通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
まんが トキワ荘物語(祥伝社新書288) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付いてます。 ネットカフェ・レンタル落ち商品ではありません。 【状態】中古品のため、カバーのスレ、ヤケ、細かなキズ、端折れ等の使用感はありますが、 状態は読むのに支障がない一般的な中古だと思います。 ●店舗併売の為、品切れの場合はキャンセルさせて頂きますのでご容赦下さい。 ●商品の詳細を確認されたい場合はメールにてご質問下さい。 【発送】通常ヤマト運輸DM便での発送となります。それ以外ではヤマト宅急便やレターパックの発送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

まんが トキワ荘物語(祥伝社新書288) (英語) ペーパーバック – 2012/8/1

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 443

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • まんが トキワ荘物語(祥伝社新書288)
  • +
  • トキワ荘実録―手塚治虫と漫画家たちの青春 (小学館文庫)
  • +
  • 81歳いまだまんが道を… (中公文庫)
総額: ¥2,069
ポイントの合計: 48pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社からのコメント

伝説の漫画短編集の、待望の復刊! 昭和の時代を記録する資料としても重要な本書は、長く入手不可能となっており、マニア垂涎の本でした。 手塚治虫ほか計12人の力作をお楽しみください。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和三十年代初め、東京・豊島区椎名町の二階建て木造アパート「トキワ荘」。入居していた手塚治虫を慕う、若く才能のある漫画家たちが次々と引っ越してきて、「トキワ荘」はいつしか少年マンガ揺籃の地となっていった。住人であった漫画家たちが、それぞれの作品で当時の思い出を綴る貴重な記録―待望の復刊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 192ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2012/8/1)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 4396112882
  • ISBN-13: 978-4396112882
  • 発売日: 2012/8/1
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 35,062位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
かつて「COM」という雑誌があった。
手塚治虫の虫プロが刊行しており、「火の鳥」、「ジュン」、「漫画家残酷物語」、そして「ライクアローリングストーン」などの、商業誌には掲載されないような作品を多数掲載していた。
あの「ガロ」と双璧をなす、ある意味でマンガ文化のマイルストーンのひとつとも言えるものだった。
その「COM」誌に連載されたのが本書にまとめられた「トキワ荘物語」というトキワ荘をテーマにした連作である。

トキワ荘は手塚や石森ファンなら知っている、かつて存在したマンガ家たちが集団で生活し、その若いエネルギーを燃やしていたアパートである。
のちに世に出て著名なマンガ家やアニメーターとなる諸氏が、それぞれがトキワ荘で暮らした思い出やトキワ荘な対する思いを綴った作品が、まとめられている。
昭和30〜30年代を知っている、または本書に収載されている作家たちの若い頃の作品を知っている者にとっては、じつに感慨の深い、そして涙なくしては読めないものだ。

もちろん本書収載の諸作が執筆されたのが昭和40年代であり、現在では手塚、石森、赤塚を始め、何人もがすでに物故している。
彼らが若い情熱を燃やしたトキワ荘もすでにない。
そして、本書の作品が執筆された当時は、みなすでにひとかどの頭角
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
あまりにも有名な「トキワ荘」。手塚治虫をはじめ寺田ヒロオ、赤塚不二夫、藤子不二雄、石ノ森章太郎・・・という、いづれ漫画界の巨匠といわれる「才人」たちが将来を夢見て一同に集っていたという、ある「アパート」の物語。その住人、通い人だった(今日では)ビッグネームの漫画家達が、その「青春時代」を過ごした「トキワ荘」を各々が思い入れたっぷりに描いている「トキワ荘物語集」。なるほど、話では聞いていたが、これを読むと当時のトキワ荘での様子が手に取るように分かりやすく描かれていて、あらためて、その奇跡的な才能集団に驚かせられると共に、貧しいけれど、そこには若さがあり、不安があり、仲間があり、情熱があり、そして「夢」があったんだなあという、こちらまでノスタルジックになってしまう良作品である。各々のタッチが皆、個性的で楽しく、やはりというか、先ず最初に登場する手塚治虫氏の「擬人法」で完全に「トキワ荘ワールド」に吸い込まれてしまうこと必須である。巨匠たちの描く各々の「トキワ荘」、この夢のような世界が実際に存在したのである。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/8/12
形式: ペーパーバック
手塚治虫を筆頭に、数多くの若い漫画家達が集まり巣立って行ったトキワ荘の話。再発売のようだ。前半はゆかりの漫画家達がそれぞれの思い出をマンガで描いており、後半は対談集となっている。

ぼろアパートのイメージがあったが、当時の感覚では必ずしもそうではなかったらしい。藤子不二雄は4畳半の部屋が広くて落ち着かなくてわざわざ壁際に移動して仕事をしていたという。ただ、まだ売れていない駆け出しの漫画家達はおおむね貧しかったようだ。TVとステレオセットがあるのは石ノ森章太郎の部屋だけ。食べ物が無くて困ったり、家賃を滞納したり、お金を借りたり、原稿料を前借したりという話は当たり前に出てくる。

印象的だったのは、これだけの人たちが互いに議論したり、食事代も惜しんで映画を見てストーリーを分析したり、アイディアを交換したり、お題を出して物語を即席で作りあったり、いろいろな形で交流を重ねて切磋琢磨したことが、各自のその後の成長に役立っていたということ。つのだじろうのように、みんなに固苦しい意見の手紙を書いて、でもその後にひとりひとりが凄く努力していることを知って恥ずかしさを覚えた例や、赤塚不二夫のように漫画の道を諦めようとしていたときに寺田ヒロオからアドバイスをもらって続いた例もある。水野英子は紅一点でこの世界に飛び込んでいる。

今や世界に誇る文化となった日本のマンガ界から、手塚治虫に続く数多くの漫画家達が台頭した時代の様子や雰囲気も垣間見ることができる。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
数年前に、ちくま文庫だったか、同じ主旨のアンソロジー(水野英子の作品に驚いた)を読んだ覚えがある。
本書では水野はもちろん、寺田ヒロオ、鈴木伸一、よこたとくお、つのだじろう、そして森安なおや(本作はギャグタッチだが、単行本『赤い自転車』の絵柄は意外にも児童文学を思わせるとても可愛らしいもの)と永田竹丸の作品まで読む事が出来る。個人的には、これで同じ「新漫画党」の初期メンバーであった坂本三郎(鈴木伸一と同じくその後アニメ界で大成)の回想録もあれば完璧だ。
作品の初出は1970年前後(COM掲載)と、トキワ荘グループの面々がそこで暮らしていた頃からさほど時間が経っていないが、だからこそこれだけの顔ぶれが揃ったのだろう。
彼らのファンだけでなく、戦後マンガ史の貴重な1ページを知りたい方も必見。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック