Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,798
(税込)
ポイント : 17pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[森絵都]のみかづき (集英社文芸単行本)
Kindle App Ad

みかづき (集英社文芸単行本) Kindle版

5つ星のうち 4.5 63件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,798
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,998 ¥ 1,146

商品の説明

メディア掲載レビューほか

熱い教育論が飛び交う、戦後史にして大河ロマン

日本における学習塾の変遷、その塾の経営者三代の奮闘、女系家族の確執、理想の教育……本書は実に重奏的なテーマを含んでいるが、全ての主音が合わさり見事なメロディとなって奏でられる。スケールの大きな小説だ。

昭和三十六年。教員免許はないが、抜群の教える「才」を持つ大島吾郎は、小学校の用務員室で生徒の補習を行っていた。ある日生徒の蕗子の母・赤坂千明から自分の立ち上げる学習塾へ来て欲しい、と頼まれる。

千葉の一軒家を借りて始めた塾経営は、半年ほどで波に乗り始める。一方、新聞では「塾は受験競争を煽る受験屋だ」「塾は実のない教育界の徒花だ」というコラムが掲載されていた。

千明が公教育を嫌う理由は、国民学校で国への忠誠心を植え付けられた六年間を忘れられずにいたからである。教育とは、国の根幹であり、人を作ることに直結する。戦後その教えが一変したことで、千明は学校教育以外の教育を模索し、塾の経営に海路を見いだす。

こうして吾郎と千明は学習塾という小さな舟で教育界という大海にこぎ出したが、吾郎はあくまで補習、千明は進学と目的地がはっきりとしている。ならば二人のどちらかが舟を降りなければならない。

結婚した二人の元、育った長女蕗子、吾郎と千明の間に生まれた次女蘭、三女菜々美は両親の影響を受け、自分なりの教育論を築いていた。母への反発から家を出た蕗子は「理想の教育」について母に問う。

「理想理想ってお母さんは言うけど、本当にそんなものがあるんですか。あるとしたら、どこに?」

理想の教育は母の幻想だと蕗子は切り捨てる。時代と共に補習塾から進学塾へと舵を切っていくが、これは公教育に従った結果だ。受験戦争が過熱する中、公教育を否定しながら、塾はその跡を追うしかなくなっていく。理想の教育を見失ったまま――。

団塊のジュニア世代で小中学校と公教育を受け、塾には行ったことがないわたしが本書を読んで羨ましい、と思う場面がいくつかあった。それは学校の授業について行けない生徒が、学ぶことで理解する喜びを表わすところだ。この喜びを知るか知らないかによって、この先の学ぶ力は随分変わっていくだろう。

教育とは、教え育てることでその人に内在する資質や能力を発展させ、もっと学びたい欲求を生み出していく。そんな無限ループによって結果的に自分を高めていくことだと思う。

学ぶ喜び、そして導く喜びが本書の中でキラキラと光っていた。

評者:中江 有里

(週刊文春 2016.11.07掲載)

内容紹介

昭和36年。小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になった吾郎。ベビーブームと経済成長を背景に、塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲い――。山あり谷あり涙あり。昭和~平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動巨編!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 664 KB
  • 出版社: 集英社 (2016/9/10)
  • 販売: 株式会社 集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01NAAVKBI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,182位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 自宅の一室から始まり、やがて、千葉県を代表するようになったある塾とある家族、ある男女の五十年。昭和で言えば三十年代半ばから、平成で言えば二十年代半ばまで。塾も変われば、家族も変わる、男女も変わり続ける、たった一つのことさえ変えなければ。

 そう言えば、ぼくんちも塾でした。昭和四十年代、親父は本業だけでは五人の子どもを育てられないと思ったのか、個人塾を職住隣接の家屋で始め、当初は数十人を集めていました。おかげで、ぼくらは皆、大学に行くことができました。大手でなくても、まだ子どもたちが集まった時代です。

 その十年後、ぼくの大学時代、塾を開こうと新聞にチラシを入れてみたものの、生徒はたったひとり。もはや、個人塾の時代は終わっていたのでしょう。ぼくは、家庭教師を何軒か掛け持ちしながら、大学生活をやりくりしました。

 小説の塾家族たちが、ぼくや親父と大きく違うのは、子育て費用や生活費をどうにかしたいということ以前に、子どもたちに教える、いや、子どもたちを成長させる、成長する子どもたちをサポートすることに並々ならぬ情熱と労力をつぎ込み、並々ならぬ苦悩と喜びを味わっている点です。

 反省させられました。けれども、巻末のあたりの物語には、希望を与えられました。時代が近いせいもあるかも知れませんが。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
実際の教育・学習塾業界の現実歴史にもリンクさせつついろんな展開を見せつつおもしろいフィクションになっていると思います
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazonのお客様 投稿日 2017/1/31
形式: Kindle版 Amazonで購入
20世紀から21世紀、教育の在り方が変わったのかがテーマ。
教育の重要性は全く変わっていないし、子どもも変わっていない。
変わったのは大人だと感じた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
架空の塾ではあるが、実在の土佐塾や東進などの名前が出て来て、リアリティが感じられる。文科省の教育政策の変遷と、塾業界の歴史が主人公を中心に描かれている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
別に哀しい話じゃないのに、読み進めると、なぜか涙がとまらない。親子と血のつながりについて、そして子どもの成長について、深く考えさせられる一冊。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本から見えてくる教育観は深くて考えさせられます。戦後から現代までの日本における教育の在り方を3世代の登場人物の視点から読み解いていく物語は、これまでにないスタイルで読み応えがあります。青春小説の傑作『DIVE!!』の著者の新境地に拍手をおくります。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
テレビで紹介されて、すぐに購入しました 表紙を開いてから ほぼ一気にラストまで読んでしまった感じです
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
知人に勧められてアマゾンで購入しました。絵本かと思っていたら、分厚くて長くてびっくり。読み始めたらどんどん読める。主人公一家の一員になった気持ちで読み終えた時、タイトルの意味がこころにぐっと来ました。本当に面白かったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
中学校教諭経験者かつ現在は自宅で夫の塾を手伝っている私にとって身近な題材であり、昭和からの教育会の変遷はリアルタイムで経験してきたものです。これに関しての作者の調査研究はどれだけの量だったのだろうと、呆然とするばかりです。そしてそれを背景として、ある家族が描かれていくのです。
特に後半が涙とともにテンポよく読めた気がします。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
いあやー面白かったです。久しぶりに速いテンポで読めました。ほかの方から「面白い」「一気に読んだ」と感想がありましたが、ほんとうにスピード感もあり、親子三代の塾物語ですが、傑作です。森さん児童文学出身だそうですが、これほど面白く展開できる能力は素晴らしい作家ですね。感心しました。
大島吾郎の良い点、悪い点、昔の人はこういうだらしない人がいました。じっくり学習意欲を増す技術は素晴らしい方です。赤坂千明(大島千明)のカミソリのような強引なヒステリックな性格。頭の良い女性にありがちです。3人の子供たち、そして孫たちも大なり、小なり、教育にかかわる展開も自然な感じでした。
私も中学生時代の英数塾で進路が変わり、指導いただいていた先生の私立高校へ進学しました。キリスト教の自由な雰囲気が人格形成に影響していると思います。私も母と親戚のおじさんたちが教師であり、日教組のメンバーだったので「学力テスト反対」運動を覚えています。
60代になり、目が悪くなり、読書がつらくなりましたが、こういう傑作をかける方がいるということは頼もしい感じがしました。
きっと映画かテレビドラマになるのでしょうね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover