通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぽむ☆マギ (2) (まんがタイムKRコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、カバーに多少の擦れ、ヨレ、キズ等がございます。カバーデザインが異なる場合がございます。<検品担当者より>チェックは万全を心がけておりますが、万が一見逃しがあった場合はご了承下さいませ。発送時は、可能な限り48時間以内にゆうメールにて発送を致します。(お問い合わせはメールにてお受け致します。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ぽむ☆マギ (2) (まんがタイムKRコミックス) コミック – 2015/3/27

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 885
¥ 885 ¥ 169
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぽむ☆マギ (2) (まんがタイムKRコミックス)
  • +
  • みたきはら幼稚園まほう組 (2) (まんがタイムKRコミックス)
  • +
  • 魔法少女部まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
総額: ¥2,480
ポイントの合計: 51pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「まんがタイムきらら☆マギカ」で絶賛連載中! ちっちゃくて少し…いやかなり変!なほむらが大暴れ。第2巻ではなぎさも加わったり、杏子が学校に来たり…!?


登録情報

  • コミック: 120ページ
  • 出版社: 芳文社 (2015/3/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4832245481
  • ISBN-13: 978-4832245488
  • 発売日: 2015/3/27
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
私は素直にこの漫画を楽しんでいます。
ぽむマギの世界はぽむマギの世界。
各キャラも元々の性格や設定をベースに、逆に作者がよく考えて扱っているなと思います。

こういうのが苦手な方、嫌いな方、人それぞれですし否定はしませんが、深いことを考えずに楽しむのがいいのではないでしょうか。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻で私を含めた多くが指摘していたマミの扱いが特に悪いという点については、
後述の話など完全にその傾向が消えたわけではないですが、ひどい目にはあってないという点で前巻に比べ大幅に改善されていました。
彼女の主役回が数話ありましたが、特に杏子との同棲開始話では本作では珍しいほのぼのとした〆で、
今後なぎさだけでなく杏子との絡みも増えるだろうと考えると楽しみです。
(ただし前巻のマミ程でもないですが、仁美が出るたびごとに他キャラの踏み台だったりぼっちキャラだったりします)

タツヤとほむらの絡み(これがメインの話があったりもします)だけでなくまどか父がほむらを危険視したりする描写も見られたりと、
出番はそう多くはないものの鹿目家男性陣に結構存在感があります。(とはいえ恭介が出てなかったりと、男性陣全般が目立っているわけでもないですが)
また、前巻同様さやかや杏子(同棲前にまどかたちのクラスメイトにもなりました)の扱いは良かったですが、
まどかは出番が減った上に主役回もなく、ほむらのストーキング関連でも上記のように他にネタを持って行かれたりと、
前巻以上に影が薄くなっています。

本巻途中から新米魔法少女としてなぎさが加わりました。
前巻序盤でお菓子の魔女が出
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ジュカイン 投稿日 2016/7/12
形式: コミック
まどマギのアンソロジーとしては三本の指に入る傑作。
マミさんも救われるしほのぼのが見たいなら買って損なし。
何度も読み返す事になるだろう(実体験)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック