まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,900
通常配送無料 詳細
発売元: APPLINE
カートに入れる
¥ 4,200
通常配送無料 詳細
発売元: yutakalife
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.1 44件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,900 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 204 (5%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、にしだ商店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 3,549より 中古品の出品:8¥ 480より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • まほろ駅前狂騒曲 DVD プレミアム・エディション
  • +
  • まほろ駅前番外地 DVD BOX(期間限定生産)
総額: ¥24,224
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 瑛太, 松田龍平, 片岡礼子, 鈴木杏, 本上まなみ
  • 監督: 大森立嗣
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2011/11/02
  • 時間: 123 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 44件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005C7SZLC
  • JAN: 4907953030954
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 66,221位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

累計発行部数65万部突破!直木賞受賞、三浦しをん原作の「まほろ駅前多田便利軒」が、瑛太、松田龍平を主演に迎え遂に映画化!

主演は人気、実力共にトップを走る瑛太と松田龍平。4度目の共演でW主演が実現し、息の合った演技はもちろん、原作のキャラクターにはまった熱演を見せており、この2人の絶妙な掛け合いが本作の魅力のひとつとなっている。
監督は『ゲルマニウムの夜』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の、独特の人間描写で高い評価を得ており、今最も注目を集める新人監督の1人である、大森立嗣。本作では、原作の世界観を見事に表現すると共に、時にコミカルに、時にシリアスに登場人物を描き出し、これまでの作風とは違う新境地に挑戦しているところも、見所である。
さらに、この映画を盛り上げるのは、人気ロックバンドくるりの岸田繁の音楽。映画音楽を手掛けるのは、『ジョゼと虎と魚たち』以来約7年ぶりで、岸田繁ソロ名義としては初めでである。
また、まほろ市のモデルになったのは、三浦しをんが20年以上住んでいた東京都町田市。ロケは町田市の全面協力のもと、大部分が実際に同市で行われた。

【ストーリー】
ペットの世話、塾の送迎代行、納屋の整理、そんな仕事のはずだった-。
東京郊外のまほろ市で、けっこう真面目に便利屋を営む、しっかり者の多田啓介。そんな多田のもとに、風変わりな同級生、行天春彦が転がり込んできた。1晩だけのはずが、行天は一向に出て行かず、多田はしぶしぶ便利屋の助手をさせることに。こうして、水と油のような2人の奇妙な共同生活が始まった。
多田便利軒を訪れるのは、まほろ市に住むくせ者たちばかりで、なんだかんだと彼らを放っておけない多田と行天は、やっかいごともしぶしぶ請け負っていたが、やがてある事件に巻き込まれていく-。
ともにバツイチ、三十路の男2人の痛快で、やがて胸に熱く迫る便利屋物語が始まる-。

【キャスト】
瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、横山幸汰、梅沢昌代、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳

【スタッフ】
原作:三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」(文春文庫刊)、監督・脚本:大森立嗣、主題歌:くるり「キャメル」(SPEEDSTAR RECORDS)

◆特典映像◆
予告集(特報・TVスポット・劇場予告)

◆音声特典◆
オーディオコメンタリー(瑛太、松田龍平、大森立嗣)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

三浦しをんの直木賞受賞原作を、瑛太と松田龍平共演で映画化。東京郊外のまほろ市で便利屋を営む多田の下に、風変わりな同級生の行天が転がり込む。一晩だけのはずが行天は一向に出て行かず、多田はしぶしぶ便利屋の助手をさせることに…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
私は原作のファンなのですが、主役の2人の感情表現がどこか女性的だった点が少し気になっていました。
映画化することで、その部分が少しでも緩和されることに期待していたのですが、うまく表現してくれていました!

役者としてそれを表現してくれたのが、主演の瑛太と松田龍平。
抱えた過去の重さ、なにかを諦めて生きているけれど、優しさや温かさも感じさせる人間くさいオーラをまとった主人公たちを、ふたりとも本当にうまく演じていたように思います。
ふたりの『間』が大変心地いい。
特に行天役の松田龍平がはまっていて、今や彼以外が演じる行天は想像できません。
変なやつだけど優しい。
何考えてるかわかんないけど、悪いやつじゃない。
手をプラプラさせて走る姿や、ひゃひゃひゃという笑い声など、見事に行天でした。
あの「行天走り」は松田龍平のアイデアだとか…彼の役作りはおもしろいですね!いい役者さんだと思います。
おふたりとも、以前よりもやわらかい雰囲気を醸し出すようになりましたよね。
タイミング的にも、おふたりは適役だったのかもしれないですね!

その周りの、まほろ市の住民たちもまた味があって楽しい!
ルルとハイシーの、何かを諦めることに慣れているけど明るく生きて
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
「悪夢探偵」などもみてはいたのですが,今ひとつ松田龍平さんの演技者としての姿勢「たたずまい」みたいなものがよくわかっていませんでした.この映画とTVシリーズにおける行天役は,「当たり役」「ハマリ役」と言えるのではないでしょうか.さらに日本映画の歴史に残るであろう傑作(マジそう思います)「舟を編む」で,父上に負けない名優であることを証明されたと感じています.
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
本作は「海炭市叙景」と同じく「架空の町」だが、誰がどう見てもロケ地がわかる作品だ。
海炭市=函館が何か「物悲しい」のに比べて、まほろ市=町田はそのゴチャゴチャ感がまたいい。
両作品ともに市が公式協力しているので、ロケ地なども中心部を使えたのだろう。

少なくとも町田駅前がこれだけフィーチャーされた作品を他に知らない(笑)。
感覚は「傷だらけの天使」の舞台を代々木から町田に移したイメージだが、瑛太と松田龍平の
コンビの「間」が良いので、ショーケンと水谷豊を思い起こしてしまった。

事務所のセットは配給の日活撮影所ではなく、川崎の体育館を使用しているようだ。
うらぶれた探偵事務所のような雰囲気は「濱マイク」みたい。
このふたりに絡む片岡礼子や鈴木杏も「傷だらけ〜」を連想させる。

特に何事が起きるわけでもなく(大事は刺傷事件くらい)1年間が過ぎて行くだけだが、
そこに都市の曖昧な風景と人の感情を盛り込んでいくことで、かえって「寂しさ」が醸成されていた。
先の「海炭市」は町の風情が物悲しかったが、「まほろ市」は人の孤独感が物悲しい。
このあたりの描き方が成功の要因だと思う。

特典映像はDVDで、メイキングや舞台挨拶が収
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「まほろ」という比較的保守的な土地を舞台にした
男2人の比較的保守的な物語。

便利屋という職業の光と陰を扱った作品で、
とてもゆっくりな展開であることはさておき、
ほのぼのとした作風には癒される。

結婚し、子を授かった男が、
我が子を失い、離婚し、その傷を背負って生きている。
愛情にあふれる世の中であるべきなのに、
その愛情とは真逆の憎しみや暴力がまかりとおる世の中で、
静かに苦しむ便利屋の姿に共感した中学校の同級生は、
やり直せることを信じ、寄り添ってあげたいと願い、
共同生活を始める。

いずれも不器用な男たちの不器用な物語だが、
俯瞰的にみれば、我々の人生も
似たり寄ったりの不器用な物語なのではないか。
ふとそう気がついた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鬼怒川 トップ1000レビュアー 投稿日 2012/1/20
形式: DVD
原作がほどよく「リッピング」されて
趣のある話になりました。要所で流れる
生ギターの単音が登場人物の心情を
補足する解説書のようです。
まさに映画ならではの醍醐味。

反面、限られた時間での限界も否めません。
たりない分は原作へどうぞとのことでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す