのでしょうね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック