通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ぼくは勉強ができない (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

ぼくは勉強ができない (新潮文庫) 文庫 – 1996/3/1

5つ星のうち 3.9 167件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464
¥ 464 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
  • +
  • 放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)
総額: ¥961
ポイントの合計: 81pt (8%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞ノミネート作品決定
全国の446書店、書店員564人の投票により上位10作品がノミネート作品として決定しました>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ――。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪い。この窮屈さはいったい何なんだ! 凛々しくてクールな秀美くんが時には悩みつつ活躍する高校生小説。

内容(「BOOK」データベースより)

ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ―。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪いのだ。この窮屈さはいったい何なんだ!凛々しい秀美が活躍する元気溌刺な高校生小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 249ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1996/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101036160
  • ISBN-13: 978-4101036168
  • 発売日: 1996/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 167件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,768位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 pommier_pomme トップ1000レビュアー 投稿日 2006/3/16
形式: 文庫
高校生の時に読みました。

私は素直に影響されてしまい、いままで何十回読んだかしれません。
カバーはぼろぼろだし、しおりも切れて、表紙はしわしわになっています。
でも、何度読んでも、主人公秀美くんは最高にかっこいいし、いかしてる、そう思っていました。

・・・最高に好きでした。でも、レビューを書きなおします。

なぜ過去形なのかというと、この小説に影響されたのは、自分の弱さのせいだなあ、と大人になってから
気づいたからです。
私は、人から決めつけられたり、偏見を持たれることが嫌いでした。
強いクラスメイトから虐げられることもあったので、そんな怒りを、この小説の、自分と異質な人を上から
こきおどすスカッとしたやり方でおさめていたのだと思います。

私は、詠美さんに影響されて、世間的に認められた、肩書きのある人や教員のことをあまり好きではなくなりました。
世間的にスタンダードな価値観でモノを言う人をかっこ悪いと決めつけました。
そうすることで、自分の弱さを強さに変えて、自分で自分を守っていたんだと思います。

でも、逆に自分が、詠美さんがこきおどしているタイプの人をよく知ろうともしないで
偏見のこも
...続きを読む ›
7 コメント 324人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
高校生の頃初めてこの本を読んで、当時いたく感動したました。自分も、もっと
自分の価値観をもって、それを大事にして生きていこうと。

そして大人になって、ちょっと時間が出来たので、再び読んでみましたが…
山田氏の考え方が、いちいち長々と出しゃばってて、正直ウザいですね。
小説という仮面を被った、エッセイ本という感じでしょうか。小説を
読んでいるのか、それとも山田氏の主張を読んでいるのか、よく分からなくなります。

山田氏の意見自体は、賛否両論あると思いますが、分かりやすく、面白いものだと
思うし、個人的には今でも良いと思うので、登場人物の行動や、小説内の設定に、
もっと自然に組み込ませることが出来ていたなら、読み物として面白くなるし、
山田氏の考え方も、より自然に伝わるのではないかと思った。

高校生が読むのには、これぐらいが丁度いいのかもしれないが、あとがきにある通り、
「大人の方に読んで頂きたい」のであれば、なんだか説教くさい印象。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
成熟した大人が、若かりし頃を懐かしみながら、恥ずかしくもこそばゆい気持ちで、笑って読むには、良い本だと思います。

ただ、20代の私は、まだ、笑ってこの話しを読むことは出来ませんでした。
読んでて、ばつが悪い。
秀美をやってて、痛い目をみたのが、つい最近だからです。
社会じゃ秀美じゃ生きていけない。こんな人間悲しいかなすぐ排除です。

でも、一つだけ救いなのは、学生の頃、この本を読まなかったことです。

もしも読んでいたら、私の秀美性に拍車をかけ、今も一人で世を嫌い孤独に生きていたかもしれません。

思い出したくもない、自分の正義感を振りかざしていた頃の気持ち。
正しいと信じてやまない故に、相手のことを断罪して傷つける。

相手が周りが世界が悪いから、孤独(笑)になるしかなく、それでもこれでいいんだと自分を鼓舞する。

この本、社会との関わり方に、いい意味でまだ折り合いが着いていない青年を、大人が煽ってどうするんですか?

この先も、自分と同じ価値観を持つ人間とだけつるんでいけば、いいってことですか?
それは、さぞ居心地よいものかもしれません。
でもそれこそ、狭い世界に狭い価値観に秀美
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
高校生の頃、同じく山田詠美さんの放課後のキイノート、恩田陸さんの六番目の小夜子と合わせて何度読んだか分かりません。カバーもボロボロになり、どの本も一度ずつ買い直したくらいに大好きな作品ですし、人生の教科書と思っていますが、大人になってからは、久しく読んでいませんでした。

社会人になり、30歳も目前になってふとこの本の内容を思い出す機会があり、レビューを書いています。前述したように久しく読んでいない為、本に対する記憶、印象が良い様に、あるいは悪い様に自分の中で変えられていたり、曖昧な部分があるかもしれません。
_________________

この作品に出てくる秀美君は、母子家庭で育ちます。秀美君のお母さんはばりばりと仕事を、恋をし、他にも優しいおじいさんがいて。私はこの本の秀美君の家族の描写がとても好きです。普通はネガティヴな印象で描かれる片親の家庭について、こうして淡々と「当たり前の光景」のように描写されている事がとても嬉しかったのです。私自身も、当時両親が不仲の為数年に渡り別居しており、父と、祖父母と暮らしていたのですが、私はこの時、とても満たされていました。しかし、田舎のご近所さんや親戚はそうはいきません。「家庭が複雑な子、かわいそうな子」として見られている事を周囲の視線や言葉の端々から感じ、その事に対する悔しさを常に抱
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー