Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 730

¥ 134の割引 (16%)

ポイント : 365pt (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[星野 仁彦, さかもと 未明]のまさか発達障害だったなんて 「困った人」と呼ばれつづけて PHP新書
Kindle App Ad

まさか発達障害だったなんて 「困った人」と呼ばれつづけて PHP新書 Kindle版

5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 730
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 148

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

大人になって発達障害と宣告された本人と、宣告した専門医。もっと早く医者に診せていたら……。本人による幼少期から今日までの独白、それを聞いて病名を下した医師の見立てを紙上で再現した本書は、数ある類書とは一線を画す。幼少期からのさまざまなエピソード、診断の経緯、なぜここまで発達障害は見過ごされてきたのか、そして今後の処方箋。当事者2人が、発達障害の真実を語った。人の話を聞かない、急に感情的になる、約束を守らない――「変わった子」といじめられて育ち、その原因に気づかないまま職場や家庭の「困った人」に。さかもと氏もそうだった。「甘え」だと家族に否認されてきた彼女は、最近、発達障害の専門医である星野氏と出会い、ADHDを合併したアスペルガーと診断された。悩み抜いた者にとって、それは驚きであり福音だった。発達障害は「治せる」。心の病をタブー視する社会の空気を変え、苦しむ人たちの救いとならんことを。

内容(「BOOK」データベースより)

人の話を聞かない、急に感情的になる、約束を守らない―「変わった子」といじめられて育ち、その原因に気づかないまま職場や家庭の「困った人」に。さかもと氏もそうだった。「甘え」だと家族に否認されてきた彼女は、最近、発達障害の専門医である星野氏と出会い、ADHDを合併したアスペルガーと診断された。悩み抜いた者にとって、それは驚きであり福音だった。本書では、宣告された本人による幼少期から今日までの独白、それを聞いて病名を下した医師の見立てを紙上で再現した。発達障害は「治せる」。心の病をタブー視する社会の空気を変え、苦しむ人たちの救いとならんことを。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2669 KB
  • 紙の本の長さ: 156 ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2014/9/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00QGT4SFM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 17,962位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ノンフィクションであり、内容に入り込みました。身近に、発達障害かなと思う人がいて、その人の気持ちを知るために購入しました。相手の気持ちや、相手に対してどう接するべきかが書かれており非常に参考になりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
星野先生の解説はいいのですが、坂本さんの文章の方はいまいち何を伝えたいのかわかりませんでした。
発達障害の本というより、さかもと未明さんの自伝の書という印象を受けました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
さかもとさんと育ちが似ているんです私。母が私より重い発達障害だということ、父のアル中、兄弟の喘息。
そして祖母が私を心配してくれたこと。私とさかもとさんはどうやら同年代ということもわかりました。

よくぞここまで生き延びてくれました。お疲れ様です。生きる意味を真剣に考えなくちゃならない脳ミソなんてホントしんどいです。私は、生まれたくなかったといまだに自己を肯定できせん。しかし、これでも自分がアスペルガーだとわかってずいぶんと楽になりましたよ。私も、さかもとさんの様に良いお医者さんとめぐりあえたし、自分をコントロールすることを覚えましたしね。さかもとさん程過激な人生経験はありませんがさかもとさんの仰っている事は何だかよくわかるんです。空回りしていることも・・・

さかもとさんの赤裸々な告白で救われる人も多いと思います。これからは身体を大切になさって何者でもない素の自分を愛して欲しいです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「ほとんどすべての発達障害者は、学校や職場でトラブルメーカーとなり、周囲の避難を受け、孤立し、その結果、うつやアルコール依存といった二次的な障害に陥って、深く傷ついていきます。自分の様々な問題行動や精神疾患は、自らの性格や努力不足、家庭環境やトラウマのせいだと思っているからです。」本文、123Pより。自分も恐らく、これです。今まで、人間関係など、多くのものを自分で台無しにしてきました。しかし、それが、自分の性格の問題ではなかった…生まれつきの脳の問題だった。そう分かった時、心がすごく楽になりました。さかもと未明さん、星野仁彦先生、ありがとうございました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 浪速のスライサー トップ1000レビュアー 投稿日 2015/3/22
形式: Kindle版
さかもと未明氏に対して「飛行機で騒いだあの人」的なイメージで語る人がいるが、
身近に発達障害を持つ人がいたら、とてもそんな発言は出来ない。

本書はなかなか理解されない発達障害・アスペルガー症候群について理解を深める
事のきっかけになる本だと思う。正直さかもと氏のハチャメチャぶりは読んでいて
かなり疲れるが…

それでもマイナス2点としたのはコンサータを万能の薬のような書き方をいている
ところ。知っている人は知っているがコンサータには副作用があるし、効き方も人に
よって違うので。

星野先生はもっとコンサータの事を知って欲しいという思いで書いたのだと思うが
誤解を生じかねない表現であると思った。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
読者が一番気になるのは、成人がいかにして発達障害の確定診断を受けるのか、そしてコンサータの処方を受けることができるのかだと思うが、本書ではその具体的な手順については、触れられていない。これらについては、日本の精神科診療の現状ではなかなか難しいということが述べられており、コンサータの認知度も低いと問題提起されている。
星野氏は、さかもと氏にすぐにコンサータを処方しており、こういったことを現在のかかりつけの精神科医に申し出ることはなかなか勇気がいることかと思う(そもそも処方や診断は医師が決めるものだろうし)。
また、ADHDとアスペルガーの重複については、あまり他の本では触れられていないように思うので、貴重だと思った。
その他、日常生活での工夫も役に立った。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 なんちゃって、お遍路くん トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/11/4
形式: 新書
私はカウンセラーとして、さかもとさんに向き合えるのだろうか...
そんな思いを抱きながら一気に読み通しました。

さかもとさんの家族環境や成育歴と星野さんの診断の根拠、発達障害に対する考え方を
交互に編み込みながら、終章に向けて進んでいきます。

第6章「発達障害は治せる」で、星野さんが語る、『治せる』の意味。
カウンセリングや投薬、日常生活の改善、対人関係をはじめ、特に苦手な局面における
さまざまな工夫によって、発達障害者が抱える困難、生きづらさを軽くすることはでき
る。さらにアスペルガーやADHDの特性を活用して社会に貢献できるようにもなる。誤
解を恐れずにいえば、これを私は「治す」と呼んでいるのです。
...これが、発達障害のクライエントに向き合う時の基本の姿勢なのだろうと思います。

この章では、日常生活に取り入れられる9つの工夫として、次のことを挙げてくれます。
1)まず、やるべきことをやる-一覧表を作って「視覚構造化」
2)自分だけの時間と空間を作る-「クールダウン」することが重要
3)便利なものは何でも活用する-デジタル機器で負担を軽減
4)前もって弁明しておく-社交の場では意識して「安全運転」を
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover