通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぼっちーズ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぼっちーズ 単行本 – 2010/11

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

僕と他人が揃っても、『友達』にはならない。『ぼっち達』になる。空を自由に飛びたいわけじゃない。酸素とチョコレートの次ぐらいに、誰もが気軽に手にしているもの。友達。僕はそれが、欲しい。若手新鋭作家が贈る、『ぼっち』達の青春ストーリー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

入間/人間
アスキー・メディアワークスの『電撃文庫』『メディアワークス文庫』にて活躍する若手小説家。同社が主催する、第13回電撃小説大賞に『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(原題『幸せの背景は不幸』)を投稿、受賞を逃す。翌年、数度の改稿を経て電撃文庫にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 349ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2010/11)
  • ISBN-10: 4048700987
  • ISBN-13: 978-4048700986
  • 発売日: 2010/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 470,159位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
入間人間さんによる日常系青春群像ストーリー。
人間関係を能動的に構築しなければならない大学に入ったことで、自身のコミュニケーション不能症候群に悩む若者たちが描かれる。

『六百六十円の事情』が好きな方にはお勧めですが、こちらのほうがやや取っ付きずらい感じがます。

私自身は“ぼっち”なので、「居場所を与える側と与えられる側」という件には物凄く納得しました。
与える側の人って、特に何も意識してなさそうなんですよね…。

このお話は“ぼっち”にしか書けないし、共感できない。
そんな逆差別的な考えに走ってしまいそうですが、実際、“与える側”の人たちはこのお話を読んで一体どんな感想を抱くんだろうか。
単純に気になります。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ぼっちーズ、というタイトルからも分かるとおり、
いわゆる「ぼっち」の物語で、舞台は大学。
一人の主人公の物語ではなく、
複数の「ぼっち」たちの大学生活が描かれている。
だからといって、一人ひとりの心境がおろそかにされることはなく、
どの人物も魅力的に思えた。
しかし、いわゆる急展開とか、スピード感を楽しむものではない。

大学三年目を迎えたこの春、
『ぼっちーズ』とであったわけだが・・・
なつかしいwww
孤独感ってこう、
当事者じゃないとわからないみたいな、
「先生に私のキモチは分からないでしょ!?」的な・・・(?)
相手に口で伝えたりするのが本当にむずかしいものじゃないですか。

それがこの物語では、
ぼっちの心境が本当にリアルで分かりやすい。
入学当時の自分そっくりだっっ(笑)
まさかここまであの孤独感を具体的に表現してくれるとは。
大学ってやっぱこうなのか!

読者の性格や、生き方でだいぶ感想は変わると思う。
けれど誰が読んでも、どこか共感できる部分はあるのではないだろうか。
複数の視点で物語が進行するからまた楽しい!
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いやぁ、面白かったです。

入間先生の作品はいつもそうですが、読了感が素晴らしいです。
あのしつこい文章から、なぜこんなにも爽やかな読了感が生まれるのかが不思議でなりません(笑)

本作、入間節に磨きがかかっている気がします。
入間先生大好き!って人には両手離しでオススメしたいですが、「あの人の文章くどくてちょっと……」という人には、少し取っつきづらい、かも……?

ちなみに僕は入間先生大好きですから、本作もとても楽しめましたが。

ついニヤニヤしちゃう物語の構成は、入間先生だからこそだと思います。

入間先生では660円が一番好きですが、本作は660円と並んで一番になりそうですね。

僕的には文句なく星5つ。けれど、取っつきにくさを踏まえて星4……にしようと思ったけど、吉田さんの魅力を考慮して星5つで(笑)
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかく味がない。文章もなんのひねりもないし、展開もごくありきたり。
友達がいない主人公が友達を探し、友達とはなんなのかを考え続ける作品なわけだが、その主人公の考証も中途半端で浅い。
同じような境遇の男や、とってつけたような不思議系のヒロインの存在。
すべてが作品の本質を伝えることもなく、表面を滑るようにして、そのまま終わる。
森見登美彦作品に似ているが、それと比べてまるで見劣りする。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 napt 投稿日 2014/1/9
形式: 単行本
る、ぼっち系の作品のなかではそれなりのクオリティだったので満足。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告