¥ 3,240
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じる... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう: 意識のハード・プロブレムに挑む 単行本 – 2015/1/29

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2015/1/29
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 2,480

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「1724」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • ぼくらが原子の集まりなら、なぜ痛みや悲しみを感じるのだろう: 意識のハード・プロブレムに挑む
  • +
  • 自然主義入門: 知識・道徳・人間本性をめぐる現代哲学ツアー
  • +
  • 心の哲学: 新時代の心の科学をめぐる哲学の問い (ワードマップ)
総額: ¥9,072
ポイントの合計: 274pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



159回芥川賞&直木賞 大賞作品発表!
芥川賞受賞 『送り火』 高橋弘希。直木賞受賞 『ファーストラヴ』 島本理生。 特集ページへ

商品の説明

内容紹介

意識という現象を自然科学的な枠組みで理解することは可能か。「物理主義」「自然主義」「クオリア」「意識の表象理論」「志向説」とはなにか。本書は、これまで多くの哲学者や科学者が「意識のハードプロブレム」といわれる難問を解決するべく打ち立ててきた理論を解説、批判的に検討し、そのうえで新たな理論を提案する。

内容(「BOOK」データベースより)

哲学最大の難問の一つ、「意識の謎」に挑戦する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 287ページ
  • 出版社: 勁草書房 (2015/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4326154349
  • ISBN-13: 978-4326154340
  • 発売日: 2015/1/29
  • 梱包サイズ: 19.6 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 360,228位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2015年9月6日
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年7月25日
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年6月26日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト500レビュアー
2015年10月16日
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年9月15日
2015年3月14日
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告