まほろ駅前番外地 Blu-ray BOX(5枚組) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内正規品】ボックスに若干の細かいキズがございますが、使用感はあまりなく、綺麗な状態です。ディスクには目立ったキズ、汚れはありません。※ペーパークラフトは付属しません。多田便利軒ティッシュは付属します。 ★Amazon配送センターより迅速丁寧に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

まほろ駅前番外地 Blu-ray BOX(5枚組)

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 20,520
価格: ¥ 15,871 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,649 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 15,871より 中古品の出品:6¥ 12,500より コレクター商品の出品:1¥ 16,800より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • まほろ駅前番外地 Blu-ray BOX(5枚組)
  • +
  • まほろ駅前狂騒曲 ブルーレイ プレミアム・エディション [Blu-ray]
  • +
  • まほろ駅前多田便利軒 スペシャル・プライス [Blu-ray]
総額: ¥22,599
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 瑛太, 松田龍平
  • 監督: 大根仁
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2013/05/24
  • 時間: 348 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00BG2A2D6
  • JAN: 4988104076458
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 71,975位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

職業、便利屋。痛快でじんわり心に響く最強バディストーリー
DVD&Blu-ray BOX発売決定! !

◆原作は、三浦しをんの「まほろ駅前番外地」。
◆監督・脚本は大ヒットした 映画「モテキ」を手掛けた、大根仁。
◆主演を務めるのは、映画「まほろ駅前多田便利軒」と同様、独特の空気感を持つ俳優、瑛太と松田龍平。
◆2人の便利屋がさまざまな依頼を解決していくバディストーリー。周辺をとりまくワケアリの人物たちには、豪華な出演者が続々と登場!

【初回限定封入特典】
多田便利軒トラックペーパークラフト&多田便利軒ティッシュ

【収録内容】
Blu-ray5枚組(本編ディスク4枚+特典ディスク1枚)

<本編DISC>全12話 本編約348分(予定)
<特典DISC>
◆多田と行天の舞台裏~瑛太、松田龍平インタビュー、メイキング映像
◆各話メイキング映像、キャストインタビュー(全12話分)
◆あの“逆回転"オープニングタイトルバックはこうして作られた! タイトルバックメイキング映像
◆本編だけでは分からない“まほろ"制作秘話を紹介!
多田便利軒のセットの秘密/作りこまれた劇中の美術物・小物類/多田・行天ほか登場人物の衣裳/便利軒トラック撮影の裏側 ほか
◆劇中ドラマ「赤い絶望」 便利軒で行天が観ていた70年代風ドラマを特別収録! 出演:宮崎将 安藤サクラ 広瀬アリス 監督 神徳幸治
◆オープニング曲「ビューティフルドリーマー」(フラワーカンパニーズ)スペシャルPV ‐まほろ駅前番外地mix‐ 監督 柴田剛
◆PR集、多田と行天による告知スポット集
※商品の仕様・内容は予告なく変更になる場合がございます。

【仕様】カラー/16:9ワイドスクリーン/1層(特典ディスクのみ2層)/音声:日本語ステレオ(オリジナル)
【ストーリー】
東京の郊外、まほろ駅前にある便利屋「多田便利軒」。
その便利屋を営む多田啓介(瑛太)と、そこに転がり込んできた行天春彦(松田龍平)。どこか奇妙で、きな臭い依頼に関わっていくうちに、2人の友情や依頼人の背景など様々な人間模様が浮かび上がってくる・・・。
【スタッフ】
監督:大根仁(「モテキ」)
原作:三浦しをん(『まほろ駅前多田便利軒』『舟を編む』)
脚本:大根仁 黒住光
音楽:坂本慎太郎(zelone records)
【キャスト】
瑛太 松田龍平
大森南朋 松尾スズキ 真木よう子 高良健吾 岸部一徳 他
【主題歌】
オープニングテーマ:「ビューティフルドリーマー」フラワーカンパニー(Sony Music Associated Records Inc.)
エンディングテーマ:「まともがわからない」坂本慎太郎(zelone records)
(C)三浦しをん2009/文藝春秋 (C)「まほろ駅前番外地」製作委員会2013
発売元:「まほろ駅前番外地」製作委員会2013

※画像はイメージです

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

三浦しをん原作、瑛太、松田龍平主演によるTVドラマのBOX。東京の郊外、まほろ駅前で便利屋「多田便利軒」を営む多田啓介と、居候の行天春彦のふたりがさまざまな依頼を解決していくバディストーリー。監督は『モテキ』の大根仁。全12話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 k。 投稿日 2013/6/30
形式: Blu-ray Amazonで購入
私の中では、名作です。
瑛太・松田龍平の2人はもちろんだけど、
脚本・音楽・映像…すべてがツボでした。
特に、エンディングの音楽の入り方や演出は素晴らしい‼
映画版よりは軽い感じだけど、ドラマはこの感じが良かったかな…。
松田龍平君…素晴らしい‼良い役者だ!!!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ターシ 投稿日 2013/5/28
形式: Blu-ray Amazonで購入
ようやく全編観ることができた。
久しぶりに『間』を堪能できるドラマ、ナンとも贅沢だ♪
最終回ではじんわりとさせられ、まだまだこの二人を見続けたい気持ちにさせてくれる。

ひとつひとつの話にひとりひとりの事情がある。
「結」とは言えない終わり方も素晴らしく、潔ささえ感じさせられて嬉しくなる。

この時期、こんなドラマを魅せてくれた関係者の方々すべてに感謝したい。
(スミマセン・・・レビューになってないかも・・・?)
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
個人的には元になった映画版より、雰囲気が緩いというか、親しみやすいところが好きです。
映画版より人物のIQが少し下がって、感性がアップしたという感じでしょうか(笑)。

深夜に放送されていたからか、周りの誰も話が通じなかったですが、
これは実はかなりの傑作では、と思っています。

内容は毎回、さりげなく事件が起こってふわーと見れつつも、先が全然読めなかったり、
人物のやりとりが今風(?)でカッコよかったり、それでいて骨太な男ドラマとも思える価値観が裏にあるようにも思えたり。
あんまりいい言い方でもないけど、”さりげないけど深い”とでもいうのでしょうか。

で、実は見ている内に主役二人に段々と愛着が湧いてきて、シリーズ中盤くらいからはやりとりの
何を見ても楽しくなるというのが最大の魅力です。
(最終的には「多田ーぁ」、「行天!」と聞こえないように独り言を呟くようになりました)

一話完結(一部、前後編あり)のお話はどれもが逸品と思いますが、個人的には

・昔のカラオケビデオの女優を探しに行く話
・出会い系のサクラの女の子が客に会う話
・女子高生二人の友情の話

が好きかなあ。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告