Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 262の割引 (33%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[吉田戦車]のまんが親(1) (ビッグコミックススペシャル)
Kindle App Ad

まんが親(1) (ビッグコミックススペシャル) Kindle版

5つ星のうち 4.3 38件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] まんが親(ビッグコミックススペシャル)の5の第1巻

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
Kindle版, 2014/7/28
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 802 ¥ 1

紙の本の長さ: 127ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

漫画家・吉田戦車&伊藤理佐、結婚して2年。待望の赤ちゃんが生まれた!!
出産に立ち会う、立ち会わない。妊娠中の妻の前で酒を飲む、飲まない。子育て論で大ゲンカ。子供の夜泣きに大苦戦……などを“イクメン”目線で描く子育て奮闘漫画!!読めば必ず育児が楽しくなるマストな1冊です!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 32744 KB
  • 出版社: 小学館 (2011/11/30)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00LOAYVI2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
伊藤理佐さんのエッセイ漫画を買いにいったら、在庫が売り切れており、
店員さんに、「あ、ご主人のはあります」
と、漫画のようなシチュエーションで案内され、
思わず買ってしまいました。

結果、(古本でなく)お金出してよかったー です。

吉田戦車先生 伝染るんです 以外読んだことないのですが、
男性ならでは、感動を押し付けない、いい1冊でした。
もちろん、愉快です。

かわうそ君のショックをうけた顔、ツボです。

”ママはテンパりスト” は面白いけど一巻でお腹いっぱい な方に是非。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
こういうマンガは難しい。
中身が実録だから、私小説みたいにフィクションだと突っ張るわけにもいかないし。
吉田戦車は絵がうまいし、伊藤理佐の短文は気が効いてるし、面白い。でも、

でも複雑である。
ロックンローラーが親孝行しているような気がして、
吉田戦車のギャグマンガのファンとしては複雑なのである。
ロックンローラーがレコード大賞に出て、出演までは許すものの
大賞を取って「この喜びを両親に伝えたいです」といったら許さない。
といった気持ちなのである。

あと、私も経験があるが、はじめての子供の時の体験は
「自分だけが貴重な経験してる」と、勘違いしちゃうんですよね。
たくさんの人が経験しているのに。
あるあるネタで行くしか無いことに気付くのは後になってからです。
1 コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
吉田戦車は常温漫画家だと思う。
質の低いコントの真似事を繰り返す萌え4コマや、ダラダラと自己顕示を描き綴る日常エッセイ漫画とは、その「ぬるさ」加減が根本的に違う。

かつて不条理王の名を欲しいままにした「感染るんです。」から、実はその常温加減は変わらない。

沸点に近づいたギャグを瞬時に常温に冷ます。冷え切った状況をほどよい常温に温める。
あらゆる事象を常に彼を基準とした常温に持っていくことが、彼の最大の特徴であり特技であり、美点だ。

この子育てをテーマとしたエッセイは、予め常温で用意されたテーマを、煮立たぬよう、凍らぬよう、バランスをとっていくその様を観察するような楽しさがある。それは他作家には出せない味となり、佳作となり得ている。

それが最大の危機に晒されるのが、作中で発生する震災だ。
だが、流石は吉田戦車。凍らせない。
被災地で「ある物」が見つかるエピソードがあり、その事実だけで私は涙腺崩壊しかけたが、そこでも彼は最大限のぬるい筆力で常温に保った。
そのプロ根性には感服するしかない。

娘さんが育っていき、きっとシリアスな出来事も増えていくだろう。それをいかにして鮮やかに温め、あるいは冷ましていくのか、非常に楽しみだ。
2巻以降も読んでいきたいと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作品の中のちょっと個性的な表現や独特の視点を見て「この親こだわり強いな」とか「真面目なのかいい加減なのか」なんて感想を持たれてる方もいるようだが、吉田は圧倒的に真面目で常識的でデリカシーの効いた人間であり、だからこそシュール、ナンセンスが描けたわけです。
その吉田を持ってして「やはり我が子の事となると真面目に書かざるをえんか・・・」と物足りなさを感じてるのは私だけではないようで、他のレビュアーの中のロッカーの親孝行という切り口には大いに共感しました。
私自身幼児の子育て中だから、非常によくわかる。共感出来る。だけど漫画にしてもお笑いにしてもそれこそあらゆる表現において最も安易な「あるあるネタ」に陥ってしまっている。
吉田戦車はそんな場所に安穏と立ってる作家では無かったはずだ。
我が子をネタにすればそうならざるを得ないのなら(ならざるを得ないのは理解出来る)題材として間違ってるという事です。決して悪い作品ではないけれど、作品としてのレベルは低い。
一回限りの親馬鹿企画なら仕方ないと思うけど、これを気に作風が変わったら駄目じゃんよ〜。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover