中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 基本的にキレイな物を出品しております。中古品の為、多少の使用感のある物もございます。在庫が無い場合や、不備がございましたら返金にて対応させて頂きます。ご注文確認後、迅速に配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ぼくらの七日間戦争 (角川文庫) 文庫 – 1985/4

5つ星のうち 4.1 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

明日から夏休みというある日--。東京の下町にある中学校の一年二組の男子生徒全員が、無人化した工場に立てこもった。大人の言いなりになるな! 大人対子供の戦いが開始された。(宗 肖之介)

内容(「BOOK」データベースより)

明日から夏休みという暑い日のこと―東京下町にある中学校の1年2組の男子生徒全員が姿を消した。事故?集団誘拐?じつは彼らは河川敷にある工場跡に立てこもり、ここを解放区として、大人たちへの“叛乱”を起こしたのだった。女子生徒たちとの連携による奇想天外な大作戦に、本物の誘拐事件や市長選挙汚職がからまり、はては解放放送とバリケードに感激する全共闘世代の親やテレビ・レポーターも出始めて、大人たちは大混乱…鮮やかな終幕まで、息もつがせぬ軽快なテンポで展開される、諷刺いっぱいの大傑作コミック・ミステリー。


登録情報

  • 文庫: 383ページ
  • 出版社: 角川書店 (1985/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041602017
  • ISBN-13: 978-4041602010
  • 発売日: 1985/04
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,437位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
世間体ばかりを気にする理不尽な大人たちに立ち向かうために一致団結した生徒たち。大人たちを翻弄するために、そして、誘拐された仲間を救うために、頭を寄せ合い、彼らは成長してゆく……。
夏になると読み返したくなる本。もう10回以上も読んだくらい大好き。このシリーズは学生のバイブルとも言ってもいい本で、これを読んで救われた人は少なくないはず。こんなステキな青春を送りたかったと思わずつぶやいてしまいそうになる。いつのまにか登場人物たちに年を追い越されてしまって、代替わりもされてしまったけれど、やっぱり私は、この一作目が一番好きだ。永遠のベストセラーと言ってもいいだろう。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
お話は会話をメインに、さくさく進んでいきます。
大人(悪)vs子供(善)の構図がはっきりしていますが、ホームレスの老人や借金苦の中年などを登場させ、バランス感覚にも配慮しています。
でも、子供が読んだ方が、ずっと面白いでしょう。
これを読んで不愉快になった人は、完全な『オトナ』でしょうね。
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/4/21
形式: 文庫
わくわく、どきどきの学園ものであるこの本むしろ、小学生や中学生が楽しめる内容だろう。思春期というのは本当にあっっというまに過ぎ去ってしまう夢のような時代だが、そんな年頃の少年少女たちが繰り広げる冒険物語を笑いあり涙ありの小気味良いテンポで描いている。宗田理の代表作。10代の少年少女に読んで欲しい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
子どもが大人と戦うなんて、当時小6の自分には衝撃的でした。
すぐに真似して、担任の先生に挑みました。

といっても、担任は平凡で良い先生で、子どもに圧力を掛けるようなことなど一切ない人でした。
それでイライラ。
自分はなんとしても「悪い先生」と戦いたいので、
先生の言動から些細なことをあら捜し。
それで「教師の横暴だ!」などと叫んでいました。

思い返すと、それは教師イジメでした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一番最初に読んだ「ぼくらシリーズ」。大人の押しつけに負けないで行動を起こす中学生達。今の子は文句は言うけれど、こんな行動力はないだろうなぁ。これを読んでいると、なんて学校って楽しいんだろう・・。友だちっていいな、と思う。小学校高学年、中学生には読んでもらいたいな。きっと本を読むことが大好きになると思います。うちの息子がそうだったから。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初めて購入してから、10年が過ぎていますが、
いまだにその話は古さを感じさせません。
押し付けられた教育、システムに疑問を感じる若者が、
同志を集め、深く考え合い、一緒に廃ビルで過ごす。
学校の先生やマスコミから、横槍が入るが、
はじめは、ばらばらだった仲間が、
いろいろな体験を通して、1つになります。
読み終わったあとに、熱い感じが残る1冊です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ぼくらのシリーズはここから始まったんですよね。

親や教師に対して納得できない事をぶつけるための立てこもり。

それぞれが持っている個性や特技を生かせる仲間。

私もこんな仲間がいたらなぁとよく思いました。

中・高生はもちろん大人も読む価値があるんじゃないかな?

親と子、教師と生徒その他色んな人間関係を

見つめなおすきっかけになってほしい1冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最初にこの本を読んだのは小学生の時。
当時はライトノベルが好きでしたが地元の図書館ではラノベをほとんど取り扱ってなかった為に、いくつか文庫をパラパラと開き、読みやすそうだなと思って読んだのが初めてでした。以降、宗田理作品にどっぷりとはまり、自分にとってラノベ以外の小説に手を伸ばすきっかけを作ってくれた作品です。
今読み返せば少しご都合主義(あまりにも大人が頼りなかったり)にも見えますが、作中の子供たちが思いのままに躍動するワクワク感は色褪せず、いまだに胸が熱くなる名作です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
なんか毎年1回ぐらいは読んでる気がします。
僕はこの本が大好きです。
子供と大人の対立ってのは、現代が抱える1テーマでもありますよね。
20年近くたった本にいまだ共感を得るのはそれだけ普遍的なテーマだからでしょうか?
さて本の内容はデータベースに任せるとして、
一番のお勧めポイントは「後読感」がすばらしいって事じゃないでしょうか?
爽快感、すっきり感、そして高揚感。
全てに満足できるはずです。
この本は昔は良かったよな~、という本ではなく、明日また生きるための本だと思います。
ぜひ、大人になってしまった人や、今の子供たちに読ませてみたいですね。きっと普遍的な感動が待っているはずです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー