Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,210

¥ 302の割引 (20%)

ポイント : 12pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[豊﨑 賢一]のまっすぐ バカ正直に やり続ける。
Kindle App Ad

まっすぐ バカ正直に やり続ける。 Kindle版

5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,210

商品の説明

内容紹介

愚直なまでに「お客様」を優先する姿勢こそが、一軒の寿司屋を業界トップの1200億円企業に育て上げた。企業理念は、「うまいすしを、腹一杯」。100円で最高の寿司を出すために、利益を二の次にしても、ひたすら小さな工夫を積み重ねたスシロー。その「哲学」を職人叩き上げの社長が熱く語り尽くす。

内容(「BOOK」データベースより)

仕事は、うまくやろうとするな!一軒の寿司屋を1200億円企業に育てた「38の教え」

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1626 KB
  • 紙の本の長さ: 125 ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社; 1版 (2014/7/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00M0DU000
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 123,126位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
全国チェーンのスシロー社長の豊崎賢一氏が一介のすし屋から、どのように
全国展開を果たし、さらには改善活動を続けているかが分かります。

そのやり方にすごさを感じることも重要だと思いますが、読み手にとって重要
なのはその経歴を読むことで、自分の精神剤にすることだと思います。
タイトルにすべてが集約されています。『まっすぐ バカ正直に やり続ける。』
まさしく、成功をなすための言葉です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
職人の極むを行く寿司屋を経営思考に転ずるとこうなるのかと云う目からウロコの落ちる本です。
創業者の思想も偉かったがそれを引き継いで今日のスシローに育て上げた豊崎社長の哲学は
職人業の方には一読の価値があります。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ^^ 投稿日 2014/9/3
形式: Kindle版 Amazonで購入
スシローさんの今までの歴史、取り組み、なぜこの競争激しい業界のTopになれたのかを紹介する本です。

スシローさんのストーリーを読みながら、
だからこの世の中、成功できる人と成功できない人(企業)がいるんだなと思いました。
勉強になりました。
そして最後のお客様のメッセージに感動です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
こうすれば儲かる、ああすれば儲かるといった本や話は世の中に溢れていると思いますが、ゼロから寿司屋を立ち上げて全国チェーンにまで育て上げた人たちの知恵とマインドが詰まっている素晴らしい本だと思います。

「安売りはバカにやらせておけ」
という意見もあると思いますが、この本では
「お嫁さんは色々なチラシを見て、少しでも安い店を選択される。だから他店よりも高かったらあかん。利ザヤを抜こうとすればそれは見抜かれる。」
と言ってくれます。
安くて品質のいいものを提供するという難しいことをやってはじめて値打ちが生まれるのだと。

また、今日では
「会社を大きくしようとしない」
ことが賢い選択肢のようにまことしなやかに語られたりもしますが、この本では
「やるからには日本一の売り上げを目指せ」
と言ってくれます。
自分と自分の家族と一部の人が儲かればそれでいいという個人主義ではないのです。

本を売らなければならない作家やコンサルタントや弱小会社の経営者が書いた本ではありません。
ネットを使った商売であるか、リアル商売であるかどうかも一切関係ないと思います。
本質的に素晴らしい本だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover

関連商品を探す