通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
まんが原発列島 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

まんが原発列島 単行本 – 2011/4/1

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 274
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆22年前に原発震災の危険性を指摘した、警告の書を増補・復刊

原発の技術的欠陥、日本への導入の内幕、電力会社の利益優先体質と事故隠し、原発労働者の悲惨な実態、つくられた安全神話......。

巨大で深刻な問題群を、サスペンスタッチのドラマで描き出す。

巻頭に、福島第一原発事故の解説を新たに収録。

内容(「BOOK」データベースより)

22年前に原発震災の危険性を指摘した警告の書を増補・復刊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 大月書店; 増補版 (2011/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4272330667
  • ISBN-13: 978-4272330669
  • 発売日: 2011/4/1
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 244,735位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
20年以上も前に書かれた漫画ですが、今起こっている東京電力福島第1発電所事故を予言するような内容に驚きました。原発の中で働いている人たちがどんな状態なのか、日常的に起きていた事故、隠蔽、建設地選定などなど日本の原発がどのような構造中でできあがっているかがドラマ仕立てでよく描かれています。多くの人に読んでほしい1冊です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
【大月書店ホームページより】
初版1989年、ここに描かれた予測と現実の酷似にあらためて驚かされる。
原発の実態を知り、「3.11」以後の日本の進むべき道を考える手がかりとして。
原発のメカニズムと開発の歴史、日本への導入の内幕、電力会社の利益優先体質と事故隠し、
原発労働者の悲惨な実態、そしてつくられた安全神話…。
原発のかかえる巨大で深刻な問題群をサスペンスタッチのドラマで描き出す。
巻頭に、今回の事故の背景と問題点を説き明かす解説を収録。原発のこれからを考えるための素材として刊行。

原発は、安全なのではなく、利益を生むから安全ということにしておかなければならないのです。
原発推進勢力にとって、国民の命や健康は、どうでもいいのです。
利益を稼ぐためのコストの一つに過ぎません。
歩いている時に、蟻を踏み潰しても、何とも思わないのと同じです。
その存在に気付きすらしません。

原発推進勢力の金儲けのために、人生を滅茶苦茶にされてしまった被災地の皆さんの無念さを思うと胸が痛みます・・・
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ん〜、22年前にこんな漫画が出版されていたとは!まさに今年の東電福島第1原発事故を予見したようなストーリーである

 絵が少し古くさいことを除けば、ほとんどドキュメンタリーと言って良いような、現実感あふれるストーリーに、大手メディアが決して報道しないような、電気事業連合会のメディアへの圧力や記者への接待、世論操作、電力会社>元請け>下請け>孫請け>末端労働者に至る利権構造、そして現場ではヤクザ者までが暗躍する社会の暗部、それが原発の素顔だということがよく分かる。

 すべての公立図書館、学校図書館に常備して、一人でも多くの人々に読んでもらいたい本である。

 もし本書にウソや間違いがあるというのなら、是非ピンポイントで御教示願いたい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告