通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
まいごになったぞう (はじめてよむ絵本) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷み有り。その他は、概ね良好ですが、中古品のため多少の日焼けや傷みなどはご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

まいごになったぞう (はじめてよむ絵本) 大型本 – 1989/1

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 259
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 47

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • まいごになったぞう (はじめてよむ絵本)
  • +
  • あなに おちた ぞう (はじめてよむ絵本)
  • +
  • おおきくなりたい こりすのもぐ (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

まいごになった赤ちゃん象が、動物たちの助力でお母さん象にめぐりあえます。動物たちの表情が豊かに描かれた楽しい絵本です。

内容(「BOOK」データベースより)

ぞうのあかちゃんが、まいごになりました。キリンや、カバや、ワニや、ライオン、みんながしんぱいしてくれますが、あかちゃんぞうは、ただ「あばばうぶー。」ちゃんと、おかあさんにあえるでしょうか。少しのおそれも、うたがいもない、純粋な赤ちゃんの「信」の心と幼い者の信にこたえる大人の「愛」の心とが最初から最後までゆったり流れている、こころよい絵本です。


登録情報

  • 大型本
  • 出版社: 偕成社; 改訂版 (1989/01)
  • ISBN-10: 4032401004
  • ISBN-13: 978-4032401004
  • 発売日: 1989/01
  • 商品パッケージの寸法: 24.2 x 20.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 88,947位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
4ヶ月になる息子の一番のお気に入りの絵本が、この「まいごになったぞう」です。他の絵本には知らんぷりなのに、この本を読んであげると、どんなに泣いていてもすぐに泣きやみます。いろんな動物が出てくるので、その都度声を変えて読むと、手足をバタバタさせてとても喜びます。1日何回も読んであげてます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/1/21
形式: 大型本
「はじめてよむ絵本」のシリーズだったのでもう2歳3ヶ月の娘が興味を持ってくれるかどうか疑問でしたが、思った以上に気に入ってくれました。私自身が村上勉氏のぬくもりのある絵が好きだったことと、子供が大好きなゾウの赤ちゃんが主人公であり、2歳くらいになるとゾウが迷子になって泣いていることにも感情移入できるようで、セリフをいっしょに言ってみたり、泣き顔をしてみたりとこの絵本を購入してよかったなっと思えました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 南米小路尼存麻呂 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/5/5
形式: 大型本
迷子になった子象が、次々といろんな動物に遭遇し、最後はちゃんとお母さん象の所にたどり着くという…絵本によくあるパターンのお話です。
他の方のレビューにもあったのですが、表紙の説明では「ぞうのあかちゃんがまいごになりました。キリンや、カバや、ワニや、ライオン、みんなが心配してくれますが、あかちゃんぞうはただ「あばばうぶー」ちゃんとおかあさんにあえるでしょうか。」…実際の中味読んでると心配してくれてると言うより、厄介なので次々責任転嫁されていってるような気がするんですが…。寺村輝夫さんの話にしては、煮え切らない内容です。
子供の反応がいまいちはっきりしないので、取りあえずの星4つで。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
最初、10ヶ月の三男にと思って、図書館で借りてきました。
が、4歳の次男が凄〜く気に入った様子なので、購入しました。
あかちゃんぞうの『あばば、ばぶ〜』の言葉が面白いらしいです。
私が読むときに、何度も繰り返される『あばば、ばぶ〜』に意味を込めて
読んでいるからというのもあるかもしれませんが、
『この「あばば、ばぶ〜」は何て言っていると思う?』と5歳半の長男が言い出し、
「僕はこう思う。」「僕はこう言っていると思う。」と二人でいろいろ言っています。
ウチの子供達は、絵本は好きですが、あまり深読みをするタイプでは無かったので、
驚きました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
子どもは、気に入っていました。
繰り返しが楽しいのでしょうか。
でも、おとな?のわたしには多少ひっかかる点が…。
動物たちがみんな、「○○に食べられちゃうよ」などと互いに言い合っているところや、またそう言いつつ結局最後まで責任を持たずに赤ちゃんを放り出してしまうところが、読みながらいつも気になっていました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す