通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内に日本郵便ゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

まほろ駅前狂騒曲 単行本 – 2013/10/30

5つ星のうち 4.7 35件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 292

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • まほろ駅前狂騒曲
  • +
  • まほろ駅前番外地 (文春文庫)
  • +
  • まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
総額: ¥2,985
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

まほろ駅前で起きる、混沌と狂乱の大騒ぎ!

まほろ市で便利屋稼業を営む多田と行天。ある日多田は行天の元妻から子供を無理やり預けられて困惑する。待望のシリーズ第三弾。

内容(「BOOK」データベースより)

いつもの奴らがなぜか集結―?まほろ駅前は大騒ぎさ!四歳の女の子「はる」を預かることになった多田と行天。その後なんとバスジャック(?)に巻き込まれることに―。


登録情報

  • 単行本: 468ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2013/10/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163825800
  • ISBN-13: 978-4163825809
  • 発売日: 2013/10/30
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.4 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,049位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 hz VINE メンバー 投稿日 2015/5/27
形式: Kindle版 Amazonで購入
シリーズ第三弾。読み始めた当初はマンネリかと思われる箇所がありましたが、どうしてどうして。流石、三浦しをん。なかなか読ませてくれました。あまり内容について書くとネタバレになってしまうので控えますが、予想通りの展開とともに、えっと言う展開もありで面白く読めました。特に子供たちの描き方がステレオタイプされたものではなく、秀逸だと私は思います。兎に角楽しめました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
架空の都市まほろを舞台に様々な人々の交錯を描くシリーズ第三作。本作では心にそれぞれ傷を抱えた、多田・行天がその傷を見据え、葛藤し、他者と関わりつつ再生していく様子が綴られています。
「存在するかもしれない心の痛みの核心に触れることなく、見て見ぬふりで放っておいていいのか」と行天の深い闇に対し多田は、何とかしたいという気持ちを持ちつつ、どうすればいいのか悩みます。そして行天を信じ、あることを提案し闇と闘うきっかけを与えます。しかし多田の信じる行天は自分自身を信じることができるのか。
この葛藤が心にすっと染み込む文体で描写されています。
「正しいと感じることをしろ。正しいと感じる自分が正しいのか、いつも疑え」行天が導き出した言葉は、不思議と重みがあります。果たして行天の正しいと感じることとは・・・そして迎える、衝撃のラスト。
前作までの登場人物ももちろん出演します。まほろシリーズのファンならば是非一読して頂きたい作品です。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まほろ駅シリーズ、ハズレないですよね。1作目の登場人物が再登場し、色々な出来事が起きる。中でも、行天の娘をあずかることになり、その中で起きる仕事や事故は、非常に興味深いです。2作目を通り越してしまったので、近いうちに読みます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
三浦しをんの直木賞受賞作、「まほろ駅前多田便利軒」の続編第三弾。
まほろ市を舞台に、町の便利屋を営む多田と雇われの行天、ふたりを取り巻く人々の騒がしい日々が描かれる。一作目、二作目とたくさんの個性的・魅力的な人達(またの名を“愛すべき変わり者”)との出会いと交流を重ねながら、ふたりの関係にも変化が訪れ、今作でひとつの区切りを迎える。

「まほろ駅前」はいわば、“家族でもない老若男女との程良いくされ縁小説” だ。
そして私は、人が生い立ちや家族の中で負った傷と痛みを、新たな出会いと関わりの中でやわらかく回復していくこの手の話が、どうしようもなく好きだ。

人生で一度も傷を負わない人間なんて、多分きっといない。
そしてひとたび深手を負えば、いくら見ないようにしたって、いくら時間をかけたって傷跡は残る。それでも、その傷跡の痛みが癒され、それを穏やかな気持ちで撫でて懐かしむ日が来る。そう信じて歩めることこそが、人に与えられたささやかな希望ではないか。
静かに静かに、少しずつ。新たに出会った人達が吹きかけてくれるやわらかい吐息を受けて、自分の指で祈りながら、撫でるように傷を癒す。
自分も多少、多田に似た経験をしたからなのかはわからない。でも、そんなことを感じた。

家族との哀しい別れ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
詰め込み放題のお楽しみボックスのような作品です。
恋愛要素に家族愛、友情からドタバタ喜劇まで。素晴らしいメッセージ性を含みながらも心から楽しめる一冊。子供の体温まで感じられる。読後感良好。前二作を読了しなくても大丈夫だと思います。

多田と行天の友情に心熱くさせられ、行天と"はる"の親子愛の芽生えに感涙。トラウマを追い払った行天と共に爽快感を得る。
傷を追った者同士の恋愛を応援し、岡率いる老人バスジャック犯や多田、行天、物語の主要人物が一斉に巻き起こす狂騒曲に吹き出すこと数多。
預言者、曽根田のばあちゃんの預言の的中率に感服しながらもニヤリ。←しをんが設定した伏線だから、当たってもらわねば読者が困りますねっ

皆さんも一読されてみては如何。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
このシリーズは面白くて、どんどんはまってしまいました。おかげで、三浦しをんさんのほかの小説も何冊かまとめ買いをして、読み始めました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
「しょうがない。☓☓を抱えこみ、人々の暮らしのなかで生きていくのが◯◯だ」
エンディングに出てくるこの言葉、いい言葉だなぁ。(☓☓、◯◯が何なのかは本編を読んでね)。
☓☓と◯◯はいろんな言葉に置き換えて遊べるのも楽しい。例えば「憂鬱」と「殺し屋」とか、「損失」と「トレーダー」とか、「秘密」と「バーテンダー」とかね。他にも、心に残るフレーズが幾つもあって、「俺はあんたのことを覚えているようにする。あんたが死んじゃっても、俺が死ぬまで」とか「正しいと感じることをしろ。正しいと感じる自分が正しいのかいつも疑え」とか、、、。こんな金言、俺も誰かに言ってもらいたいよ。

さて、言わずと知れた大ヒット・エンタテーメント「まほろ駅前」シリーズの第三作目にあたる本作は、期待を裏切らない、楽しく、切なく、そして読後には生きている喜びが湧いてくる第一級の「物語」に仕上がっています。
登場人物や伏線となる出来事の紹介が、上手に挟み込まれているので、本作だけでも充分に楽しめるのですが、できれば、一作目の「多田便利軒」、二作目の「番外地」を楽しんでから、本作を読まれると、より「物語」の世界にどっぷり浸れておすすめです。
おそらく前2作を読むのと読まないのでは、登場人物の立体感が違うのではないでしょうか。3作を通じて陰影を与えられた登場人物たちが、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー