通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぽむ☆マギ (3) (まんがタイムKRコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。カバーに僅かな擦れ、小口、地に削り汚れあります。ほかは中ともに目立つ汚れなどなく、全体としてはきれいな状態です。プチプチで包んで発送いたします。日曜日を除いて注文確定日の翌日に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ぽむ☆マギ (3) (まんがタイムKRコミックス) コミック – 2016/12/27

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 885
¥ 885 ¥ 300
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぽむ☆マギ (3) (まんがタイムKRコミックス)
  • +
  • まどか☆えんがわ (3) (まんがタイムKRコミックス)
  • +
  • 魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編] (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
総額: ¥2,480
ポイントの合計: 79pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ちっちゃくて少し…いや、かなり変! なほむらが大暴れ。
「きらら☆マギカ」で好評を博したキレッキレなシュールコメディ、
最後にはほろりとさせられること間違いなし。
完結の第3巻、とくとご覧あれ。


登録情報

  • コミック: 120ページ
  • 出版社: 芳文社 (2016/12/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4832247832
  • ISBN-13: 978-4832247833
  • 発売日: 2016/12/27
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
きららマギカの連載打ち切りの嵐の中、とうとう本作も終了してしまいました。

本巻で一番感じたのは、前巻である程度落ち着いた感のあったマミの扱いがまた悪くなったことです。
杏子と同居したりなぎさと仲が良かったりとぼっち属性は見られない(ただし巻頭の描き下ろしでは…)ものの、
2回あるメイン回が、ネットに手を出した結果凹まされるという似たような展開になっています。
しかも後の話のほうが落とし度合が大きいです。
その他には、他作品だと途中参加となったなぎさの扱いが悪い場合が多いのですが、本作はわりと出番があったように感じました。
終盤に主役回もありましたし。

最終回はこういう選択もありかといった内容でした。
台風の話がワルプルギスの夜を連想させられるという流れだったので少し違った感じだったものの
ほとんどギャグ一辺倒だった本作が、最終回のみほとんどギャグのない真面目な内容だったのは賛否あるかと思います。
個人的には、真面目なシーンはありつつもギャグでしめる、位の塩梅が良かったと思います。
ちなみにこの展開の影響もあってか、扉絵が妙に重い感じでした。

なぜほむらが小さくなったり喋れなくなったのかということについては明らかにされませんでした
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック