通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ぼくは勉強ができない (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

ぼくは勉強ができない (新潮文庫) 文庫 – 1996/3/1

5つ星のうち 3.9 162件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464
¥ 464 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
  • +
  • 14歳からの哲学 考えるための教科書
総額: ¥1,760
ポイントの合計: 53pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ――。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪い。この窮屈さはいったい何なんだ! 凛々しくてクールな秀美くんが時には悩みつつ活躍する高校生小説。

内容(「BOOK」データベースより)

ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ―。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪いのだ。この窮屈さはいったい何なんだ!凛々しい秀美が活躍する元気溌刺な高校生小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 249ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1996/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101036160
  • ISBN-13: 978-4101036168
  • 発売日: 1996/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 162件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,931位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 pommier_pomme トップ1000レビュアー 投稿日 2006/3/16
形式: 文庫
高校生の時に読みました。

私は素直に影響されてしまい、いままで何十回読んだかしれません。
カバーはぼろぼろだし、しおりも切れて、表紙はしわしわになっています。
でも、何度読んでも、主人公秀美くんは最高にかっこいいし、いかしてる、そう思っていました。

・・・最高に好きでした。でも、レビューを書きなおします。

なぜ過去形なのかというと、この小説に影響されたのは、自分の弱さのせいだなあ、と大人になってから
気づいたからです。
私は、人から決めつけられたり、偏見を持たれることが嫌いでした。
強いクラスメイトから虐げられることもあったので、そんな怒りを、この小説の、自分と異質な人を上から
こきおどすスカッとしたやり方でおさめていたのだと思います。

私は、詠美さんに影響されて、世間的に認められた、肩書きのある人や教員のことをあまり好きではなくなりました。
世間的にスタンダードな価値観でモノを言う人をかっこ悪いと決めつけました。
そうすることで、自分の弱さを強さに変えて、自分で自分を守っていたんだと思います。

でも、逆に自分が、詠美さんがこきおどしているタイプの人をよく知ろうともしないで
偏見のこも
...続きを読む ›
7 コメント 273人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
高校生の頃初めてこの本を読んで、当時いたく感動したました。自分も、もっと
自分の価値観をもって、それを大事にして生きていこうと。

そして大人になって、ちょっと時間が出来たので、再び読んでみましたが…
山田氏の考え方が、いちいち長々と出しゃばってて、正直ウザいですね。
小説という仮面を被った、エッセイ本という感じでしょうか。小説を
読んでいるのか、それとも山田氏の主張を読んでいるのか、よく分からなくなります。

山田氏の意見自体は、賛否両論あると思いますが、分かりやすく、面白いものだと
思うし、個人的には今でも良いと思うので、登場人物の行動や、小説内の設定に、
もっと自然に組み込ませることが出来ていたなら、読み物として面白くなるし、
山田氏の考え方も、より自然に伝わるのではないかと思った。

高校生が読むのには、これぐらいが丁度いいのかもしれないが、あとがきにある通り、
「大人の方に読んで頂きたい」のであれば、なんだか説教くさい印象。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は学校が嫌いでした。理不尽な教師たちの無意味な教条を強圧的に聴かせられつづける苦痛。テストの点数を価値として内面化してる気持ち悪い生徒たち。全てが嫌でした。窮屈でした。本当に居心地が悪かったのでした。

なので私がこの小説に期待したのはそのような「学校的な」ものに対する痛快で胸のすく批判でした。

しかし、私がこの小説に感じたのはむしろそのような「学校的な」気持ち悪さでした。(それは意外なことでした。)この小説では、全ての構成要素が山田詠美の語る「一つの物語=一つの言葉=教条」に奉仕するために存在するようにしか読めなかったのです。ここでは、「山田詠美の教条」以外の全ての言葉の可能性は実質的に封殺されています(それは、例えば、脇役描写のあまりの薄っぺらさに端的に顕われていると思います)。それは、私が「学校」(教師たちの「物語」に沿う言葉以外の言葉が全て封殺されるような空間)に感じ続けていた違和感ととても似ていたのです。

私はこの作品を「不道徳」であるという理由で違和感を持ったのではなく、あまりにも「道徳的」なので違和感を持ってしまいました。私はこの作品を読んでいて、小学校での「道徳の時間」の空気を思い出してしまったのです。この作品では道徳の教師が山田詠美になり、語られる「道徳の内容」が変わっただけなのです。私が嫌いだった
...続きを読む ›
1 コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本当にかっこいい男なのだろうか?
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
小学生のときの委員決めのシーンはよかったが、
高校生になったら何だか破綻している気がする。
単に勉強せずに、彼女との付き合いだけを考えている。
それは勝手だと思うが、一生懸命に勉強している人の人生をつまらないと批判するのはどうかと思ってしまう。
確かに勉強よりも大切なことはあると思う。
でも勉強できる人をバカにするのでは
秀美の言い分が、ただの負け惜しみに聞こえる。
1 コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック