通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (3) (カドカワコミックスAエース) コミック – 2012/4/25

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (3) (カドカワコミックスAエース)
  • +
  • まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (2) (角川コミックス・エース 264-5)
  • +
  • まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (4) (カドカワコミックス・エース)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

戦争の終焉のために力を合わせる魔王と勇者。しかし、様々な思惑が彼らを飲み込もうとしていた。極光島と開門都市、二つの土地で勃発する戦いがもたらすものは破滅への予兆か、それとも――。


登録情報

  • コミック: 184ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041202051
  • ISBN-13: 978-4041202050
  • 発売日: 2012/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
まおゆうコミック化の先陣を切った本作も、早くも3巻目で
今回も原作既読でも安心して楽しめる作品でした。

第二次極光島侵攻作戦がメインということで、戦闘シーンの迫力もさすがでしたが、
特に私が素晴らしいと感じたのは、終盤の方のエピソードの青年商人と勇者の会話です。

今まで、ともすればその鋭すぎる知性のせいで冷たい印象を持たれがちな青年商人でしたが、
今回勇者と本音で話し合い、未来の世界に関する‘契約`を結ぶことで
等身大の姿が浮き彫りになっていました。

そして、そのことによって青年商人の‘青年`の部分も表現され、
キャラクターとしてより‘血の通った`人物に描かれていたと感じました。
キャラクターの表情も、青年商人には珍しくコミカルな表情をみせることもあり、コミカライズによって
原作に沿いながらもいい意味で石田流に解釈された、新しい青年商人像が垣間見れることかと思います。

物語も今回で序盤を過ぎ、今まではある意味魔王と勇者は一方的に世界に影響を与える側でしたが、
これからは世界の方から二人に様々な反作用というべき影響を与えてきます。
石田版のまおゆうの今後にも期待です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
これまで農業改革など、内政面での改善につとめていた魔王たちですが、
この巻は、人間界にある魔族の橋頭堡をめぐる戦争から始まります。
「魔王と人間の争いを止めたかったんじゃないの?」と思うかもしれませんが、
第1話で魔王が勇者に「血を流すことになるだろう」と語っていたことを思い出してください。
ここでの決断は、彼女にとっても苦渋の決断であったはず。
しかし、ただいたずらに死者が増えることのないように策を練ってあったのはさすが。
このように、既刊ではられた伏線を読み解いていくのも、楽しみのひとつです。

この巻の主人公は、間違いなく表紙を飾っている女騎士。
先述の戦争では司令官としての凛々しい姿を見せてくれるほか、
勇者を前にすると一人の乙女としての顔も見せてくれます。
読み始めた時は魔王と勇者2人の物語かと思いましたが、
巻を重ねるにつれて、彼女たちの影響を受けた人々も個性を発揮するようにになって
群像劇の体を成してきているように描かれています。

なお、巻中に盛り込まれているコラムページでは
「活版印刷」など、この巻で登場するキーワードを丁寧に解説してくれていて、
それを通して予備知識をつけることで、より深く「まお
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
難しい話と和みのバランスが良くて面白いです。
誰の差し金か想像はつきますが、魔王に異端の疑いがかかって続いたので先が気になります!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 YUNA 投稿日 2013/5/27
形式: Kindle版 Amazonで購入
ま、大人向けに楽しめます。アニメも面白かったので是非みてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
タイトル通り1巻から名前がでてきていた南氷将軍との決着がつきます。
肝心(?)の戦闘シーンはあまりパットしません。
何をしたかは分からないけど敵が倒れるという感じ。
とはいってもこの作品は明らかにバトルものではないのでこれでいいんでしょう。

この巻では「女騎士」と「火竜公女」が活躍します。特に前者。
需要はあるかどうかは分かりませんがお色気要素も多めです。

過去の記憶が正しかったらの話ですが、勇者は魔法使いを探しに魔界に旅立ったはず。
それなのに一切でてこないばかりか勇者は魔王の元に帰還してしまいました。
原作読んでないので何が何やらさっぱりでした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック