中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

まぼろしハワイ 単行本 – 2007/9/26

5つ星のうち 4.2 15件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 535 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ついに書き下ろし作品刊行!よしもとばなな傑作ハワイ小説集。

フラダンサーのあざみと、義理の娘オハナ。ふたりは、夫としてまた父として、愛しぬいた男への強烈な思慕を抱えてホノルルに降り立つ。細胞が甘く官能的に動き始めるその地で、ふたりは懐かしい人々に出会い、鮮やかな自然に包まれる。ハワイで彼らが経験した驚きの癒しの旅――。他作品も、同性愛など禁断の愛も盛り込みながら、読後には生きる喜びを強烈に感じさせるものばかり。フラダンスの修業も積み、5年に渡りハワイを行き来した著者がついに発表する傑作ハワイ小説集。

内容(「BOOK」データベースより)

フラダンサーのあざみと義理の娘のオハナは、ふたりで愛したひとりの男の記憶を抱え、生命の歓びにあふれる島へむかった。甘い香りが漂うハワイの島々で起きた、踊りの精と永遠の命をめぐる3つの物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 263ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2007/9/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344013859
  • ISBN-13: 978-4344013858
  • 発売日: 2007/9/26
  • 梱包サイズ: 18.4 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 646,583位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
初期の作品はパンチが効いてソウルフルでした。
今ではすっかり説教くさいオバハンの書く文章ばかりで本当に残念。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
3つの物語を綴る短編集。
3つとも「ハワイ」と「家族(どこか普通と違うんだけど、でも絆はとても強い家族)」の物語です。

よしもとばななさんは美しいものを表現するのが抜群にうまい。
それは目に見えるものだけでなく、
人のあたたかさや、心の美しい人が発する内面の輝きまですべて。
作品を読んだだけで、彼女が何を大切にしているのかが明確にわかる。
これに限らず、彼女の作品はすべて彼女の溢れんばかりの愛に満ちている。

収録作の中でいちばん好きなのは「鏡の月の下で」。
私は人と密接に付き合うのが苦手で、
こういう人との付き合い方・距離の取り方には本当に憧れる。
うーん、魂での交流とでもいうのでしょうか?
その人といた時間の長さとかじゃなく、
出会った瞬間に「この人とは分かり合える!」っピンとくるような。
そういう相手とはいつもベッタリじゃなくてもいい。
魂でつながってるから、一緒にいる必要がない。
こういう出会いは偶然じゃなく、必然。
この奇跡を私は信じたい。

忘れがちだけど、
「踊る」って神様に奉納したり、
お祝いをするためだったり、神聖なことなんですよね。
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
つかみどころが無い文章と、少し欠落した部分がある登場人物、いつもの吉本ばななさんの作品でした。
特に全体的にはこれといってなにもなくて、これでは、過去の作品を読み返しても別にいいんじゃないかなって思ってしまいました。

ひとつ心に留まったのは、「ルーチンこそが日常で、人生である。」という本を通してのメッセージ。(これも過去の吉本ばななさんの作品にもありそうなメッセージですが。。。)毎日の繰り返しにちょっと疲れてる人や意味を見つけられなくて苦しんでる人にはおすすめかもしれません。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiroshi トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/9/29
形式: 単行本
ぼくは、よしもとさんの「キッチン」と「つぐみ」しか読んでないけれど、ハワイに行くガールフレンドにプレゼントしようとこれを買った。そして2時間で読んでしまった。うーん、よしもとさん処女作から変わっていない、いやいやずいぶん大人になってる、でもうまい小説だなあ。主人公のせつなくて、かなしい心象が剛速球でストレートに伝わってくるんだ。あまりに痛々しくてもらい泣きしそうなくらい。読み終わって自分がやさしい人に生まれ変わった気がしたよ。3編に出てくる主人公はそれぞれに複雑な境遇にあるけれど、よしもとさんはその主人公を借りて人間のやさしさやはかなさを描こうとしたのだと思う。とりわけハワイのおだやかな自然のなかにいるとそれがいっそうきわだつと言いたいのか。ぼくはこの短編集を幾度も読み返すだろう。次はハワイで読みたいな。さらに深く感動するだろうから。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
3つの話がすこしづつハワイに関係して書かれています。
ハワイの風景の中だと、こんな風に物事が感じられたり見えたりするのでしょうか?
私はハワイに行ったことがないので、その気配は想像するだけですが、魅力的です。

風景がきれいなのに、なぜか悲しいというところが印象に残っています。
あまりに美しくて、ずっとこのままでいたい、せめて記憶にだけでもとどめたいけれど、
それすら難しいこの現実の流れて行くさまが悲しみを誘うのかもしれないと思います。
ハワイでハワイの風を感じながら読んでみたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
有名な作家さんだからか、あらすじだけで勝手にハードルを上げてしまいました。
まぼろしハワイ
姉さんと僕
銀の月の下で
の3作品が収録されていますが、全て主人公の家庭が少し複雑。

まぼろしハワイ・銀の月の下では、人を温かく包み込むハワイ、ハワイでは風の匂いまでも甘くキラキラしている、何か言い様のないパワーが満ちているハワイ…と、言いたい事はよく分かります。
アロハの心に触れたくて何度も何度も訪れる人がいるように、ハワイには他のリゾートとは違う大きな魅力があります。
キラキラしている、包み込んでくれる、パワーがある

…で???

素敵だ魅力的だとつらつら書いてあるだけの様に思いました。

あとがき・文庫版あとがきに、フラを習おうと近所のハラウを見学に行ったというエピソードが添えられています。
先生は上手、スタジオも綺麗で申し分ないけど、ハワイのハの字も感じられなかった…とのこと。
どう感じようと個人の自由ですが、まだレッスンを受けてもいない素人さんがなぜ上から目線!?と嫌な感じがしました。

出版や取材でお世話になった方へ、感謝の気持ちを記されている作家さんはよくいらっしゃいますが
〜してくれた
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー