中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

まんがと図解でわかる正義と哲学のはなし (別冊宝島) (別冊宝島 1767 スタディー) 大型本 – 2011/5/13

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

小川 仁志 (おがわ ひとし) プロフィール
1970年、京都市生まれ。哲学者。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士号(人間文化)取得。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。現職は、徳山工業高等専門学校准教授。大手商社を退職した後、数年間のフリーター生活を経て名古屋市役所に再就職、働きながら大学院に在籍していた異色の経歴を持つ。市井の人々と哲学を語り合う「哲学カフェ」を主宰している。 主な著書に『ヘーゲルを総理大臣に!』(講談社)、『世界一わかりやすい哲学の授業』(PHP研究所)、『人生が変わる哲学の教室』(中経出版)、『はじめての政治哲学 ——「正しさ」をめぐる23の問い』(講談社現代新書)、『人生をやり直すための哲学』(PHP新書)、『悩んだときは哲学者に聞け!』(廣済堂出版)など。


登録情報

  • 大型本: 143ページ
  • 出版社: 宝島社 (2011/5/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796681868
  • ISBN-13: 978-4796681865
  • 発売日: 2011/5/13
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 574,803位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
 東京の電力需要のための福島原発の設置は正しかったのか?功利主義で考えれば、やむを得ないことになる。では、この問いを功利主義の観点で、判断すべきであったのか?この答えは、本書にわかりやすく解説されている。
 確かにインフラ事業は功利主義的観点で成りたつ。つまり「福島県民の小さな犠牲が、東京の電力安定供給という大きな幸福を社会にもたらすなら、やむを得ない」という主張である。しかし原発事故による健康リスクは小さい犠牲だったのか。幸福とリスクは金額で判断するが、はたして適正な換算はできるのか。利権によって金額を不正に操作していたのではないか。
 結局、適正に換算することに限界がある以上、功利主義で判断することに問題がある。では、話題の「ハーバード白熱教室」のサンデル教授は……。正義に迷える方に、本書はお勧めです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 haruzo 投稿日 2011/5/24
形式: 大型本
コンビニで購入です。哲学に興味があったので迷いはありませんでた。

内容は総合的な哲学の入門書だと思います。他に哲学の本をほとんど読んだことが無いので解釈の真偽はわかりませんが、わかりやすく書かれています。
広く浅い内容で、わかりやすい言葉・イラスト・図・漫画、です。
専門用語や、登場する哲学者のことも解説されており、重要な部分や代表的な部分を抜粋されているのだと思います。

34人の哲学者の考えが、一人2〜4ページに現代の問題と併せて書かれております。
一つのお題に一人の哲学者の考えを元に解説していることがほとんどですが、一つのお題を数人で対談している部分も少しあります。

143ページの中に凝縮しているのに、内容はわかりやすい。
文句無しで★5です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
図書館で予約して読みました。哲学的な勉強や思想を持っている人にとっては、『やや内容が浅い』と思われるでしょう。しかし、『哲学って難しい?』と思っている人にとっては、絶好の入門書です。中には色々な有名な哲学者が登場します。『XX哲学入門』等の書籍でも、その内容は一般人には非常に難解なものです。本書ではそれを補うために、図解やまんがが豊富に用意されていて、解説を読んでも分からない点についても、それらを見るときっと理解できるはず。哲学について、「ちょっと知ってみたい」という人にお勧めです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
【内容(ネタバレ禁止!)】
哲学は現実に向き合わねばならない。役に立たねばならない。そういった著者の姿勢がよく分かる本。現実の悩みに有名哲学者が自論で答える、という趣向がふるっている。キャラ立ちが良くいちいち「らしさ」があり、「哲学あるある集」といったノリが楽しい。

【ささった言葉】
「哲学と思想は何が違う?」
西洋哲学とは、価値や存在の根拠として合理性(論理的思考)が必要とされるもの。
思想とは、価値や存在の根拠は必ずしも問われないもの。
宗教は、超越したものを価値や存在の根拠とするもの。
以上から、東洋哲学は、哲学の文脈でみると、“思想”に近い。

【教訓】
上記の解説をはじめ、何だか難しい哲学のエッセンスを現代的に分かりやすく説く著者の解説力に驚嘆する。哲学を楽しみながら、説明力を学ぶ、という読み方ができる方におススメ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告