¥ 1,998
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
みかづき がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

みかづき 単行本 – 2016/9/5

5つ星のうち 4.6 59件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,998
¥ 1,998 ¥ 1,546

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • みかづき
  • +
  • 蜜蜂と遠雷
  • +
  • ツバキ文具店
総額: ¥5,454
ポイントの合計: 165pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

熱い教育論が飛び交う、戦後史にして大河ロマン

日本における学習塾の変遷、その塾の経営者三代の奮闘、女系家族の確執、理想の教育……本書は実に重奏的なテーマを含んでいるが、全ての主音が合わさり見事なメロディとなって奏でられる。スケールの大きな小説だ。

昭和三十六年。教員免許はないが、抜群の教える「才」を持つ大島吾郎は、小学校の用務員室で生徒の補習を行っていた。ある日生徒の蕗子の母・赤坂千明から自分の立ち上げる学習塾へ来て欲しい、と頼まれる。

千葉の一軒家を借りて始めた塾経営は、半年ほどで波に乗り始める。一方、新聞では「塾は受験競争を煽る受験屋だ」「塾は実のない教育界の徒花だ」というコラムが掲載されていた。

千明が公教育を嫌う理由は、国民学校で国への忠誠心を植え付けられた六年間を忘れられずにいたからである。教育とは、国の根幹であり、人を作ることに直結する。戦後その教えが一変したことで、千明は学校教育以外の教育を模索し、塾の経営に海路を見いだす。

こうして吾郎と千明は学習塾という小さな舟で教育界という大海にこぎ出したが、吾郎はあくまで補習、千明は進学と目的地がはっきりとしている。ならば二人のどちらかが舟を降りなければならない。

結婚した二人の元、育った長女蕗子、吾郎と千明の間に生まれた次女蘭、三女菜々美は両親の影響を受け、自分なりの教育論を築いていた。母への反発から家を出た蕗子は「理想の教育」について母に問う。

「理想理想ってお母さんは言うけど、本当にそんなものがあるんですか。あるとしたら、どこに?」

理想の教育は母の幻想だと蕗子は切り捨てる。時代と共に補習塾から進学塾へと舵を切っていくが、これは公教育に従った結果だ。受験戦争が過熱する中、公教育を否定しながら、塾はその跡を追うしかなくなっていく。理想の教育を見失ったまま――。

団塊のジュニア世代で小中学校と公教育を受け、塾には行ったことがないわたしが本書を読んで羨ましい、と思う場面がいくつかあった。それは学校の授業について行けない生徒が、学ぶことで理解する喜びを表わすところだ。この喜びを知るか知らないかによって、この先の学ぶ力は随分変わっていくだろう。

教育とは、教え育てることでその人に内在する資質や能力を発展させ、もっと学びたい欲求を生み出していく。そんな無限ループによって結果的に自分を高めていくことだと思う。

学ぶ喜び、そして導く喜びが本書の中でキラキラと光っていた。

評者:中江 有里

(週刊文春 2016.11.07掲載)

内容紹介

【祝】2017年本屋大賞第2位!!
【祝】王様のブランチ ブックアワード2016大賞受賞!!

「私、学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです」
昭和36年。人生を教えることに捧げた、塾教師たちの物語が始まる。
胸を打つ確かな感動。著者5年ぶり、渾身の大長編。

小学校用務員の大島吾郎は、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。
女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し、家族になった吾郎。ベビーブームと経済成長を背景に、
塾も順調に成長してゆくが、予期せぬ波瀾がふたりを襲い――。

阿川佐和子氏「唸る。目を閉じる。そういえば、あの時代の日本人は、本当に一途だった」
北上次郎氏「圧倒された。この小説にはすべてがある」(「青春と読書」2016年9月号より)
中江有里氏「月の光に浮かび上がる理想と現実。真の教育を巡る人間模様に魅せられた」

驚嘆&絶賛の声、続々! 昭和~平成の塾業界を舞台に、三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動巨編。

【著者プロフィール】
森 絵都(もり・えと)
1968年東京都生まれ。早稲田大学卒。90年『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。
95年『宇宙のみなしご』で第33回野間児童文芸新人賞と第42回産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を、
98年『つきのふね』で第36回野間児童文芸賞を、99年『カラフル』で第四六回産経児童出版文化賞を、
2003年『DIVE!!』で第52回小学館児童出版文化賞を受賞するなど、児童文学の世界で高く評価されたのち、
06年『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞を受賞した。『永遠の出口』『ラン』『この女』
『漁師の愛人』『クラスメイツ』など、著書多数。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 472ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/9/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408771005X
  • ISBN-13: 978-4087710052
  • 発売日: 2016/9/5
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 3.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 609位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
実際の教育・学習塾業界の現実歴史にもリンクさせつついろんな展開を見せつつおもしろいフィクションになっていると思います
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
テレビで紹介されて、すぐに購入しました 表紙を開いてから ほぼ一気にラストまで読んでしまった感じです
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
別に哀しい話じゃないのに、読み進めると、なぜか涙がとまらない。親子と血のつながりについて、そして子どもの成長について、深く考えさせられる一冊。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本から見えてくる教育観は深くて考えさせられます。戦後から現代までの日本における教育の在り方を3世代の登場人物の視点から読み解いていく物語は、これまでにないスタイルで読み応えがあります。青春小説の傑作『DIVE!!』の著者の新境地に拍手をおくります。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
中学校教諭経験者かつ現在は自宅で夫の塾を手伝っている私にとって身近な題材であり、昭和からの教育会の変遷はリアルタイムで経験してきたものです。これに関しての作者の調査研究はどれだけの量だったのだろうと、呆然とするばかりです。そしてそれを背景として、ある家族が描かれていくのです。
特に後半が涙とともにテンポよく読めた気がします。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 新聞の書評に惹かれてこの本を読んだ。一家族の三代にわたっての生き様が教育塾を背景にして描かれており、著者の初等・中等教育に対する思いの丈に圧倒されて一気に読んだ。

 物語の始まりは昭和三十六年の習志野市の小学校の用務員室である。用務員として働く傍ら子供たちに勉強を教えている大島吾郎を主人公としているが、途中からは、吾郎の指導力に惹かれて結婚をした千明を中心とした、教育塾の拡大物語として語られていく。千明が教育塾を補修塾から進学中心の塾に方針を変えて世の親の歓心を得ながら大きくしていくほどに、吾郎の教育思想とは相容れない結果となり、二人は別離の道をたどるのだった。

 著者は、子供の学習力を引き出すに天才的な能力を持つ温厚な人柄の吾郎と、文部省の指導要領に激しく反発しながら教育塾を発展させていく向上心の強い千明、という二人を対照的に描きながら、彼らの子供や孫世代にも教育に係らせるという描き方で、日本の教育はどうあるべきかに迫っていく。

 私が好きな場面は後半にある。吾郎と千明の孫である一郎が塾というよりは寺子屋のような形で子供たちに勉強を教え始める場面に、人間の在り方と教育方法の原点を見る思いがした。それを応援する福祉事務所や、千明が大きくした塾を引き継いだ塾長達の一郎への思い切りのよい支援に、快哉し、人の情けの深さに
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
知人に勧められてアマゾンで購入しました。絵本かと思っていたら、分厚くて長くてびっくり。読み始めたらどんどん読める。主人公一家の一員になった気持ちで読み終えた時、タイトルの意味がこころにぐっと来ました。本当に面白かったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
個人塾から中堅・大手塾に成長する塾創業一族の、昭和から平成を駆け抜ける一大教育サーガ。連作短編集の趣で、主役が代替わりしながら、運命をつづら折りに繰り返していく。大河ドラマ的かつ朝の連ドラ的な壮大な展開であり、何十年にもおよぶ「塾」vs「文部省」の因縁の対決ストーリーでもある。
各時代の教育問題をリアルに再現し、一族が運命を繰り返してく緻密で大胆なストーリー展開はもちろんなんですが、やっぱり本書の最大の長所は、これ以上ないほどに洗練された現代小説随一ともいえる「お涙頂戴」な展開と演出(良い意味で)。
「風に舞い上がるビニールシート」が流行った頃に数冊読んでどれもおもしろかったけれども、それが今回さらに進化した感じ。
究極の大衆小説。圧倒的庶民小説。文章は平易なわかりやすさに徹して、絶対にてらった表現は使わない。読みやすさだけを重視、児童小説も書く人だからか。
それでいて、陳腐さはなく、退屈でもなく、スリリングで物語に巻き込まれることは必至。
一貫してほのぼのとしたのんきなユーモラスな文体の中に、突然、泣かせの荒技が鮮やかにきまる。
小説で泣くことなんか、まーありませんが、この本には最低3箇所はやられましたですね。すげーうまい、超狙ってる。あれはやられる。
この小説にオススメのハッシュタグはですね
「子育て」「塾」「シングルマザー」「教育格差」「文部省」
等です。非常に質の高い小説でした。あーおもしろかった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
森絵都さんの作風はいつもどこかほっこりとした温もりがあります。
が、この本の登場人物の中には千秋や蘭という、誰がなんと言っても
頑として自分の主張や行いを曲げない者達が作品に緊張感を生み出して
います。小気味良いやらおかしいやら…キャラが立っていて凄く面白いです。
祖母の人柄や孫の一郎の気質や伸びしろまで見事に描ききっています。
登場人物たちのセリフまわしがとにかく秀逸です。勿論ストーリー構成も。
最初の1行から引き込まれて、最後の1文に至るまで一気読み。
笑ったり泣いたりで、読書の楽しみを深く味わえました。
ひとつ気になるのは、吾郎が家族を離れて体験してきたことが
読者には詳しく知らされないことです。吾郎本人もひどく寡黙に
なってしまいます。そこも枯れててまたいいのですが
『みかづき』の続編も読みたいものです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー