ポイント: 14pt  (2%)  詳細はこちら
無料配送: 1月23日 日曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日1月 22日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死 (... がカートに入りました
無料配送: 1月24日 - 26日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 PREGO MART
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯なし。カバーに多少のキズ等があります。中古品のため多少の使用感・経年劣化がある場合がございます。「良」で出品する要因となった事項につきましては、最初に記載するようにしています。その場合は、ご連絡を頂きましたら誠実に対応させて頂きます。帯付きの場合、帯の状態は保証できません(商品の一部とみなしておりません)。カバー(表紙)が発行日により商品詳細ページの画像と異なる場合がございます、表紙にこだわりがある方はご注文前にお問い合わせ下さい。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。また付属品につきましては、記載なき場合は付属していないものとお考えください。最後まで読んで頂きありがとうございます。ご検討宜しくお願いします。
シェアする

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死 (中公文庫) 文庫 – 2007/7/1

5つ星のうち4.3 42個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本 ¥335
文庫
¥796
¥796 ¥169

対象の本の購入で9%分ポイント還元

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死 (中公文庫)
  • +
  • 戦死やあわれ (岩波現代文庫)
  • +
  • 竹内浩三詩文集―戦争に断ち切られた青春 (風の道文庫)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

僕だって、戦争へ行けば忠義をつくすだろう。僕の心臓は強くないし、神経も細い方だから―映画監督を夢見つつ二十三歳で戦死した竹内浩三が残した詩は、戦後に蘇り、人々の胸を打つ。二十五歳の著者が、戦場で死ぬことの意味を見つめ、みずみずしく描いた記録。第36回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

稲泉/連
1979年、東京都生まれ。95年、神奈川県の公立高校を一年で中退。大学入学資格検定を経て、97年、早稲田大学第二文学部に入学。同年、その体験を書いた手記「僕が学校を辞めると言った日」(『文藝春秋』十月号掲載)で第五十九回文藝春秋読者賞を受賞。2002年に同大学を卒業。2005年、『ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死』により第三十六回大宅壮一ノンフィクション賞を史上最年少で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 中央公論新社 (2007/7/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2007/7/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 文庫 ‏ : ‎ 346ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4122048869
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4122048867
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 42個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
42 件のグローバル評価
星5つ
51%
星4つ
26%
星3つ
23%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

すべてのレビューを日本語に翻訳
2019年12月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2015年9月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2016年4月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2015年9月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2015年8月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年4月20日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
殿堂入りNo1レビュアーベスト500レビュアー
2005年5月3日に日本でレビュー済み
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2015年6月29日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する