まぼろしの邪馬台国 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,200
通常配送無料 詳細
発売元: アニマルマザー
カートに入れる
¥ 2,421
通常配送無料 詳細
発売元: ドレミセレクション
カートに入れる
¥ 2,540
通常配送無料 詳細
発売元: シンプルマーケット
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

まぼろしの邪馬台国 [DVD]

5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 2,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,990 (50%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ASO.PLANNINGが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:19¥ 1,049より 中古品の出品:9¥ 857より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 吉永小百合, 竹中直人, 窪塚洋介, 風間トオル, 平田満
  • 監督: 堤幸彦
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2009/05/21
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001R96Y0I
  • EAN: 4988101141777
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 89,195位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

■キャッチコピー■
主演・吉永小百合・竹中直人×監督・堤 幸彦(『トリック』『明日の記憶』『20世紀少年』)×脚本・大石 静(『功名が辻』)が魅せる究極の夫婦愛!

【解説】
「あなたと過ごした毎日は、本当に幸せだった」
宮﨑和子は、昭和40年代に全国に邪馬台国ブームを起した盲目の文学者・宮﨑康平の妻である。康平と過ごした日々は、周囲からは辛いと思われていたかも知れない。だが、和子はその執念を守り、いっしょに育てていった。
宮﨑康平。その名は島原の人間なら知らないものはいない。長崎県・島原鉄道の元役員であり、素人離れした郷土史研究家、文学家、また「島原の子守唄」などの詩作者でもあった。さだまさしの「関白宣言」に、影響を与えた人物ともいわれる。しかし、学者というよりも独断的な行動や、突飛な言動から破天荒な男として名が通っていた。和子は、福岡の放送局で康平と出会い、変わり者といわれてはいても、どこか憎めない人物像に誘われるまま、島原へ向かい康平の手伝いをするようになる。昭和32年、災害の際に土器の破片を見つけたことを機に、康平の郷土愛は、「邪馬台国」探求の熱になる。和子は、目の見えない康平に古代の史書・魏志倭人伝、日本書紀、古事記などを読み聞かせ、九州各地に康平の目となり、杖となり、共同で「まぼろしの邪馬台国」を著した。この本はベストセラーとなり、後年、第一回吉川英治文化賞を受賞する。

【キャスト】
吉永小百合
竹中直人
窪塚洋介 風間トオル 平田 満 柳原可奈子 黒谷友香 麻生祐未
綾小路きみまろ 不破万作 大仁田 厚 宮﨑香蓮 岡本信人 大槻義彦 草野 仁 井川比佐志
石橋蓮司 ベンガル ・ 江守 徹 大杉 漣 ・余 貴美子 由紀さおり

【スタッフ】
原案:「新装版 まぼろしの邪馬台国」宮崎康平(講談社文庫)
監督:堤 幸彦
脚本:大石 静
卑弥呼のテーマ:セリーヌ・ディオン「A WORLD TO BELIEVE IN ~ヒミコ・ファンタジア~」(Sony Music Japan INTERNATIONAL Inc)
製作:「まぼろしの邪馬台国」製作委員会(東映/木下工務店/加賀電子/テレビ朝日/電通/読売新聞/ティー ワイ リミテッド/朝日放送/メ〜テレ/東映ビデオ/九州朝日放送/西日本新聞社/北海道テレビ/広島ホームテレビ/報知新聞/長崎文化放送/新潟テレビ21/東日本放送)

【公開日】2008年11月公開
【備考】バリアフリー再生機能付き(音声ガイド・日本語字幕)
※このDVDには目や耳の不自由な方のために音声ガイドと日本語字幕が収録されています。
【スペック】
●映像特典
◆予告編集(予定)
●ピクチャーレーベル
DSTD02948/3,800円(税込3,990円)/COLOR/本編118分/片面2層/1.主音声:ドルビー5.1ch 2.音声ガイド:ステレオ/日本語字幕/16:9LB(シネスコ)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『20世紀少年』の堤幸彦監督が、吉永小百合と竹中直人主演で描いたヒューマンドラマ。全盲で破天荒な郷土史研究家・宮崎康平と、その妻・和子。ふたりは「邪馬台国」に魅せられ、貧苦をものともせず二人三脚でその探究にのめり込んでいく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/2/4
形式: DVD
優等生的な役柄が多い吉永小百合が、この映画ではお茶目で明るい面を見せ、奇人の夫を気丈に支え、おおらかに包み込むように愛し、最後には幻想シーンで卑弥呼の役を演じる。久しぶりに彼女の魅力を堪能できた作品だ。その夫を演じる竹中直人は奇人ぶりを誇張しすぎているように感じる部分も若干あるが、ハンディを抱えつつもアクティブに動き回る異能の事業家・邪馬台国研究家は、適役と言っていいだろう。駅のホームで求愛する場面、妻の手を借りて妻の手作りの九州の立体地図をなぞった後、妻の顔に触れるシーンはしっかり決めてくれる。吉永小百合と竹中直人、息の合ったいいコンビだ。

その夫婦が旅して回る九州の自然美が見事にフィルムに捉えられている。特に金色に輝く宇土半島の干潟の美しさは比類ない。最後の幻想シーンも決して唐突ではないと私は思う。しかし、セリーヌ・ディオンが日本語で卑弥呼のテーマを歌い上げるのには驚いた。

結論として、本作も最近の邦画の好調さを実感できる佳作である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
竹中直人さんは元事業家で目が不自由な夫役、
吉永小百合さんはその夫を支える妻で元ラジオ声優役で、
九州で邪馬台国を探し続ける夫婦の物語です。

物語は展開がかなりスピーディーで、
竹中さんの演技もいつものように破天荒ですが、
吉永さんの美しい日本語と美しい所作のおかげで、
全編を通してうまく夫婦のバランスが取れていました。
九州のロケとバックに流れる音楽がとても良かったです。

吉永さんの映画をひさしぶりに観ましたが、
その存在感と演技力、そして美しさは、
現時点でも日本女優の頂点にいらっしゃると思いました。

題字は新宿駅などでガムテープ文字で案内表示を作る、
「修悦体」として有名な佐藤修悦さんです。
この映画の題字にぴったりですね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
運命的か否かはともかく、二人の出会いが無ければ、この偉大な検地が成し得なかったことは確実であろう。
身体のハンデをもろともせず、傍若無人に命懸けの探究心を放った康平を演じた竹中直人さん。
知識人でありながら破天荒さも兼ね備えたキャラを存分に熱演されています。
一方の涙すら誘う献身的に夫に尽くす妻・和子。正に吉永小百合さんの適役だと思います。

この夫婦を取り巻く人物がかなり多キャスト。というか意外なキャスト?
あれ、こんなとこにあの人が...みたいな。
大槻教授が出てきた時は、思わず笑みがこぼれちゃいました。
話題にもなった?柳原さんと窪塚さんのキスシーンは、柳原ラッキーと思ってしまった(笑)

「邪馬台国の持論を実証するため命を捧げた夫婦がいた」それを認識するだけでも、
十分観る価値はある作品だと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 「邪馬台国」と聞いて、僕も心動かされる一人。魏志倭人伝や日本書紀などを紐解いて、ワクワク。この本も読みましたが、面白かったですね。この本が、他の文献と違い、特に惹かれたことは、目が見えない著者が、言葉の発音から魏志倭人伝を読み解こうとされたこと。これには、感激しました。
 それ以上に、人生の全精力をかけて邪馬台国探しをされたことには、敬服です。宮崎康平役の竹中直人さんの熱演を、陰で寄り添う和子を扮する吉永小百合さんが引き立てます。主人公のおかしさと二人の生き様に涙が加わり、物語に広がりを感じます。バナナ食べながら、古代にロマンを抱いた物語?卑弥呼の墓(?)らしき前方後円墳は、ややわざとらしさを感じますが、邪馬台国の発見を待たずに亡くなられた著者に捧げたい映画です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
実在の人物だそうだが、主人公は面白い。頑固で一徹の夫に卵を投げたり、口を利かずついに謝らせる聡明な妻に脱帽!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
本作の同名の原作は、私が小学生の時に読んで感動し、古代への夢を掻き立てられた思い出の書。原作は完全な学術書だが、本作は「夫婦間の愛情」にテーマを絞っている。

「夫婦間の愛情」というテーマ自身が悪い訳ではないが、その描き方はどうであろうか。「邪馬台国」を比定するための主人公の手法は以下の通りである。まず、「地名は変りずらい」と言う点に着目し、「音(オン)」によって、「魏志倭人伝」中の地名を現在の地名と次々に対比させ、最後に「邪馬台国」に辿り着くというものである。このため、視力を失った主人公のために、夫人が「記紀」を何百、何千回と読み聞かせるシーンがあり、これだけで、当時の私は感動したものだ。そして、この過程を丹念に描くだけでも、「夫婦間の愛情」を表現するには充分だったと思う。テープ・レコーダではねぇ~。原作は殆ど主人公の作業室内だけで進行し、それでは映画にならないと考えたのか、「島原観光」や「バナナ園」といった過剰な演出をしているが、却って原作の味を損ねていると思う。

夫人役の吉永小百合は、彼女にしては泥臭い役をそこそこ演じてはいるが、個人的にはもっと地味な女優の方がイメージに合っていたと思う。主人公役の竹中直人は相変わらずの熱演(怪演)だが、学術的に偏屈・独善という事と、奇矯な人物との区別が曖昧になっている。また、吉永小百合主演という事も
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック